キャバ嬢を落としてセックスできる?キャバ嬢の本音は?

夜のお遊びとも言われるキャバクラ。実はそこで働くキャバ嬢に本気になってしまう男性は多いものです。そしてあわよくば「セックスしてみたい!」と思っている男性もたくさんいます。ここでは、そんな男性の密かな野望を叶えるための情報を詳しくご紹介します!

キャバクラに来るお客さんというのは、一般的なサラリーマンから起業家や自営業をしているお金持ちまで、実に様々な男性が来店します。そのため、中にはキャバ嬢や周りの人を見下してしまうような「上から目線」の人もいます。これは稼いでいる人や役職についている地位を持っている人に多い傾向です。

大体キャバクラというのは接待や二次会等で使われることが多く、会社の同僚と来ている人がたくさんいます。その中で、上司が部下を見下すような発言をしていたり、稼いでいる男性がまるでキャバ嬢を見下しているような発言をすることもあります。どちらにしても人を見下すような人は嫌われてしまいます。

自分の経歴や役職、していることを自慢したいのは男の性ですが、「見下す」ことは絶対にやめましょう。しかしそうは言っても、見下している本人にはそのつもりが全くないのが厄介で、誰も注意できない状況が続いてしまうのです。

セックスすることでデメリットを感じさせない

Girl Umbrella Rain - Free photo on Pixabay (562227)

セックスをすることでデメリットを感じさせないことも重要なポイントです。これはどういうことかと言うと、一見何の問題もなさそうに見えても、「この人とセックスをしたらすぐ言いふらされそう」「いろんなプレイを求めてきそう」と言ったように、自分とセックスをすることでのデメリットを感じられてしまうとその先へ進むことが出来ません。

また、妻子持ちや彼女がいる人の場合は、「不倫と言われても嫌だ」「変なトラブルに巻き込まれないためにも、しない」と思われてしまい、セックスを断られるケースもあります。少し前までは浮気だの不倫だのたくさんありましたが、このご時世、損害賠償等も発生してしまうので、女性はとてもシビアです。


このように、自分とセックスをすることのデメリットを見つけられてしまうと、キャバ嬢とセックスをすることはできなくなってしまうので、そうした一面を見せないようにする工夫も大切なのです。

お金をケチらない

Bills Money Euro - Free photo on Pixabay (562228)

キャバ嬢とセックスをしようと思ったら、もちろん、お金をかけることも大切です。「結局お金か」と言いたくなる気持ちもわかりますが、そこはやはりお店ですから、お金を落としてくれるお客さんが太客として慕われるのは言うまでもありません。まずはお金をかけてお店に通うことがスタートと言ってもいいくらいです。

まずひとつは「お気に入りの女の子だけにお金を使わない」と言うことです。その子狙いなのは分かっていても、一緒にテーブルについてくれた女の子みんなにご馳走をしたりアフターに誘ったり、平等にすることで気に入られます。

もうひとつは、借金をしてまでお金を使わないことです。キャバクラはとてもお金のかかるお店なのは言うまでもありませんが、そこに通うということはお金を使います。余裕があって楽しむ分には良いですが、借金をしてまで使い込むのではキャバ嬢も近寄ってきません。「よく使ってくれるお客さん」止まりです。

時間をかける

Time Calendar Saturday - Free photo on Pixabay (562229)

キャバクラだけでなく通常の恋愛でもそうですが、男女が肉体関係を結ぶ時と言うのは、ある程度お互いを知ってからでしょう。中にはワンナイトの恋もありますが、多くは時間をかけてお互いを知って、そこからセックスをします。

これはキャバクラでも同じことが言えて、その日初めて来てくれたお客さんと数時間飲んで、そこからすぐにホテルに行きましょうとなる人はそういません。やはり回数や日数を重ねてお互いを覚えて、そこからやっと始まるものです。

早くセックスをしたい気持ちだけが先走ってしまわないように、焦らずゆっくりと時間をかけて、徐々に距離を縮めるようにしましょう。焦る気持ちが出てしまうと下心がまるわかりです。

キャバ嬢が絶対セックスさせてくれない男

Woman Blonde Beautiful - Free photo on Pixabay (562234)

ここまで、キャバ嬢と付き合う順序やセックスをする方法などご紹介してきましたが、「キャバ嬢が絶対にセックスをしたくない相手」というのも併せてご紹介します。キャバ嬢とセックスが出来るように努力をすることはいいことですが、そもそもどんな男性はアウトなのか知りたくないですか?

もし、あなたがキャバ嬢とセックスをしたくて努力をしているのに、一向にできる気配がない、なんだか避けられていると感じている場合は、次にご紹介する項目がどれかひとつでも当てはまっていないか確認してください。もし当てはまっているものがひとつでもあれば、直ちに改善する必要があるでしょう。

これは仕手がキャバ嬢でなくても言えることなので、全然女性からモテない、どうしてだろうと悩んでいる人もぜひ参考にしてください。そして、すぐに実践・改善をしましょう。

不潔

Man Homeless - Free photo on Pixabay (562237)

まず、不潔な男性はアウトです。これは相手がキャバ嬢や女性だけでなく、対人と付き合っていくうえで非常に大切なポイントです。不潔にもレベルがありますがよくあるのが、ヒゲを剃らないで伸ばしっぱなしにしている、手入れをしていないなどが挙げられます。また、口臭がきつい人も「不潔」認定されがちなので、口だけでなく体も足も、臭い問題はしっかりとケアしましょう。

そもそも不潔と言われてしまう人というのは、自分ではその自覚を持っていない人が多いです。見るからにおかしな格好をしていたり、臭いがきついということであれば論外ですが、ぼさぼさの頭や伸ばしっぱなしのヒゲなど、一見するとわからないような部分に注意しましょう。

女性は特に身なりに敏感です。中でもキャバ嬢は自分自身がおしゃれなため、男性のそうした姿もよく見ています。不潔認定されないためにも、臭いや身なりはしっかりと整えましょう。

金を出せばヤレると思ってる男

Money Dollars Success - Free photo on Pixabay (562240)

お金に余裕のある男性に多いのが、キャバ嬢=お金を出せばヤレると思っているケースです。確かに、中にはお金を積まれたらセックスを拒まない、お金があればOKという人もいますが必ずしも全員がそうと言うわけではありません。多くのキャバ嬢はそう簡単にはセックスをしない時代になっています。

しかし、やはりお金を持っている男性というのは、「キャバ嬢はみんなやっている」「お金を出せばついてくる」と思っている人が多いのも事実で、そうした男性を見るたびに女性は「見下されている」と感じて怒りが湧いてきます。

そのため、そうした男性にはお店以外で会うことはしませんし、もちろんセックスをすることもありません。お金だけに魅力を感じているのであればいいかもしれませんが、キャバ嬢はしっかりプライドと責任感を持って仕事をしている人もいいため、そうした要求には応じないこともあります。

チャラくて幼稚

Children Siblings Brother - Free photo on Pixabay (562241)

お店に来てどんちゃん騒ぎをして、ルールを守らないようなおこちゃまにもキャバ嬢は振り向きません。悪ノリが激しくお酒の飲み方が汚かったり、会話をしていてもその節々にチャラさや幼稚さが垣間見えてしまうと、男性としての魅力は皆無です。

やはりそれなりの関係を持つ男性は、男性としての魅力であったり大人の男性としての魅力が欲しいものです。チャラくて幼稚な雰囲気、態度、人柄の人には女性は決してついていこうと思いませんし、ましてやセックスをしてもいいとも思えません。

若気の至りでついつい騒いでしまったり、自分を大きく見せようと発言したことが見透かされてしまって、「幼稚だな」と思われることもありますので、発言・行動には十分気を付けてキャバクラを楽しむようにしましょう。また、稀に黒服(ボーイ)に注意されてしまう男性もいますが、それもマイナス印象です。

お店に来る頻度が少ない

City Man Person - Free photo on Pixabay (562242)

何度もご紹介していますが、キャバ嬢とのスタートは「お店」です。それも普通のお店とは違うので、とにかく通い詰めて自分を覚えてもらうところから始まります。そのためにはお金もかかりますし、時間もかかります。

お店にマメに来てくれるお客さんのことはキャバ嬢もしっかり覚えますし、話やすくなりますよね。それが、お店にあまり来ない上にセックスだけ求められても、おかしな話です。ここはそうしたお店ではありませんし、「セックスをしたいだけなら他の店に行ってください」というのがキャバ嬢の本音です。

お店に来る頻度が少ないお客さんと言うのはやはり、キャバ嬢もそれなりの対応しかしてくれなくなります。たくさん通ってたくさんのお金と時間を使ってくれるお客さんの方が嬉しいので、スタート時点でそれが出来ていないと、その先はありません。

口説く為にお店に来てる

Emotions Man Happy - Free photo on Pixabay (562243)

下心丸見えのパターンで、お気に入りのキャバ嬢ができたらその子を口説き落とすために通いつめ、他の女の子には見向きもしない男性も嫌われます。確かに、自分をお気に入りとして指名してくれるお客さんは大変ありがたいのですが、露骨に自分だけを狙って、ましてや口説くのが目的と分かっていると距離を置いてしまいます。

キャバクラは決して女の子を口説くためのお店ではありませんし、お酒を飲みながら女の子と話しをして、わいわい楽しむところです。そんなキャバクラに来ることの目的をはき違えている男性は好かれませんし、セックスもできません。

ストーカー気質

Man Portrait Gloomy - Free photo on Pixabay (562246)

3 / 4

関連する記事 こんな記事も人気です♪