プルースト効果で記憶が呼び戻される?この効果の意味と活用方法

香りを嗅いだことにより昔の人や過去の出来事を思い出した経験が誰しもあるのではないでしょうか。このような現象を「プルースト効果」と言いますが、勉強やダイエット、恋愛など様々な場面で活用ができます。プルースト効果の意味や活用方法などについてご紹介していきます。

選ぶ匂いは、複雑な匂いよりもシンプルな匂いにすることが、プルースト効果を得やすくなる方法ですが、香水を身につける場合には、単純な匂いのものを身にまといましょう。

複雑な香りですと、時間の経過とともに匂いが変化しますので、複雑なものや大きく香りが変化する香水は避けましょう。変化してしまうと、特定の匂いとして記憶に残りにくくなり、ぼやけてしまう可能性があります。

ですので、単純な匂いの香水を身にまとい、その匂いとの結びつきを強くしていきましょう。

場所に合わせて香水を使い分ける

Rosa Perfume - Free photo on Pixabay (477488)

プルースト効果を活用していくには、場所に合わせて香水を使いわけていきましょう。常に同じ香水の場合、どの場面でも同じ匂いですので、どれもが同じくらいの記憶の残り方になってしまいます。

ですので、場所に合わせて香水を身につけましょう。たとえば、デートのときと仕事のときの匂いを分けたり、ときには場面によってヘアフレグランスやボディミスト・フレグランスだけにしたりなど、香水や匂いを使い分けることによって、その場面と匂いとを結びつけやすくなります。

自分自身を思い出させたい場合は同じ香水

Young Woman Flowers Bouquet - Free photo on Pixabay (477492)

プルースト効果を得るために、場所によって香水を使い分けることで、その場所と匂いを結びつけていく活用のやり方がありましたが、自分自身を思い出させたい場合には同じ香水をつけましょう。

特定の香水だけを身にまとうことで、その匂いと自分自身とを強く結びつけることができます。そのことにり、その香水の匂いを嗅ぐと、あなたを思い出させることができます。

ですので、同じ香水を身にまとうことで、「香水の匂い=あなた」というイメージとして思い出させるようにしていくことができます。

プルースト効果の活用方法

Aromatherapy Perfume Herbal - Free photo on Pixabay (477493)

料理やタバコの匂いで思い出したり、昔の恋人と同じ香水の匂いを嗅ぐことで、昔の恋人を思い出したりなどのように、プルースト効果には様々な例があります。

実際に香りを使って活用する場合には、どのような方法があるのでしょうか。香りを使って様々な場面で活用してみましょう。プルースト効果の活用方法についてご紹介していきます。

記憶したい時に香りを使う

Notebook Work Girl - Free photo on Pixabay (477496)

プルースト効果の例にあるように、プルースト効果は勉強にも使えるとう実験結果があります。ですので、この効果を利用して何か覚えたいものがある場合には、特定の香りを嗅ぎながら覚えていきましょう。

そして、アウトプットするときにも特定の香りを嗅ぐようにすることで、記憶をしていきやすくなります。ですが、一度では覚えられないこともあるかもしれません。

記憶していくには、繰り返すことで定着していきますので、記憶したいときとアウトプットするときに特定の香りを使うことで、より早く記憶していきやすくなります。

集中力を高めたいときに香りを使う

Office Startup Business Home - Free photo on Pixabay (477501)

香りには様々な作用がありますし、人それぞれ匂いにたいしての感じ方も違います。そのため、自分に合った匂いのものを使うことでプルースト効果を活用していくこともできます。

匂いには落ちつく香りがあるように、集中力を高めやすくすることもできます。ですので、勉強や作業など何かに取りくむ際に香りを使うことで、集中力を高めることができます。

また、集中力だけでなく良い匂いや好きな香りを嗅ぐことで精神的にも安らぎますので、心もリラックスすることもできます。

人が機嫌の良いときに香りを使う

Couple African Happy - Free photo on Pixabay (477502)

プルースト効果には、人が機嫌の良いときに香りを使うという活用方法もあります。人には感情がありますので、機嫌が良いときもあれば悪いときもあります。

ですので、相手の機嫌が良いときに特定の匂いをさりげなく嗅がせておきます。そして、その相手の感情が高ぶったり機嫌が悪くなった際に、その香りを嗅がせることで、良い気分のときのことを思い出し落ちつかせることができます。

このように、機嫌が良いときのことと結びつけることができますので、恋人やパートナーとケンカした場合には、さりげなく香りを漂わせてみましょう。

ダイエットに活用する

Woman Body Slender - Free photo on Pixabay (477505)

プルースト効果は、ダイエットにも活用していくことができます。満腹のときに特定の匂いを嗅ぎ、食欲が抑えられないときにその匂いを嗅ぐようにすることで、ダイエット効果にも繋がります。

その特定の匂いを嗅ぐことで、満腹のときの感覚がよみがえりますので、何だかお腹がいっぱいになった感覚がしてきます。

このように、プルースト効果はダイエットにも繋げれますので、上手に活用していくことで楽しくダイエットができるのではないでしょうか。

また、アロマですと身体に塗ることができますので、身体の手入れもしながら食欲を抑えることもできます。

パニック障害の症状を和らげる

Spring Tree Flowers - Free photo on Pixabay (477514)

パニック障害でのプルースト効果には、落ちつきを取り戻すことを目的としています。人にはそれぞれ落ちつく匂いというのがあります。

ですので、落ちつく匂いが、ある花の匂いだったり果物の匂いだったりのように、人によって違います。そのため、自分が落ちつく匂いのものを嗅ぐことでパニック障害の症状を和らげることができます。

パニック障害とは、混乱がピークになることで起こる精神的な症状ですので、匂いを用意しておくことで気持ちを落ちつかせ症状を軽減させることができます。

普段からハンカチなど持ち物に、自分が落ちつく匂いを染み込ませておき、サッと取り出せるようにしておきましょう。

感情を落ち着かせるために使う

Perfume Aroma Bottle - Free photo on Pixabay (477708)

プルースト効果は、パニック障害で活用できるように、感情を落ちつかせるために使うことができます。そのため、パニック障害だけではなく、日々の生活のなかで感情が乱れたときに特定の香りを嗅ぐことで、落ちつかせることもできます。

ですので、自分が好きな香りや落ちつく香りを嗅ぐようにしていきましょう。また、楽しいときや嬉しいときなどに嗅ぐようにしておくと、プルースト効果でそのような記憶と結びつけることができ前向きにもなります。

一つだけではなく、数個をそのときの気分に合わせて使い分けるのもいいのではないでしょうか。

人に自分を覚えさせたいとき

Girl Fashion Makeup - Free photo on Pixabay (477524)

3 / 4

関連する記事 こんな記事も人気です♪