セルフクンニのやり方を紹介!セルフクンニのメリットや注意点

女性の中にもセルフクンニに挑戦したことがあるという人も多いのではないでしょうか。女性は男性と比べて比較的身体が柔らかい傾向があるので、柔軟性を磨くとセルフクンニを行なうことが出来ます。セルフクンニにもメリットや注意点も存在するのでやり方と共にご紹介します。

目次

セルフクンニとは?

Dictionary Book - Free photo on Pixabay (470209)

セルフクンニが実際に行える女性はオナニーをするときもより気持ち良く感じることができやすいのですが、セルフクンニに挑戦してもなかなか出来ないという人もいます。

もちろん女性によってできるできないは異なるのですが、セルフクンニを行なうコツなども存在します。

セルフクンニとは女性の性器を舐めるような行為のことを指すのですが、言葉からもわかるように、自分自身で舐めるような行為をセルフクンニと言います。

実際に彼氏や旦那・好きな男性からクンニをしてもらった場合でも気持ちがいいと感じやすいのですが、セルフクンニをすることでより自分自身でも気持ちが良い状態を作りやすいです。

今回はそのようなセルフクンニのやり方や注意点を含めてご紹介していきます。

セルフクンニが実際にできる人の割合は?

Analysis Analytics Business - Free photo on Pixabay (470210)

セルフクンニについて簡単にご紹介しましたが、セルフクンニができる人の割合についてご紹介していきます。

セルフクンニについて知っている人も多いのですが、やはりこのようなオナニー事情などを話す機会は少ないので、周りの人はどのような状態なのか気になる人も多いのではないでしょうか。

セルフクンニについて実際どのくらいの人が挑戦しているのか、どのくらいの人ができるのか気になる女性も多いので、セルフクンニができる割合についてご紹介しますので、ぜひご参考にしてください。

9割以上の女性はできない

Digital Marketing Technology - Free photo on Pixabay (470218)

セルフクンニはどのくらいの割合の人ができているのか気になる女性も多いのですが、実は殆どの女性が出来ないと言っても過言ではありません。

というのも、セルフクンニができる女性の割合はおよそ9割以上の人ができないとされているのです。

実際にセルフクンニを行うためにはかなりの柔軟性が必要で、日頃から柔軟運動を行っている人であればできるのですが、このような人は少ないので、セルフクンニができる人は限られていると言われています。

ほとんどの女性は挑戦したことがあっても断念した

Girl Sadness Loneliness - Free photo on Pixabay (470220)

セルフクンニができる人はかなり少ないという点をご紹介しましたが、実はほとんどの女性は挑戦したことがあると言われています。

特に思春期の頃やオナニーを覚えたての頃はこのようなクンニが気持ちが良いと言うような話なども耳にするため、実際に彼氏がいないようなときや体験として気持ちいいクンニを感じたいと考える女性は多いです。

その気持ちからセルフクンニに挑戦する女性が多いのですが、実際に先程も挙げたようにかなりの柔軟性が必要とされるので身体が痛くなったり、届かないという理由から断念する人がほとんどです。

セルフクンニできる人の中には毎日している人もいる

Time Timer Clock - Free photo on Pixabay (470222)

セルフクンニができる人はご紹介したことからもわかるように、挑戦したことがある人は多いもののあまりできる人がいません。

しかし、セルフクンニができるとやはり気持ちがいいと感じやすいため、セルフクンニできる人の中には毎日している人もいるというほどです。

セルフクンニのメリットも次にご紹介しますが、やはり指などを使ってオナニーをするのにもマンネリ化しやすいので、このようなセルフクンニで刺激を与えて満足する女性も多いです。

セルフクンニのメリット

Thumbs Up Coffee Beans - Free photo on Pixabay (470224)

セルフクンニの実態についてご紹介しましたが、次はセルフクンニのメリットについてご紹介していきます。

彼氏にしてもらうクンニも気持ちいいと感じやすいので、普段濡れにくい女性でも濡れることが多いのですが、セルフクンニはセルフクンニならではのメリットも数多く存在します。

どのようなメリットがあるのか、セルフクンニにこれから挑戦してみようと考えている人はぜひご参考にしてください。

彼氏がいなくてもクンニすることができる

Woman Girl Blonde Hair - Free photo on Pixabay (470228)

なんと言っても一番のメリットとして挙げられるの「彼氏がいなくてもクンニすることができる」という点です。

やはり、セルフクンニが出来ないような人は彼氏や旦那・好きな男性に行ってもらう必要があるのですが、一緒にいるときでないとやはりできません。

しかし、女性によってもムラムラするようなタイミングは存在し、ムラムラしたときに限って彼氏や旦那がいないような場合も多いです。

このような場合セルフクンニができるとオナニーの質も高めて気持ち良さを一気に感じることができやすいので、彼氏がいなくてもできるという点は最大のメリットとして挙げられます。

自分が気持ち良いやり方でクンニできる

Young Girl Rose Woman - Free photo on Pixabay (470230)

セルフクンニのメリットとして他にも挙げられるのが「自分が気持ち良いやり方でクンニできる」という点です。

というのも、男性でも恋愛テクニックやセックスのテクニックは変わるのですが、クンニをしてもらっても必ず自分の気持ちがいい部分を刺激してくれるというわけではありません。

もちろん男性によっては女性の反応を見てくれながら行なってくれる人もいるのですが、どちらかと言うとそのような男性よりも自分がテクニックが上手いと思いこんで自分本意なクンニをしてくる人が多いです。

しかし、自分でできるセルフクンニだと自分で気持ちいいと感じる部分を刺激することが出来るため、大きなメリットになります。

感度が良くなる

Girl Sleep Female - Free photo on Pixabay (470231)

セルフクンニを行うメリットとしては他にも「感度が良くなる」という点が挙げられます。

これはどういうことかと言うと、セルフクンニを行うことで先程も挙げたように自分が気持ちいいと感じる部分を刺激することが出来ます。

セルフクンニ刺激を与えることでより敏感になりやすいと共に、自分の気持ちがいいと感じる部分を把握しているので実際にクンニをしてもらうときでも気持ちいい部分を教えて刺激してもらうことが出来ます。

あまりセルフクンニで刺激し続けると慣れは出る部分もありますが、刺激されるという考えからより敏感になるので、このようなメリットが出やすいです。

ストレス解消できる

Girl Woman Beauty - Free photo on Pixabay (470232)

1 / 4

関連する記事 こんな記事も人気です♪