郷田マモラが起こしたわいせつ事件!郷田マモラの現在は?

漫画家としてさまざまな漫画を描いてきた郷田マモラさんですが、アシスタントの女性に対して猥褻事件を起こしていたことをご存知でしょうか。今回は、そんな郷田マモラさんが起こした事件や現在の様子について、また妻との関係についても詳しくご紹介していきます。

郷田マモラはきらきらひかるの作者

Art Materials Blur Equipment Oil - Free photo on Pixabay (704286)

女性監察医の活躍を見事に描いた『きらきらひかる』という漫画はドラマ化もされた大人気漫画で、他にも留置所の新人刑務官と死刑囚の友情を描いた『モリのアサガオ』など数々のヒット作を生み出してきたのが漫画家の郷田マモラさんでした。

しかし、郷田マモラさんは、2013年6月5日に強制猥褻や傷害の罪で逮捕されています。

今回はそんな郷田マモラさんのプロフィールや罪の内容、また現在の様子についてもについて詳しくご紹介していきます。

郷田マモラについて

Tie Necktie Adjust - Free photo on Pixabay (704288)

ドラマ化もされた『きらきらひかる』の作者として郷田マモラさんの名前を知っている方は多いかと思いますが、どのようにして漫画化としてデビューしたのかなどは知らない方も多いのではないでしょうか。

実際に、漫画を見ている方ならともかく、ドラマしか知らない方は、あまり郷田マモラさんについて知らない方も多いのではないでしょうか。

なのでここでは、郷田マモラさんのプロフィールや代表作について詳しくご紹介していきます。

日本の漫画家

Writing Writer Notes - Free photo on Pixabay (704291)

郷田マモラさんは1962年に三重県伊勢市で誕生しました。ペンネームは郷田マモラですが、本名は上之郷守です。しかし、最初の応募の時には上之郷円というペンネームで応募していたようです。

血液型はB型で趣味は音楽鑑賞のようです。好きなアーティストはさねよしいさ子さんやモーツァルト、スコット・ジョブリンなどをあげています。

またスポーツ観戦も趣味で、ジャイアンツファンとも語っています。いとこにはドールハウス作家の工藤和代さんがいます。

以前はフリーのイラストレーター

Writing Pen Man - Free photo on Pixabay (704292)

元々、大阪総合デザイン専門学校でグラフィックデザインを学んでいたそうです。そして大阪総合デザイン専門学校を卒業後しました。

その後、漫画家として活動する以前はフリーのイラストレーターとして大阪で商品説明書のイラストを描くなど、細々としたイラストを描く仕事をしていたそうです。

また、同時にさまざまな賞に応募していたとも言われています。そんな中1993年に『虎の子がゆく!』がちばてつや賞一般部門大賞を受賞し、『花の咲く庭』がミスターマガジンの新人漫画賞入選を受賞し、2誌同時デビューとなりました。

文化庁メディア芸術祭にて大賞受賞

Winner Medal Gold - Free photo on Pixabay (704293)

そして、2007年には留置所の新人刑務官と死刑囚との友情を描いた『モリのアサガオ』が平成19年度文化庁メディア芸術祭漫画部門にて大賞を受賞しました。

文化庁メディア芸術祭とは文化庁が主催する文化庁メディア芸術祭の一部門として1997年から開催されている漫画賞です。

死刑制度をテーマに取り上げたヒューマン作品でもあり、2010年にはテレビ東京系にて伊藤淳史主演でドラマ化されました。この作品で郷田マモラさんを知った方も多いのではないでしょうか。

大阪舞台のものが多い

Stage Curtain Theatre - Free photo on Pixabay (704299)

郷田マモラさんの作品の中には大阪の街を舞台に設定して作られた物語が多く、また、大半の登場人物の台詞が大阪弁になっています。

これは、郷田マモラさんが大阪でフリーのイラストレーターとして活動していたためではないかと言われています。

また、郷田マモラさんは右手を疲労骨折してGペンが握れなくなり、それ以降は面相筆で漫画を描くようになったといわれています。郷田マモラさんの作品は独特な面相筆のタッチが印象的ですが、それは疲労骨折のおかげだと言われています。

代表作はきらきらひかる

Milky Way Starry Sky Night - Free photo on Pixabay (704300)

郷田マモラとして1993年にデビューしてから暫くして「法医学ものを描かないか?」と提案されたそうです。そしてその提案を受けて郷田マモラさんの代表作『きらきらひかる』が誕生しました。

そして『きらきらひかる』の連載開始から半年ほどしてドラマ化の話が来て、1998年にはフジテレビ系にて深津絵里主演でドラマ化されました。

また、1999年4月23日には『きらきらひかる2』が、そして2000年4月4日には『きらきらひかる3』として2度にわたりスペシャルドラマも制作されています。

郷田マモラとアシスタント

Busy Business Caucasian - Free photo on Pixabay (704304)

そんな数々の名作漫画を生み出してきて、その漫画がドラマ化もされてきた郷田マモラさんですが、2013年6月5日に強制猥褻や傷害により逮捕されました。

当時、郷田マモラさんは『あしゅらみち-免罪-』という連載中の漫画を執筆中でした。『きらきらひかる』という代表作や『モリのアサガオ』で大きな賞も受賞した郷田マモラさんに一体何があったのか気になっている方も多いのではないでしょうか。

なのでここでは、郷田マモラさんが逮捕された理由について詳しくご紹介していきます。

アシスタントに手淫をさせる

Sad Depressed Depression - Free photo on Pixabay (704305)

郷田マモラさんが逮捕されたの先ほどもご紹介したように、強制猥褻や傷害などが原因でした。

その内容は、2013年4月から5月にかけて、自身の事務所の女性アシスタントに対して陰茎を手淫させるなどの猥褻な行為をしていたためです。

この事件により、もちろん当時執筆中だった『あしゅらみち-免罪-』連載は途中で終了しメディアでも大きく取り上げられることとなりました。また『モリのアサガオ』も映画化の話があったようですが、今もなお映画化はされていないようです。

暴行も加えていた

Fear Woman Stop Violence Against - Free photo on Pixabay (704306)

1 / 4

関連する記事 こんな記事も人気です♪