旧小峰トンネルは心霊スポット?行き方やきっかけとなった事件とは

心霊スポットとして有名な旧小峰トンネルですが、どのような心霊現象や目撃談があるのでしょうか。住所などのトンネルへの行き方や、関連していると噂されている事件の概要や、噂の検証、また、都内・全国の心霊スポットも合わせて紹介していきます。

旧小峰トンネルは有名な心霊スポット

Concrete Lights Perspective - Free photo on Pixabay (554735)

全国的にも有名な心霊スポットである旧小峰トンネルですが、このトンネルは当時日本を震撼させた幼女連続殺人事件と関連した噂があり、より一層恐怖を煽るようないわくつきのトンネルです。しかし、この連続殺人事件とどのような関連があるのか、また、連続殺人事件についても紹介していきます。

この事件は悲惨な事件であり、事件の内容は殺害方法など詳しく書いておりませんので、あまり耐性がない方でも読めるような内容にはしています。また、旧小峰トンネルの他にも、東京都内にある有名な心霊スポットについて、全国的に有名な心霊スポットについても紹介しています。

どの心霊スポットにも、その場所に噂されている怪談話も載せていますので合わせて読んでみると、その場所がどのような場所なのか想像できるかもしれません。

旧小峰トンネルの概要

Tunnel Underground Underpass - Free photo on Pixabay (554736)

心霊スポットとして有名な旧小峰トンネルですが、ここはどのような場所にあり、現在はどのように行けるのかを紹介していきます。また、旧小峰トンネルの利便性及び安全性なども、新小峰トンネルに代わりどのようになったのかも合わせて紹介していきます。

旧小峰トンネルについて

Adventure Ice Cave Cold - Free photo on Pixabay (554739)

旧小峰トンネルは、1912年に東京都あきる野市と八王子市の境である小峰峠に開通され、現在は、車の通行は出来ず、歩行者のみ通行ができます。旧小峰トンネルは、小峰隧道と呼ばれており、全長79.4mであり、トンネルが使用されていた当時は多くの心霊現象を目撃する場所として全国的に有名なスポットでもあります。

人は滅多に通ることはないですが、夜間には、肝試しや、心霊スポットとして有名な為、検証動画を撮影する方も少なくありません。

利便性や安全性に問題があった

Street Road Straight - Free photo on Pixabay (554740)

旧小峰トンネルは上下一車線であり、主要な交通経路の一つとして利用されていました。カーブが多いうえ、トンネル付近は車がすれ違うことも難しく、トンネル内も3.3mと車両の高さに制限がありました。加えて、バスも通行していたので、利便性及び安全性に問題がありました。

夜間には暴走族が多く出没するとしても問題になっており、夜間にこの道を通るのは、事故などの危険がありました。そのために、新小峰トンネルが開通され、新小峰トンネルでは、これらの利便性及び利便性の問題は解決しました。

新小峰トンネルの完成に伴い閉鎖

Bolt Closure Door - Free photo on Pixabay (554741)

利便性及び安全性の問題が解消された新小峰トンネルが2002年に開通され、小峰トンネルは閉鎖され、旧小峰隧道と名前を変えました。新小峰トンネルは、旧小峰トンネルが一車線だったのに対して、二車線になり、よりいいものになりました。

新小峰トンネルは心霊の噂はなく、普通のトンネルですが、旧小峰トンネルが閉鎖されたことにより、旧小峰トンネルは人気がなきなったことで、より一層不気味さに拍車をかけ、より怖い心霊スポットとして語られることになったのです。

閉鎖された旧小峰トンネルへの行き方

Car Repair Workshop - Free photo on Pixabay (554742)

現在では、新小峰トンネルが開通されていますので、ナビで小峰トンネルと入力すると、新小峰トンネルを案内されることがあります。旧小峰トンネルは、車が入れないように柵が設置されていますが、歩行者や自転車は通行することができます。

使用されていないトンネルなので、手入れがされていない場所なので、雑草や枯れ木が散乱しており、綺麗な道だとは言えません。車で行く場合は、峠の麓のあたりまでしか行くことができず、15分ほど、歩いて向かわなければなりません。

旧小峰トンネルで起きる心霊現象

Monster Wall Bat - Free photo on Pixabay (554743)

旧小峰トンネルで起こる心霊現象は、連続殺人事件が起こる前は、女性の霊が道の途中に立っていたなど、女性の霊がでることで知られていました。しかし、連続殺人事件が起こったあとでは、道端に少女が立っており、手を振っているが手首から先がない、助けを呼ぶ声が聞こえた、青白い顔をした少女が立っているといったものがありました。

しかし、詳しい体験談がなく、噂が飛び交っているものでしたが、実際の場所は重苦しい空気であり、心霊スポットとして有名なのが分かるほどで、心霊写真が多く撮影されている場所でもあります。オーブと呼ばれる白い球のようなものが映ったり、赤い光が映ったりとあります。

赤い光は、良くないものとされており、強いエネルギーを発しているとされていますので、今後、旧小峰トンネルに向かい写真を撮った時に映っていた場合には気を付けた方がいいでしょう。

宮崎勤に殺害された少女の霊が出る噂

Sad Girl Crying Sorrow - Free photo on Pixabay (554744)

日本を震撼させ、今も語られるほどの事件を起こした宮崎勤の幼女連続殺人事件ですが、この事件と旧小峰トンネルが関係しているという噂があり、被害者の女の子が出没するとされていました。ここでは、この幼女連続殺人事件について、宮崎勤の父親が発行していた新聞に載せられた記事の噂、や加害者家族についてを紹介していきます。

どのような悲惨な事件が起こり、旧小峰トンネルで噂されている少女の霊と関連するのでしょうか。

東京・埼玉連続幼女誘拐殺人事件とは

Poison Toxic Skull - Free photo on Pixabay (554745)

連続幼女誘拐殺人事件は本当に悲惨な事件であり、この事件は1988年から1989年までに4歳から7歳の4人もの幼女を誘拐し、殺害し、現在この犯人は死刑判決後、死刑を執行されています。この事件は戦後日本犯罪史上初のプロファイリングが導入された事件でもあります。

犯人は殺害した幼女の遺体を被害者の家族に送る、死後の動画を撮影するなどのサイコパス行動をとり、逮捕後は公判において、不可解かつ身勝手な発言を繰り返していたが、精神異常を偽った行動であることを指摘され、死刑が確定しました。遺族に対する謝罪や事件に対する反省などが語られることはありませんでした。

反して、自身の最高裁判決が大きく報道されたことを聞くと、「やっぱりわたしは人気者だ」と語り、被害者の遺族の方に対しての思いを聞かれると、「特にない、いいことができてよかったと思う」といった発言をしています。

入間市と飯能市で誘拐された少女の遺体が小峰峠で発見される

Dawn The High Mountains Fog - Free photo on Pixabay (554746)

1 / 4

関連する記事 こんな記事も人気です♪