2021年4月16日 更新

ビデオ試写室でオナニーや宿泊はできる?料金の相場とVRの情報も!

ビデオ試写室ってどんな場所?カップルや女性でも利用できるのか、未成年の入出やオナニー事情まで詳しく解説します。また、利用料金や宿泊する方法もご紹介していきましょう。防音設備の整った、ビデオ試写室の全貌を余すところなく解説していきます。

目次

大手チェーン店の場合、女性入店は禁止となっています。友人同士や、カップルでの入店もできません。しかし稀に、カップルであれば入店できる店舗もあります。個人経営の場合が多いため、事前に電話で確認する必要があるでしょう。

カップルで入店した場合であっても、部屋は人数分となります。つまり、2人で入店した場合、2部屋用意されるということです。多くの場合、一方の部屋に入り行為を楽しみます。他の客と接触した場合、トラブルが発生する恐れもあるため、注意深く利用しましょう。

女性による手コキサービスがあるお店も

Fashion Beautiful Woman - Free photo on Pixabay (182903)

ビデオ試写室とは業種的に少し異なってきますが、風俗店としてビデオ試写室のような雰囲気の中で、女性の手コキサービスが受けられる店舗もあります。

手コキサービスであったり、オナニーを見てもらうコースなど、様々なサービスを受けることが可能です。流れとしては、ビデオ試写室のようにAVを選び、視聴を楽しみます。その後女性が入室し、手コキやオナニー鑑賞などのサービスを受けることになります。

これらのサービスは、風俗店での行為になるため、ビデオ試写室利用よりも高額となるため注意しましょう。

ネットで女性とのアダルトチャットを楽しむのもおすすめ

Video Conference E-Learning - Free vector graphic on Pixabay (182907)

ビデオ試写室には、基本的に女性を呼び込むことができません。しかし、女性と触れ合いたいという男性も多いことでしょう。そこでおすすめなのが、アダルトチャットです。パソコン設備のある部屋では、アダルトチャットを楽しむことができます。

アダルトチャットをしながら、オナニーしたり、過激なプレイを楽しむことが可能です。もちろん、アダルトチャットに掛かる費用は、別途個人持ちとなります。楽しみ過ぎて、費用が高額になったという事例もあるため、楽しみ過ぎには要注意です。

ビデオ試写室は宿泊にもおすすめ!利用するメリット

Apple Bed Computer - Free photo on Pixabay (182961)

ビデオ試写室は、漫画喫茶よりも快適なので、宿泊するために利用する方も増えてきています。終電を逃した時カプセルホテルに宿泊するとなると、都内であれば5,000円以上になることも珍しくありません。しかしビデオ試写室であれば、快適にそして低価格で利用することができます。

他にも、ビデオ試写室ならではの設備により、非常に快適に過ごすことが可能です。ここからは、ビデオ試写室に宿泊するメリットと、利用する際のポイントについてご紹介していきましょう。

格安宿泊パック

Piggy Bank Save Piglet - Free photo on Pixabay (182976)

22時以降の入店であれば、翌朝の10時まで利用しても2,000円前後で滞在することが可能です。フラットタイプの部屋を選べば、ゆっくり寝転べますし、防音設備の整った鍵付きの部屋でリラックスして宿泊することができます。アメニティも揃っているため、シャワーを使用したり身支度する際も困りません。

店舗によって異なりますが、宿泊後の外出も自由にすることができます。また、食べ物も持ち込みもOKとしている店舗も多いため、自由きままに宿泊を堪能することが可能です。

最新設備

Computer Macbook Tablet - Free photo on Pixabay (182985)

ビデオ試写室を利用したことのない人は、なんとなく怪しいイメージを持っていることも多いでしょう。しかし実際は、とても綺麗で設備も新しく整っています。特にチェーン店では、ホテルをライバルとしているようで、ビジネスホテルなどよりも設備が充実しているのです。

オナニーをする場所でもあるので、「不潔なのでは」と疑ってしまう気持ちも理解できますが、実際に行ってみるととても綺麗で非常に衛生的となっています。新型コロナウイルスの蔓延に伴い、消毒・清掃はより徹底されているのです。

宿泊だけではない楽しみ

Television Remote Control - Free photo on Pixabay (183012)

格安で、しかも快適に宿泊できるというメリット以外にも、ビデオ試写室には楽しみが存在します。それは、充実したオナニーです。AVを借りたり、最新アダルトグッズを試すこともできます。

また、こういった楽しみにより、料金がかさむ恐れもありません。アダルトグッズ購入には料金が発生しますが、好きなAVを複数選んでも、インターネットを利用しアダルトチャットを楽しんでも、宿泊料金は変わらないのです。

ビデオ試写室は、1人で過ごす時間を、より充実させることのできる場所だと言えるでしょう。

シャワーを利用できる店舗も多い

Bath Bathroom Bright - Free photo on Pixabay (183031)

漫画喫茶のように、ビデオ試写室でもシャワーを利用することができます。漫画喫茶ではシャワーを利用すると追加料金が発生してしまいますが、ビデオ試写室では利用料金にすでに含まれていることも多いため安心して活用することが可能です。

店舗によっては、ナイトプランを利用すると、バスタオル等アメニティグッズが無料でついてくるサービスなどもあり、より快適に過ごすことができます。シャワーは朝方は混む可能性があるので、混雑を避けたい場合は、夜のうちに済ませておきましょう。

カプセルホテルと比較!ビデオ試写室が優れている点

Scale Question Importance - Free photo on Pixabay (183050)

気軽に格安で宿泊するなら、カプセルホテルも選択肢と言えるでしょう。それではここから、カプセルホテルとビデオ試写室の違いについて解説していきます。ビデオ試写室がいかに優れているのか、どういった人におすすめなのか詳しくご紹介していきましょう。

完全個室&防音でプライバシーがある

Door Open Doorway - Free image on Pixabay (183088)

カプセルホテルもビデオ試写室と同じく、それぞれに個室が割り当てられます。しかし個室といっても、カーテンで仕切られているだけであったり、完全に閉じられないドアであったりと、完全な個室とはいえません。

さらに、個室同士が密集しているため、周囲の音も自身の生活音も気になってしまいます。しかしビデオ試写室であれば、防音設備が備わっているばかりか、鍵が付いた個室で過ごすことができるため、完全プライベート空間を確保することが可能なのです。

完全個室の中、どのように過ごしても周囲に迷惑をかけることがありません。人とのトラブルを避けられ、自分だけの時間を堪能できる部分が、ビデオ試写室の魅力です。

4 / 5

関連する記事 こんな記事も人気です♪

オナホ用ローションの選び方!オナホにおすすめのローションは?

オナホ用ローションの選び方!オナホにおすすめのローションは?

オナニーの時にオナホを使っている人も多いでしょう。しかし、実は同じオナホでも使うローションによってオナニーの気持ち良さが大きく変わります。では、どのローションがオナホオナニーに最適なのか、選ぶ際のポイントと一緒にチェックしていきましょう。
ローションを温めるのは面倒?楽に快感を得る温感ローションのススメ

ローションを温めるのは面倒?楽に快感を得る温感ローションのススメ

せっかくのオナニーは快感を追及したいところですが、だからといって毎回ローションを温めるのは非常に面倒です。それよりも「オナニーをしたい!」という気持ちになった時、誰でも手軽に気持ち良いオナニーができるのが最高でしょう。そのとっておきの方法を紹介します。
テクノブレイクの意味とは?テクノブレイクの死因と危険な回数も

テクノブレイクの意味とは?テクノブレイクの死因と危険な回数も

皆さんは「テクノブレイク」とは何か知っていますか。女性にはあまり馴染みのない言葉かと思います。こちらでは「テクノブレイク」の意味や語源を紹介します。また、オナニーによって死亡してしまう死因、原因、危険とされる回数についてもご紹介していきます。
ネカフェでオナニーはしても良い?ネカフェでするメリットと方法も

ネカフェでオナニーはしても良い?ネカフェでするメリットと方法も

ネカフェでのオナニーに憧れたことはありませんか?家でのオナニーでは味わえないスリルや興奮が魅力のネカフェオナニーですが、方法や注意点を知っている人は少ないはずです。この記事では、メリットやデメリットも合わせてネカフェオナニーについてじっくり解説していきます。
乳首でイク方法とは?男女別のコツと乳首でイクことのメリット

乳首でイク方法とは?男女別のコツと乳首でイクことのメリット

「乳首」と聞くと自然と女性を思い浮かべるものですが、実は男女問わず乳首でイケるということをご存知でしょうか。普段はオナニー自体も恥ずかしいと思っている人も、ぜひ乳首イキの開発をきわめて、セックスを楽しめるようになりましょう!

この記事のキーワード