2020年3月22日 更新

【第2回】しみけん×POUCHS「セックスをみんなで考えよう」-女性がセックスを好きになるかどうかの違いはハッキリしている―

恋愛情報メディアPOUCHSと伝説のAV男優しみけんによる連載企画!人には聞けない性の悩みをしみけんさんと一緒に考える「みんなで作る」コーナー、皆さんの性の疑問にズコバコ答えていきます!第2回は1回に続き「性のタブー視と性教育」。性意識の現状をしみけんさんが熱く語ります。

はじめに

 (763431)

こんにちは、POUCHS編集長のしんたろうです。

前回に引き続きしみけんさんとご一緒に、性教育の現状について熱く語っていきます。

しみけんさんと一緒にみんなで、セックスについて”楽しく”考えていきましょう!

AVは「ファンタジー」である!

Narrative History Dream - Free image on Pixabay (763435)

しんたろう:

さて、性をタブー視する意識や性に向き合えない意識の根底には、現状の性教育が根付いていると思いますが、しみけんさんは現状の性教育のどのような点を問題点だと考えておられますか?


しみけん:

たくさんあるよなぁ!(笑)

僕の立場から言っちゃうと例えば、AVを性について学ぶ教材だと思ってしまって、AVがファンタジーだと気づいていないこと、AVの真似をしてしまうこと。

だからセックスにおける失敗のしわ寄せがAVにいってしまう。本当は性教育にいかなくていけないのに!

ちなみにAVはファンタジーですよって事が分かりますよね?って事で18歳以上でないと見れないように設定されているんですけどね。
あの「warning!あなたは18歳以上ですか?はい、いいえ」ってもしかしたらこの世で一番甘いセキュリティかもしれないですよね(笑)
おそらく全員ウソをついてきたであろう確認事項!king of ザル!

Man Woman Elderly Couple - Free photo on Pixabay (763438)

話が弱冠それてしまいましたが、AVの真似をする人に多く見られるのが、 セックスの主語がいつも”自分”になってしまうこと。

セックスって本来は相手ありきのことだから相手を尊重しないといけない、なのにいつも主語が「ぼく」で自分本位の考えしかしないでしょう。

コンドームを自主的にしてくれない、痛いのに気づいてくれない、等々。
そういう体験が全部AVのせいになってしまう。

ちなみに「AVは悪だ!」と言うのはほとんどが女性です。男性で言う人はあまりいません。なので、
女性がセックスを好きになれるかどうかは、過去の付き合ってきた男で決まります。

過去の男がちゃんと性を理解していて、素敵な性体験となればセックスは良い印象・好きになるでしょうし、

逆に過去の男が自分中心のセックスしかせず、痛い思いや辛い思いをしてきたのならば、セックスは悪い印象・苦手になるでしょう。


しんたろう:

たしかに!
すごく大切な事なのにそういったことを伝えるための性教育の体制が整っていないですよね。


しみけん:

そうですよね。
女の子は生理のことは知っていても生理用具の具体的な使い方は教わりません。
我々もコンドームを付けないといけないことは教わるけど、付け方や使い方は教わらない。

ましてや、相手の気持ちを尊重するなどの話はあるほうが珍しい

正しい性知識を学ぶためには?

Books Door Entrance - Free photo on Pixabay (763441)

しんたろう:

そうすると結局自分で調べるしかないですよね。
で、その調べ先の情報の信憑性も分からないと。
こういった状況の中で、正しい性知識を学ぶためには、どうすればいいのでしょうか?


しみけん:

POUCHSに来ることでしょう!(笑)


しんたろう:

ありがとうございます(笑)


しみけん:

正しい情報源に何とか辿りつくことです。

あと、やっぱりお医者さんは凄い

教えてもらおうと待っていても教えてもらえない現状だから、アンテナを張って、自分から知りにいくことが大切

その人の意見を聞いたり、著作物を読んだり。
自分から勉強しにいく姿勢が自分を育てると思います。


Medical Appointment Doctor - Free photo on Pixabay (763442)

しんたろう:

逆に伝える立場にある人たちは、何を大切にすればいいのでしょうか?


しみけん:

伝え方でしょうか。伝え方次第で良くも悪くも伝わると思うんです。

あとは興味を持ってもらえるような伝え方をしないとなかなか聞いてもらえないんです。

お医者さんって正しいことを言っているんだけどなかなか若い人たちは聞いてくれなくて、それを芸人さんやYoutuberなどが楽しく若い人たちに興味を持ってもらえるようなコンテンツ作りが我々の課題でしょう。

ちょっと話が固いですか?(笑)


しんたろう:

いえいえ、大切なことです!
この連載もそのマインドで情報を発信していきたいですね。

結論として、読者の皆さんはいかに正確な情報源に辿り着くか、というところです。


しみけん:

Yahoo!知恵袋に聞いてみましょうか!?


しんたろう:

ダメです(笑)


しみけん:

最後に問題です。
「おっぱい」って何の略だか知っていますか?


しんたろう:

え、全く分からないです。


しみけん:

答えは、「おなかいっぱい」の略です。

僕たちが赤ちゃんの頃、お母さんに「おなかいっぱい?」と聞かれていたのを赤ちゃんの耳ではちゃんと聞きとることができず「おっぱい」に縮まった、という説があるんです。

諸説ありますが、今後とも、やらしくお願いいたします。


しんたろう:

やらしくお願いいたします(笑)

おわりに

POUCHSとしみけんさんで連載をスタートした理由やこのコーナーの方向性について、皆さんにも分かっていただけたかと思います。

次回は「クリスマス回」、誰しもが悩むテーマについてバンバン話していきます!(更新情報は編集長のTwitterから)

また、このコーナーは皆さんからのご意見やお悩み相談、ゲストとしての出演希望などをお待ちしております。

しみけんさんに悩み相談をしたい、一緒に考えたい方はお気軽にお問い合わせフォームからご連絡ください!

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【第4回】しみけん×POUCHS「セックスをみんなで考えよう」-デートを成功させる「3要素」-

【第4回】しみけん×POUCHS「セックスをみんなで考えよう」-デートを成功させる「3要素」-

恋愛情報メディアPOUCHSと伝説のAV男優しみけんによる連載企画!人には聞けない性の悩みをしみけんさんと一緒に考える「みんなで作る」コーナー、皆さんの性の疑問にズコバコ答えていきます!第4回は「デートを成功させる方法」について。デートにおける男女の心理を徹底解説します!
【第3回】しみけん×POUCHS「セックスをみんなで考えよう」-人はなぜ誘いを「断る」のか-

【第3回】しみけん×POUCHS「セックスをみんなで考えよう」-人はなぜ誘いを「断る」のか-

恋愛情報メディアPOUCHSと伝説のAV男優しみけんによる連載企画!人には聞けない性の悩みをしみけんさんと一緒に考える「みんなで作る」コーナー、皆さんの性の疑問にズコバコ答えていきます!第3回は「上手な相手の誘い方」について。しみけんさんのご経験をもとに考えていきます。
【第1回】しみけん×POUCHS「セックスをみんなで考えよう」-性がタブー視される理由、知ってますか?-

【第1回】しみけん×POUCHS「セックスをみんなで考えよう」-性がタブー視される理由、知ってますか?-

恋愛情報メディアPOUCHSと伝説のAV男優しみけんによる連載企画!人には聞けない性の悩みをしみけんさんと一緒に考える「みんなで作る」コーナー、皆さんの性の疑問にズコバコ答えていきます!第1回は「性のタブー視と性教育」。性意識の現状をしみけんさんが熱く語ります。
ペニスが臭いのは恥垢が原因!真性包茎のデメリットと自力で治す方法

ペニスが臭いのは恥垢が原因!真性包茎のデメリットと自力で治す方法

自分のペニスから尿以外の悪臭を感じたことはないでしょうか。実はその原因は恥垢と呼ばれるもので、真性包茎の人は特に改善するのが難しいと言われています。恥垢を除去するために真性包茎の人はどうすれば良いのか、自力での治療法と併せて解説していきます。
包茎でペニスが痛い原因と解決法は?真性包茎を自力で治す方法

包茎でペニスが痛い原因と解決法は?真性包茎を自力で治す方法

病気でもないのにペニスが痛いと感じられることはないでしょうか。実はそれは真性包茎を始めとする包皮が原因の痛みかもしれません。その痛みを取り除き、真性包茎を自力で治すためにはどうすれば良いのでしょうか。最も効率的な方法を紹介しています!

この記事のキーワード