2019年12月30日 更新

彼氏に誕生日を忘れられた時の対処法は?忘れられた時のNG対応も

彼氏に誕生日を忘れられたら、思わず別れを切り出してしまうくらい気持ちが一気に冷めることもあるでしょう。悲しい気持ちをなかなか素直に言うことができない女性たちへ、忘れられないためにはどうしたらよいか、またそんな時に取るべき対応方法も合わせてご紹介します。

目次

誕生日を忘れられた時の女心と対応方法

Girl Teen Café - Free photo on Pixabay (417415)

バレンタイン、クリスマス、花火大会など、女性が恋人と過ごしたいイベントはたくさんあります。その中でも、大切にしたい日が「誕生日」ではないでしょうか。

ところが、そのような女性の心とは裏腹に、恋人の誕生日を忘れてしまう男性が多いのも事実なのです。自分の誕生日を忘れられてしまったら、悲しくてたまらない人もいれば、いつまでたってもさっぱり思い出す気配のない男性に怒りを感じる人もいるでしょう。

自分から言うのもしゃくだし、できることならけんかしたくないしと悶々としてしまうのも、また女性ならではです。納得いかない感情をどのようにして男性に伝えるべきか、誕生日を忘れてしまう男性心理も含め考えていきましょう。

彼女の誕生日を忘れる男性心理

Hip Hop Dancer Silhouette - Free photo on Pixabay (417416)

男性にとって誕生日は、女性が思っているよりも特別な日ではないというのが正直なところです。そのため、男性が恋人の誕生日を忘れてしまうことは一大事ではなく、忘れ物をしてしまったことと同じくらいの「うっかり」なのです。男性はどのような理由でうっかり忘れてしまうのでしょうか。

誕生日を重要だと思っていない

Calendar Wall Days - Free photo on Pixabay (417420)

女性にとっては「大切な日」と考える誕生日そのものを、男性は特別大切な日とは思っていないことが多いのです。男性は、自分にとって必要な情報以外は、極力記憶しない生き物です。

誕生日が「自分にとって必要な、重要な情報」と考えているのなら記憶するのですが、そもそもその概念がないのです。このように言うと、まるで恋人の女性を大切に思っていないように聞こえますが、そうではありません。

男性にとって大切なことは、彼女を取り巻く付加価値ではなく、恋人の存在そのものである場合が多いので、「記念日」自体に価値を見出せないのです。
Unhappy Man Mask - Free photo on Pixabay (420259)

また、幼少期から誕生日に特別お祝いをしてもらった記憶の少ない人は、誕生日にはお祝いしなければならないという固定概念がない可能性もあります。

特に女の子は幼い時から友達を呼んでパーティをすることがあったかもしれませんが、男の子はそうではない場合も多いでしょう。このような男性は、こちらから誕生日であることを告げると、「何かしなくちゃダメだった?」と悪気なく答えてしまうことがあるでしょう。

何度も訪れる誕生日に特別感が持てない

People Man Urban - Free photo on Pixabay (417430)

付き合いが長くなると、一緒に迎える誕生日は何回もやってきます。付き合いたてのころはお互いにすべてが新鮮で、男性も女性のために喜ぶことをしてあげたい気持ちが強いでしょう。

心理学的に恋愛における「情熱」は、女性は付き合ってからどんどん強くなり、反対に男性は、付き合う前から付き合った直後がピークで、それ以降は一気に下がり横ばいになると言われています。

相手への情熱に伴い、相手への気遣いや特別感が変化するのは男女とも同じで、男性は徐々に、誕生日に特別な感情を持てなくなってしまうのです。もし誕生日が、プロポーズのように一生に一度のことであれば、男性もしっかりと記憶しているかもしれません。

覚えられない

Books Pages Story - Free photo on Pixabay (417435)

実は男性は、家族や親友の誕生日すら覚えていないという人がたくさんいます。日々の生活の中で、仕事や人付き合いなど、記憶しておかなければいけない情報は多く、脳内のキャパシティは限られているため、残念ながら誕生日はその枠からあふれてしまっている可能性が高いのです。

近年はインターネットの普及で、わからないことはスマホで調べればあっという間に詳しい情報を知ることができます。あえて記憶しなくても済む便利な現代では、簡単な情報でも覚えようとしない人も多いのではないでしょうか。

また、他人に対する関心は男性よりも女性の方が圧倒的に強く、恋人とはいえ、いちいち自分以外の人の情報を覚えていられないというのが男性の本心であったりします。誕生日のように日付や出来事などの記憶は女性の方が得意な分野であり、単純に男性は「覚えていられない」という可能性も十分に考えられます。

自分の誕生日を祝って欲しいと思っていない

Person Man Body - Free photo on Pixabay (417456)

女性が恋人の誕生日を覚えているのは、お祝いしてあげたい気持ちと合わせて、自分の誕生日にも同じようにお祝いして欲しいから、という気持ちが根底にはあるのではないでしょうか。自分がしてもらいたいことは、相手にもしてあげたいと思うのが、親しい間柄の人たちに生まれる感情です。

ところが、そもそも自分の誕生日をお祝いしてほしいと思っていない男性にとっては、彼女の誕生日への思い入れは非常に弱いのです。また、自分の誕生日を祝ってもらった以上、相手にもそれ相当のお返しをしなければならないと感じる男性も少なくありません。

この返報性の原理は、男性にとっては時にプレッシャーとなり、不要な情報ととらえる場合があります。お互いに誕生日を祝う必要はないと思っているので、わざわざ覚えておく必要はないと考える人がいることも否定できません。

忙しく誕生日どころではない

American Black And White - Free photo on Pixabay (420262)

単純に忘れていたケースです。女性は一度に複数のことをこなしたり、行動と思考を分離して行うことも比較的得意です。反対に男性は一つのことに集中すると、それ以外のことは思考から排除されてしまう場合が多く、特に仕事が忙しいと余計なことは一切気にかけたくないと思う人も多いようです。

女性にとって「大切な日=誕生日」を「余計なこと」とされるのは心外と思われる人もいるでしょうが、男性にとって仕事が最優先された場合は、その他のことに優劣はなく、一律で「今不要なこと」と仕分けされてしまうのです。

仮に記憶の片隅にあっても、当日時間が作れそうにない場合は、わざと忘れたふりをすることもあります。あえて言うことで、せっかくの誕生日なのに時間を作れないことを責められるのを避けるためです。

彼氏に誕生日を忘れられた彼女の本音と行動

Young Girl Rose Woman - Free photo on Pixabay (417470)

どんな理由があれ、誕生日を忘れられてしまった女性は納得いかないでしょう。実際に誕生日を忘れられてしまったらどのような気持ちになるか、また、そんな彼氏に対してどのような行動に出てしまうか、いくつか例をもってご紹介します。

もし、恋人の誕生日を忘れてしまい、彼女を怒らせてしまった男性がいたら必見です。女性の深層心理を読み解きましょう。

イベントの中で最も大切にすべき日

Pink Wine Champagne Celebration - Free photo on Pixabay (417483)

1 / 5

関連する記事 こんな記事も人気です♪