2019年7月12日 更新

彼氏に依存している女性の特徴と男性の本音!依存心を克服する方法も

彼氏と少し連絡が取れないだけで不安に駆られてしまうのならば、彼氏に依存してしまっているのかもしれません。この記事では彼氏に依存している女性の特徴や男性の本音に加えて、彼氏への依存度診断などについてご紹介しています。自立した素敵な恋愛をするためにご覧ください。

目次

彼氏が何をしているのか常に把握しなければ気が済まないのならば、彼氏に依存してしまっている可能性があります。彼氏彼女の関係と言えども、所詮は他人です。

相手の知らない場所で相手の知らない人と交友を深めることもあるでしょう。ですが、彼氏に依存している女性にとっては世界の全てが彼氏で出来ているため、彼氏の全てを知り把握していなければ気が済まないのです。

また、彼氏に依存している女性は総じて異常に嫉妬深く、「彼氏が他の女性に取られてしまうのではないか」と常に不安感を抱いているため、彼がどこで誰と何をしているのかを常に知りたがります。

同性の友達が少ない

Young Woman Female - Free photo on Pixabay (471540)

彼氏に依存している女性は、同性の友達が極端に少ない傾向にあります。というのも、彼氏に依存すると家族や友人をないがしろにして常に彼氏を優先するようになるため、友達との付き合いが悪くなり、疎遠になってしまうからです。

また、同性の友達が少ないと言うことは、彼氏に依存している状態がおかしいと指摘してくれる女友達がいないということでもあります。

女友達が多くいれば、「彼氏に依存しすぎだよ、もう少し考え直したら」と正しい道に引き戻してくれますが、そのような存在がいなければ今の状態に歯止めがきかなくなるため、どんどん彼氏に依存しきってしまうでしょう。

友達と一緒にいても彼氏のことを考えている

Woman Sisters Siblings - Free photo on Pixabay (471539)

友達と一緒にいても上の空で、常に彼氏のことばかり考えているのならば、彼氏への依存度がかなり高いと言えるでしょう。

もちろん、付き合いたての頃は寝ても覚めても彼氏のことばかり考えてしまうというのはよくあることです。ですが、ある程度時間が経っているにも関わらず頭の中が彼氏でいっぱいで、友達と一緒にいてもろくに会話に集中できないのならば、彼氏に依存している可能性が大だと言えるでしょう。

そして友達はそんなあなたに嫌気がさしてあなたから徐々に離れていくため、結果として友達が少なくなってしまうのです。

彼氏に言いたいことが言えない

Heartsickness Lover'S Grief - Free photo on Pixabay (471541)

彼氏に言いたいことが言えないというのも、彼氏依存度が高い女性によく見られる傾向性のひとつです。彼氏に依存している女性は、「彼氏から嫌われるかもしれない」「彼氏を怒らせたらどうしよう」という不安や恐怖から、自分の考えを述べたり本音を伝えることができません。

彼氏にひどい扱いを受けて、本当は「嫌だ」「やめて」と言いたいと思っているけれど、彼氏に嫌われたくないという一心で自分の心の叫びを押し殺してしまうのです。

彼氏に依存してしまう原因

Alcoholism Alcoholic Female - Free photo on Pixabay (471542)

以上では彼氏依存度診断についてご紹介してきましたが、どれほどチェック項目に当てはまったでしょうか。ほとんどのチェック項目に当てはまったという女性もおられることでしょう。その場合は、かなり彼氏に依存しきってしまっていると言えます。

彼氏に依存するということは決してよいことではありません。彼氏に精神的にも物理的にも負担をかけてしまい、あなたへの愛情を損ねてしまいかねないからです。

では、そもそもなぜ彼氏に依存してしまうのでしょうか。ここからは、彼氏に依存してしまう主な原因についてチェックしていきましょう。

自分に自信がない

Woman Female Beauty - Free image on Pixabay (471567)

彼氏に依存しやすい女性の多くは、自分に自信がないという特徴を持っています。自分に自信がないということは、「自分は誰からも愛されない」「自分なんかを大切にしてくれる男性はいない」と心のどこかで思ってしまっているということでもあります。

そうなると彼氏と両想いになれたとしても彼氏から愛されているという自信や実感が得られず、また彼氏から捨てられたくないという気持ちが肥大することでしょう。

その結果、常に彼を優先し彼の言いなりになってしまい、彼氏への依存度が強まってしまうのです。

嫌われるのではないかという不安

Sad Girl Red Rose Lonely - Free photo on Pixabay (471568)

彼氏に嫌われるのではないかという不安感が強いというのも、彼氏に依存してしまう原因のひとつとして考えられるでしょう。

彼氏から告白されて付き合ったのではなく、自分から告白して付き合ってもらったという場合には、彼氏の心を得ることができていないと不安になるため、彼氏から嫌われたり疎まれたりすることに過剰な恐怖心を抱いてしまいがちです。

また、小さい頃家族から愛されず孤独を感じて育った女性は、誰かから見捨てられることに強いトラウマを抱いているため、彼氏に嫌われまいとして何でもかんでも彼氏の言いなりになって、依存関係ができあがってしまうでしょう。

シンデレラ・コンプレックス

Conte De Fees Fairy Tale Hand - Free vector graphic on Pixabay (471572)

彼氏に依存してしまう原因のひとつに、シンデレラ・コンプレックスも含まれるでしょう。

シンデレラ・コンプレックとは、おとぎ話のシンデレラのように、いつか白馬に載った素敵な王子様が自分を迎えに来てくれるに違いないと思い込んでしまっている状態を意味する心理学用語です。

このような女性には、そもそも自分の幸せは自分で実現するという発想がありません。自らの力で幸せになるのではなく、男性に幸せにしてもらうのが唯一の道であると考えているため、素敵な男性が自分を見初めてくれることを期待し、恋人に過剰な幻想を抱いてしまいます。

このような女性にとって、彼氏と別れることは自分を幸せにしてくれる「白馬の王子様」から捨てられることを意味するため、そうならないように彼氏に依存してしまうのでしょう。

彼女に依存される男性の本音

Sad Sadness Person - Free photo on Pixabay (471575)

以上では、彼氏に依存する女性の考え方や心理について解説してきました。では、依存対象である当の彼氏は、彼女からべったりと依存されることについてどう考えているのでしょうか。

結論を先取りしてしまうと、彼女に依存されている男性の多くはそのことをネガティブに捉えています。依存されていることを嬉しく思う男性はごく一握りであり、圧倒的多数は彼女を疎ましく思っているのが現実です。

ここからは、彼女に依存されている男性の知られざる本音に迫っていきましょう。

束縛が辛い

City Man Person - Free photo on Pixabay (471576)

彼女に依存されている男性の多くは、彼女からの束縛がつらいと感じています。もちろん、多少の嫉妬や束縛ならば嬉しく感じる男性がほとんどでしょう。

ですが、それが行き過ぎると息が詰まってしまいます。彼氏に依存している女性は、離れている時は常に彼氏とスマホでつながっていたいと考えているため、毎日頻繁に連絡を取ることを彼氏に強要し、少しでも連絡が遅れたならばヒステリックな反応をします。

また、彼氏の電話帳をチェックして知らない女性が登録されていれば問い詰め、削除させるといった暴挙に出るため、男性は心底うんざりしてしまうことでしょう。

今後が怖い

Unhappy Man Mask - Free photo on Pixabay (471577)

2 / 5

133 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪