生足にホットパンツは男のロマン?生足の時のアイテム選びは?

この暑い夏の季節に、萌えポイントの高い生足ファッションにチャレンジしたい方もたくさんいるのではないでしょうか。そこで生足にホットパンツ、ブーツ、パンプス、スカート、ストッキングなどを合わせる際のメリットとデメリットについて紹介します。

生足とファッション

Beach Chair Feet - Free photo on Pixabay (533654)

とにかく暑い季節がやってきました。暑すぎて汗ダラダラ、パンツやストッキングはペタペタ張り付くから履きたくない!生足ファッションで快適に過ごしたい!と思っている方も多いのではないでしょうか。

でも、生足だすのは少し恥ずかしい、素足にサンダルで足のニオイが気になってしまう、男性の目が気になる、どんなファッションがいいか分からない…など悩みが尽きないもの。

そこで今回は、この夏快適に過ごすために、生足の時のファッションについてご紹介します。

生足にホットパンツは夏のマスト

Girl Camera Vintage - Free photo on Pixabay (533051)

なんと言っても生足の良さを引き立てるのは、ホットパンツです。そんないきなり脚を出せないと思う人もいると思いますが、意外にも快適すぎるのが、生足にホットパンツコーデです。この夏を快適に過ごすために、夏のマストアイテムであるホットパンツのファッションについてご紹介します。

まずホットパンツとは、簡単に言うと、「とても短いズボン」のことです。一般的には、0〜1部丈前後のズボンのことを指すそうです。別名でショートパンツ、短パンなどと言われることも多いです。

なぜホットパンツというかは、1970年代前半にパリコレで登場したのを皮切りに、当時のファッション業界に革命をもたらすほど革新的であったことから、「アツイ、新しい」という意味合いの「HOT」を用いて報じられ、今に至るそうです。

ではこのホットパンツが夏にぴったりな理由について紹介します。

男性の多くはショートパンツが好き

Beautiful Blowing Blur - Free photo on Pixabay (533631)

ホットパンツがオススメな理由の1つ目は、男性の多くがショートパンツが好きということです。

再度ホットパンツがどういうものなのか書きますと、ホットパンツは「とても短いズボン」です。つまり、太もも全体が露出するファッションということになります。一般的に男性の7割が露出度の高めなファッションが大好きなそうです。

そして男性の特に好きなパーツの生足は、夏ならではのファッションで女性からの色気を演出できること間違いなしです。

萌え要素が高い

Woman Street Day - Free photo on Pixabay (533634)

2つ目の理由は、ホットパンツに生足でとにかく萌え要素が高いということです。

ホットパンツで太ももの露出が、男性にとっては萌えポイントなのです。ホットパンツを履くことで、ミニスカートでは演出できないお尻の形も露わになります。

男性陣にとって、生足での美脚を拝めるだけでなく、ぷりっとした桃尻をも拝めることが最高の萌え要素なのです。
さらに、ミニスカートと比べると下着が見えずだらしなく見えないという安心感もあります。

涼しくて履き心地も良く快適

Girls Gossip Female - Free photo on Pixabay (533620)

3つ目のホットパンツオススメ理由は、ジーパンやスカートよりも涼しくて履き心地がよく快適なことです。

夏の暑い日に、ジーパンやスカートを履いて出かけたら、汗で太もも裏がベタベタになってしまいジーパンやスカートが張り付いてしまったなんて経験をしたことはないでしょうか。

特に椅子から立ち上がる時は、太ももからジーパンやスカートに生地を剥がしている剥がし族をよく見かけます。
しかし、ホットパンツだとそんな動作はしなくてもいいんです。太ももが出ていて、太ももを覆われているものはないので、涼しく爽快です。

また、下着が見えてしまう心配もないため、アクティブに動いても問題ありません。涼しい上に履き心地もよく、夏にぴったりです。

トップスは割と何にでも合う

Woman Blonde Outdoors - Free photo on Pixabay (533595)

でもホットパンツは何を合わせて着たらいいか分からないという方も多いのではないでしょうか。ホットパンツはジーパン生地ばかりでカジュアルになりすぎと思われがちでもあります。

しかし、ホットパンツにはジーパン生地のものだけでなく、白やストライプなど色々な種類があります。また、意外とシンプルなロゴTシャツや無地のノースリーブを合わせるだけでこなれ感が出ます。

ちょっとシンプルすぎて物足りないと思う時は、ヘアアクセサリーやカバン、靴などに色物を持ってくるとアクセントになりおしゃれ度アップです。
ホットパンツに合わせるものがないと難しく考えずに、割となんでも合うのでトライしてみてはいかがでしょうか。

日焼け止めを塗るのが大変

Sunblock Skincare Healthy Skin - Free photo on Pixabay (533542)

ここまでホットパンツがこの夏にオススメの理由をあげてきましたが、実際は太ももを出しすぎてしまい日焼けが心配と思っている方もいるのではないでしょうか。

顔、首、腕に塗るだけでも広範囲で、日焼け止めはどんどん消費してしまうし、足まで塗るは面倒臭いと思われがちです。しかも、足は意外と広範囲で、つい塗らずに外出してしまいうっかり日焼けしてしまった!なんてことも多くあるようです。

足の日焼けで特に忘れがちなのは、足の甲です。足全体に塗って、足の甲を塗り忘れている方は多いのではないでしょうか。そのままサンダルを履いて出かけると、サンダルのストラップの跡がついてしまうなんてこともよくあります。

面倒とはいえ、赤くヒリヒリして痛い想いをするのは自分自身です。あとで後悔しないためにも、美脚を目指して頑張って習慣にしてみてはいかがでしょうか。

蚊に刺される

Campfire Beach People - Free photo on Pixabay (533529)

さらに、ホットパンツのデメリットとして、蚊に刺されてしまうことも、とても心配です。太ももを露出しているイコール、蚊に刺して下さいと言わんばかりのファッションです。

特に注意が必要なのは、BBQやキャンプ、お祭りや花火大会です。こういう所に蚊は潜んでいます。しかも、蚊という生き物は汗をかいている人の方へよってくる習性があります。楽しいことに夢中になっていると知らない間に蚊に刺されてしまいます。

ホットパンツに生足で楽しい夏のイベントに参加している間に何箇所も刺されてしまったなんていう経験をされた方も多くいるのではないでしょうか。
ホットパンツを履く時は、面倒だと思ってしまっても、虫除け対策がマストです。今はスプレータイプで簡単に塗布できるものが多くありますので、探して見てはいかがですか。

ホットパンツをはく勇気がでない

People Woman Wall - Free photo on Pixabay (533510)

ホットパンツを履く勇気が出ない、あんなに太ももを出せたい、足が太いから周りの目が気になる…と思っている方も多いのではないでしょうか。また、足のムダ毛も気になってお手入れが大変なんて思っている方も多いようです。

お腹周り、二の腕に次いで気になるのが、たるみの出やすい太ももです。ホットパンツを履いたら、太ももを隠すことはできません。反対に、スポーツをやっていてムキムキな太ももを晒すのを躊躇う方もいるかもしれません。

しかし、太ももは男性にとって萌えポイントです。普段拝むことのできない女性のむっちりとした太ももで、ドキッとくるこもあるのです。そして一般的に男性は、ガリガリよりもむっちりボディの方が好きです。

生足にホットパンツで、ムダ毛処理の手抜きができないと思っている方もいるのではないでしょうか。普段あまりお手入れすることのなかなった太もも裏を見るチャンスです。美脚を目指して、お手入れの第一歩を踏み出して、ホットパンツにもチャレンジしてみていかがでしょうか。

でも一度履くと快適で辞められない

Accessory Sunglasses Fashion - Free photo on Pixabay (533486)

1 / 4

関連する記事 こんな記事も人気です♪