2021年5月25日 更新

彼氏に誕生日を忘れられた時の対処法は?忘れられた時のNG対応も

彼氏に誕生日を忘れられたら、思わず別れを切り出してしまうくらい気持ちが一気に冷めることもあるでしょう。悲しい気持ちをなかなか素直に言うことができない女性たちへ、忘れられないためにはどうしたらよいか、またそんな時に取るべき対応方法も合わせてご紹介します。

目次

誕生日を忘れられた時の対応は?

Girl Teen Café - Free photo on Pixabay (417415)

バレンタイン、クリスマス、花火大会など、女性が恋人と過ごしたいイベントはたくさんあります。その中でも、大切にしたい日が「誕生日」ではないでしょうか。

ところが、そのような女性の心とは裏腹に、恋人の誕生日を忘れてしまう男性が多いのも事実なのです。自分の誕生日を忘れられてしまったら、悲しくてたまらない人もいれば、いつまでたってもさっぱり思い出す気配のない男性に怒りを感じる人もいるでしょう。

自分から言うのもしゃくだし、できることならけんかしたくないしと悶々としてしまうのも、また女性ならではです。納得いかない感情をどのようにして男性に伝えるべきか、誕生日を忘れてしまう男性心理も含め考えていきましょう。

彼女の誕生日を忘れる男性心理

Hip Hop Dancer Silhouette - Free photo on Pixabay (417416)

男性にとって誕生日は、女性が思っているよりも特別な日ではないというのが正直なところです。そのため、男性が恋人の誕生日を忘れてしまうことは一大事ではなく、忘れ物をしてしまったことと同じくらいの「うっかり」なのです。男性はどのような理由でうっかり忘れてしまうのでしょうか。

誕生日を重要だと思っていない

Calendar Wall Days - Free photo on Pixabay (417420)

女性にとっては「大切な日」と考える誕生日そのものを、男性は特別大切な日とは思っていないことが多いのです。男性は、自分にとって必要な情報以外は、極力記憶しない生き物です。

誕生日が「自分にとって必要な、重要な情報」と考えているのなら記憶するのですが、そもそもその概念がないのです。このように言うと、まるで恋人の女性を大切に思っていないように聞こえますが、そうではありません。

男性にとって大切なことは、彼女を取り巻く付加価値ではなく、恋人の存在そのものである場合が多いので、「記念日」自体に価値を見出せないのです。

自分の誕生日を祝って欲しいと思っていない

Person Man Body - Free photo on Pixabay (417456)

女性が恋人の誕生日を覚えているのは、お祝いしてあげたい気持ちと合わせて、自分の誕生日にも同じようにお祝いして欲しいから、という気持ちが根底にはあるのではないでしょうか。自分がしてもらいたいことは、相手にもしてあげたいと思うのが、親しい間柄の人たちに生まれる感情です。

ところが、そもそも自分の誕生日をお祝いしてほしいと思っていない男性にとっては、彼女の誕生日への思い入れは非常に弱いのです。また、自分の誕生日を祝ってもらった以上、相手にもそれ相当のお返しをしなければならないと感じる男性も少なくありません。

この返報性の原理は、男性にとっては時にプレッシャーとなり、不要な情報ととらえる場合があります。お互いに誕生日を祝う必要はないと思っているので、わざわざ覚えておく必要はないと考える人がいることも否定できません。

忙しく誕生日どころではない

American Black And White - Free photo on Pixabay (420262)

単純に忘れていたケースです。女性は一度に複数のことをこなしたり、行動と思考を分離して行うことも比較的得意です。反対に男性は一つのことに集中すると、それ以外のことは思考から排除されてしまう場合が多く、特に仕事が忙しいと余計なことは一切気にかけたくないと思う人も多いようです。

女性にとって「大切な日=誕生日」を「余計なこと」とされるのは心外と思われる人もいるでしょうが、男性にとって仕事が最優先された場合は、その他のことに優劣はなく、一律で「今不要なこと」と仕分けされてしまうのです。

仮に記憶の片隅にあっても、当日時間が作れそうにない場合は、わざと忘れたふりをすることもあります。あえて言うことで、せっかくの誕生日なのに時間を作れないことを責められるのを避けるためです。

覚える気がない

 (893007)

そもそも誕生日に興味がなさすぎて覚える気がない男性もいます。彼女から毎年「なんで祝ってくれないの!?」と責められても謝れば良い、と思っている人もいるでしょう。むしろ祝わないことで「覚える気がないことを察してほしい」と考える男性もいます。

毎年訪れることを祝っていると、どうしてもお金がかかってしまいますしスケジュールも制限されてしまいます。そういうことが面倒なため、カップルで誕生日をお祝いする習慣が廃れれば良いとまで思うのです。

彼氏に誕生日を忘れられた彼女の本音は?

Young Girl Rose Woman - Free photo on Pixabay (417470)

どんな理由があれ、誕生日を忘れられてしまった女性は納得いかないでしょう。実際に誕生日を忘れられてしまったらどのような気持ちになるか、また、そんな彼氏に対してどのような行動に出てしまうか、いくつか例をもってご紹介します。

もし、恋人の誕生日を忘れてしまい、彼女を怒らせてしまった男性がいたら必見です。女性の深層心理を読み解きましょう。

イベントの中で最も大切にすべき日

Pink Wine Champagne Celebration - Free photo on Pixabay (417483)

カップルで過ごす最大のイベントが「誕生日」だと思う女性は圧倒的に多いのが事実です。もちろんクリスマスも恋人同士で過ごしたいと思う人もいるはずです。

ただ、クリスマスやバレンタインは「国民的行事」であり、大勢の人が一斉に祝うイベントと考えられますが、誕生日は「その人だけの特別な日」です。最愛の人にとって唯一の日というのは、ロマンティックな女性にとっては最も大切にすべき日だととらえても仕方ないでしょう。

期待していた自分が恥ずかしい

People Woman Beauty - Free photo on Pixabay (417490)

まさか彼が忘れているなんて思いもせず、当日までその話題にまったく触れてこなかったことに「自分に内緒でサプライズを計画してくれているんだ」と思ってしまうのは、女性あるあると言えます。

女性にとって誕生日は、お祝いしてもらえることが当たり前なのです。朝から携帯を握りしめメッセージを待ち、急な訪問にも対応できるよう身支度を整え、日付が変わるギリギリまで待ち続けます。それでも何も起こらないときに、女性は初めて、彼氏が自分の誕生日を忘れていたという現実を突きつけられるのです。

それまで期待していた分、裏切られた気持ちは大きく、連絡をくれないのはサプライズのためかもしれない、忙しいのかもしれない、と自分に言い聞かせていたことを後悔します。純粋に彼氏を信用していたことが情けなくなり、どうでもよい気持ちになってしまうことも多いでしょう。

メッセージもないのは無理

1 / 4

関連する記事 こんな記事も人気です♪