キャバ嬢を落としてセックスできる?キャバ嬢の本音は?

夜のお遊びとも言われるキャバクラ。実はそこで働くキャバ嬢に本気になってしまう男性は多いものです。そしてあわよくば「セックスしてみたい!」と思っている男性もたくさんいます。ここでは、そんな男性の密かな野望を叶えるための情報を詳しくご紹介します!

キャバ嬢に本気になる男性は多い

Praying God Christianity - Free photo on Pixabay (561729)

男性なら一度は行く『キャバクラ』は、非日常の空間で嫌なことを忘れさせてくれて、楽しませてくれるお店です。そして、女性がイイコトばかり言ってくれるので、なんだか疑似恋愛でもしているような気分を味わうことが出来る空間でもあります。しかし中には、本気でキャバ嬢に恋をしてしまう男性もいます。

いつしかそれは「お客対店員」という関係を忘れ、そして、自分が「お店」に来ているという感覚さえおかしくなってしまうのです。ここでは、キャバクラに来る男性に対する女性の本音、キャバ嬢と付き合う順序、そして、キャバ嬢とセックスをしたい!と思っている方へ向けて、キャバ嬢とセックスをする方法についてご紹介します。

「一度くらいキャバ嬢とイイコトしてみたい」と密かに思っている男性は必見です。また、キャバクラと並んで夜のお遊びと言われる「ソープ」については、こちらで詳しくご紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

男性に対するキャバ嬢の本音

Blue Sunglasses Woman Swimming - Free photo on Pixabay (561732)

まずキャバクラとは、キャバ嬢と呼ばれる女性店員がテーブルにつき、『接待』を行う飲食店のことを言います。料金は時間制で区切られており、常時接待を行う風俗営業のひとつです。キャバクラに行ったことのある男性やキャバクラで務めていた女性はわかりますが、いわゆる「女性が男性を接待する」お店です。

その多くは、きちんとお金を払って限られた時間を楽しみ、常識のある範囲で楽しんでくれるお客さんがほとんどなのですが、中にはキャバ嬢に本気になってしまうお客さんや体の関係を求めてくるお客さんがいるのも事実です。また、とてもイケメンで自分のタイプのお客さんがいることだってあります。

では実際、キャバ嬢はお客さんに対してどんなことを思っているのでしょうか。普段は中々聞くことのできないキャバ嬢の本音を見てみましょう。夢が壊れてしまう可能性もあるかもしれませんし。夢が膨らむ可能性もあるかもしれません。

タイプなら付き合ってもいい

Man Young Male - Free photo on Pixabay (561733)

キャバ嬢だけでなく女性なら共感できてしまうのが、「タイプだったら付き合ってもいい」というものです。キャバクラというお店であり、お客さん対店員という関係であることも理解していますが、アプローチを掛けてくるお客さんが自分のタイプであった場合、「付き合ってもいいかな」と思ってしまうのが本音です。

また、アプローチを掛けられなくとも、外見もしくは中身が「いいな~」と思える人の場合、キャバ嬢からアプローチを掛けることだってあります。男性にとっては、「結局イケメンか!」と言いたくなる気持ちもありますが、やはりイケメンに堕ちない女性は中々いないと言うことです。

ただしいくらイケメンでもあってもタイプの男性であっても、のちに紹介する「キャバ嬢がセックスをさせてくれない男性」というものに当てはまってしまえば、付き合うこともセックスをすることもできないでしょう。イケメンだからいいというわけではなさそうです。

本気になるならお店に来ないでほしい

Alcohol Party Style - Free photo on Pixabay (561736)

仕事一本、とにかくお金を稼ぐことが第一優先で働いている女性は、「本気になるくらいならお店に来ないでほしい」と思っている人も少なくありません。やはりそこはお店なので、キャバ嬢たちも本気で仕事をしています。ナンバーワンになるために必死で働き、お客さんに少しでも楽しんでもらえるように努力をしています。

そんなところに色恋沙汰を持ってこられると、正直厄介なのです。自分は気持ちが揺らがなくても、一生懸命「背客」をしている中で、本気でアプローチを掛けられたりお店に通い詰められてしまうと、他のお客様からの目もあったり、業務に支障が出てくることだってあるのです。

仕事に対する熱量、本気度が高いキャバ嬢や面倒臭いことが嫌いなキャバ嬢は、自分の仕事に支障をきたすような人はお客さんとして見れなくなりますし、どれだけ相手がイケメンでタイプであっても、自分の立場をしっかりとわきまえているので揺るぎません。

キャバに通う時点で論外

Three Women Fashion - Free photo on Pixabay (561739)

キャバ嬢の多くが思っていることで、そもそもキャバクラに通っている時点で恋愛対象にならないということです。キャバクラに行く男性は多いですし、行ったことのない男性の方がむしろ割合的には少ない方ですが、通うレベルまで行くと正直ちょっと考えものです。

特にキャバ嬢は夜の世界のアレコレを見てきているので、キャバ嬢にハマってしまう男性客や揉めてしまった人、そういった泥沼も見ているので、この世界にハマってしまう男性の恐ろしさも同時に知っているのです。そのため、「自分が付き合うならキャバクラに来ない人がいい」と思っているキャバ嬢は実は多いのです。

また、キャバクラはやはりお金がかかりますので、通い詰めてキャバクラに来ている男性を見ると、「付き合ってから金銭感覚大変そうだな」とも思えてしまうのです。お金にシビアなキャバ嬢にとって、そうしたところも大切なポイントなのです。

セックスすると来なくなるからしない

Woman Studying Learning - Free photo on Pixabay (561741)

お客さんの中には、やはりキャバ嬢に「セックス」を求めてくる人はいます。ただ単に女性とセックスをしたいだけの人、そのキャバ嬢がお気に入りになった人、本気で恋をした人、セックスを求める理由は様々ですが、キャバ嬢も簡単にそれを受け入れるわけではありません。

これは夜の世界あるあるですが、「肉体関係を持った途端、お客さんがお店に来なくなる」ということがあるのです。それまではとにかく、セックスをしたいがためにお店に通い詰めていたお客さんも、その目的であるセックスができてしまったらそれで満足なので、もうお店に行かなくなってしまうのです。

そうなるとお店にとってもキャバ嬢にとっても痛手です。そうしたことを分かっているので、お客さんとは絶対にセックスをしない、関係を持たないと決めているキャバ嬢も多くいます。簡単に自分の身体を使ってしまっては、価値も下がってしまいますしヤリ損とも思えてしまいます。

枕営業はしたくない

Girl Water Spin - Free photo on Pixabay (561744)

枕営業とは、業務上お付き合いのある人同士が、セックスなどの性的関係を築くことで、物事を有利に進めるための営業方法のことです。この『枕営業』という言葉がよく使われる正解こそ、夜の世界なのです。

例えば、お客さんからの指名本数や売り上げ金額を上げたいキャバ嬢がいて、ただ普通に接客をしているだけでは数字が伸びていきません。そこで、お金持ちや横のパイプが強い男性客に「お客さんを紹介してください」「たくさんドリンク入れてください」と頼むと、「じゃあその代わりにセックスをしよう」となるのです。これが枕営業です。

しかし、枕営業は実際に行われていますが、やはりいい方法ではありません。実際、肉体関係を結んだにも関わらず約束が果たされなかったりと後々トラブルになってしまうこともあります。そのため、そうしたトラブルを避ける意味でも枕営業は絶対にしない、と決めているキャバ嬢も今はとても多いのです。

利益に繋がるならセックスあり

Romantic Hug Togetherness - Free photo on Pixabay (561747)

枕営業は絶対にしないと決めているキャバ嬢もいますが、反対に、「利益につながるならあり」と考えているキャバ嬢もいます。結局枕営業とは言葉の通り、「営業」なのです。セックスをする代わりに得られるものが自分にとって価値の高いものであったり、欲しいものである場合は、どんどん枕営業をするのです。

ただし枕営業はしっかりと自分で見分けて相手を選ばないと、ホテルという密室で暴行や監禁をされてしまうことだってありますし、事件になってしまうケースもあります。そのため、枕営業をする際は、よほど信頼のおける相手出ないとできないものです。

利益とありますが、この「利益」とはキャバ嬢によって求めるものが異なります。とあるブランドのバッグが欲しい人、お金が欲しい人、これからもお店に通い続けてもらいたい人、その利益は様々ですので、求める利益と与えられる利益が一致したとき、はじめてセックスできるのです。

タイプなら一回位のセックスはあり

Couple Making Out Young - Free photo on Pixabay (561749)

キャバ嬢と言っても女性です。本気で仕事一本、色恋沙汰は御免という意識の高いキャバ嬢でない限り、自分のタイプのお客さんにアプローチを掛けられれば一夜を共にするキャバ嬢もいます。この場合は損得考えることは無く、あくまでその瞬間を楽しめるかが重要となってきます。

普段は数字を追い求めるキャバ嬢たちも、自分のタイプのお客さんが来たらそこは「女性」に戻ってしまう瞬間があるのです。決して本気の恋愛ではありませんが、「ちょっとくらいいいや」と軽い気持ちでセックスをしていることもあります。

そしてそこから本指名や数字に繋がればラッキーという話であって、その後お店に来なくなったとしても、営業をしたわけではないのでたいして気にもならないのが現実です。ワンナイトラブと言いますが、それは夜の世界、キャバ嬢にもあるのです。

キャバ嬢と付き合う順序

Pawns Chess Figures Colorful - Free photo on Pixabay (561752)

1 / 4

関連する記事 こんな記事も人気です♪