気まずい人とどう付き合う?気まずくなる原因や対処法

好きな人や彼氏・友達と気まづい思いをしたことがある方も多いのではないでしょうか。この記事では職場恋愛で別れた後の気まずさや告白後に気まずくなってしまった時などの対処法をパターン別に徹底解説しています。人間関係でお悩みの時にぜひご覧ください。

「気まずい」の意味とは

Woman Portrait Girl - Free photo on Pixabay (480194)

職場や身近なところに気まずい関係の人がいることでお悩みの方も多いのではないでしょうか。気まずい人がいると、それだけで人間関係に疲れを感じてしまうものです。

そんな方のために、この記事では気まずいと感じている人の対処法や上手な付き合い方について徹底解説しています。また併せて、他者に気まずいと感じる原因についてもご紹介しています。

気まずい人との関係でお悩みの方は、ぜひ最後までご覧になってみてください。


気まずいの意味

Dictionary Focus Book - Free photo on Pixabay (481764)

そもそも、私たちは具体的にどのような状態を「気まずい」と感じるのでしょうか。ここではまず、気まずいという言葉の意味について確認しておきましょう。

気まずいとは、端的に言うならば居心地の悪い思いを意味する言葉です。気分がよくなく具合が悪く感じたり、気が詰まってしまうこと、あるいはぎこちなく感じることを広く「気まずい」という言葉でもって表現します。

なお、気まずいという言葉は「人」や「雰囲気」について使うことがほとんどです。たとえば、「気まずい雰囲気になってしまった」「あの人と一緒にいると気まずくなる」といった表現が挙げられるでしょう。

気まずいと気まづいどっちが正しい?

Question Mark Why Problem - Free photo on Pixabay (481765)

「気まずい」と「気まづい」はどちらが正しいのかよく分からないという方もおられることでしょう。そこでここではこの疑問についてチェックしておきましょう。

結論から言うならば、「気まずい」が正しく「気まづい」は間違ったものになります。その証拠に、スマホやパソコンの漢字変換で、「きまずい」と入力したものの「木間づ位」などと上手く変換できずに困った経験はないでしょうか。

そもそも、気まずいとは気持ちや気分を意味する「気」と、よくない状態を意味する「まずい」の二つの語から成り立っています。

「まつい」という言葉では、悪い状態を意味することはできませんし、そもそもそのような意味の日本語は存在しません。

気まずい人の特徴とは?どんな人と気まずくなる?

Women Sad Alone - Free photo on Pixabay (481766)

みなさんは、どんな人に対して気まずさを感じるでしょうか。人によって気まずく感じる相手はさまざまとは言え、気まずいと感じる人には共通するパターンが見て取れるのもまた事実です。

そこでここからは、気まずく感じやすい相手や気まずい人ならではの特徴について詳しく解説していきます。自分が気まずいと感じれば、そのネガティブな感情が相手にも伝わり、相手もあなたに対して気まずさを感じるようになるものです。

気まずい相手だからと言って、必要以上に距離を取ったりしないように心がけたいものでしょう。

好きな人

Hands Love Couple - Free photo on Pixabay (481767)

気まずいと感じやすいパターンとしてまず挙げられるのが、好きな人です。とりわけ恋愛経験が少ない人の場合、好きな相手の前だと緊張してぎこちなくなってしまったり、恥ずかしさを覚えてしまいがちです。

言うなれば、相手を意識しているからこそ、いつも通りの振る舞いができず意識しすぎてしまい、気まずい思いをしてしまうのです。

いわゆる「好きよけ」のように、相手のことが好きなのに気持ちとは裏腹の行動を取ってしまうという天邪鬼な方も意外と多いのではないでしょうか。

また、好きな気持ちを相手に気取られたくないという思いからつい相手に興味のないふりをしてしまったり、逆に相手に好かれたいという気持ちが強すぎて行動が空回りしてしまい、気まずさを感じてしまうこともよくあるでしょう。

別れた人

Breakup Divorce Separation - Free photo on Pixabay (481769)

別れた相手も、気まずく感じやすい人として挙げられるでしょう。恋人だった時は蜜月ムードでラブラブだったとしても、別れたならば赤の他人になるものです。

別れるとは、多くの場合相手に対する愛情がなくなったり、喧嘩や浮気など別れにつながるネガティブな「事件」があったからにほかなりません。

つまり、良好な関係を築けなかったからこそ別れを選ぶのであり、そのような相手に気まずさを感じるのは致し方ないでしょう。

円満な別れ方ではなく喧嘩別れなどをしてしまった場合は、何年経っても元恋人に会うのは気まずく感じるものです。

友達

Dog Cat Pets - Free photo on Pixabay (481770)

意外なように思われるかもしれませんが、実は少なからぬ人々が友達に対しても気まずさを感じています。この場合の友達とは、気心の知れた昔からの友達や親友ではありません。

気まずさを感じるのは、最近知り合ったばかりでたいして仲のよくない「友達」です。お互いにそこまで相手のことを知らず、「知り合い」レベルと大差ない友人関係の場合は、共通項を見つけることができず会話のネタに困りやすいでしょう。

頑張って会話を弾ませようと努力するものの空回りしてしまったり、会話が途切れて沈黙状態になってしまい、気まずさを感じたという経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

彼氏

Couple Together Holding Hands - Free photo on Pixabay (481772)

気まずく感じやすいパターンのひとつに、彼氏も含まれるでしょう。特に付き合いたての頃は、彼氏に対してまだ気恥ずかしさがあるものです。

気恥ずかしさゆえに彼氏の前でぎこちなくなってしまい、また彼氏もあなたの前で緊張して自分らしさを出すことができず、お互いにぎこちなく感じることでしょう。

このように良い意味での気まずさもあれば、悪い意味での気まずさもあり得ます。たとえば喧嘩をした後は、しばらくの間はわだかまりから気まずく感じるものです。

また、倦怠期を迎えると彼氏に対してどのような態度で接していたのか、どのような気持ちを持っていたのかを思い出せず、一緒にいると気づまりで気まずさを感じることでしょう。

職場の人

Women Teamwork Team - Free photo on Pixabay (481774)

職場の人に対しても気まずく感じやすいでしょう。職場の人とは仕事をするだけの関係であり、たいして親しくもないという方も多いはずです。

業務以外コミュニケーションをとる必要がない場合、相手の好みや性格について全く把握することができていません。たまたま帰り道が一緒になった時、共通の話題が見つからず気まずい思いをしやすいでしょう。

また、最近ではプライバシーへの配慮からパートナーの有無や住んでいる場所などについて聞くのはNGとされているため、そうなると何を話していいか分からず、余計に会話のネタに困って気まずくなってしまいます。

好きな人と気まずい関係になる理由

People Man Woman - Free photo on Pixabay (481776)

1 / 5

関連する記事 こんな記事も人気です♪