年相応になる方法とは?年相応に見えない人の特徴や年相応の意味とは

年齢にそぐわない服装やヘアメイクをすると若作りをしていると思われてしまいかねません。この記事では年相応になるためのファッションのポイントについて徹底解説しています。また併せて、年相応に見えない人の特徴についてもご紹介しているのでぜひご覧ください。

目次

年相応の意味とは?

Dictionary Focus Book - Free photo on Pixabay (475153)

年相応の服装やヘアメイクをしている女性は、一般に世間から好印象を持たれやすいと言えます。そこでここではまず、年相応という言葉の意味について確認しておきましょう。

年相応とは、「この年代ならばこのような外見や振る舞いであるべきだ」と世間が漠然とその年代に抱いているイメージや期待感を表す言葉です。

たとえば、ミセス世代の女性ならば、大人の女性にふさわしい落ち着きや品のある服装や行動が「年相応」のものとして求められるでしょう。

Hairdresser Woman Barber Supplies - Free photo on Pixabay (476110)

ちなみに、年相応の反対の状態を意味するのが「年甲斐もない」や「若作り」という言葉です。年相応の見た目の女性が多くの人に好印象を与えるのに対し、若作りな女性は「痛々しい」「若さに執着してみっともない」と否定的な印象を与えてしまいかねません。

この記事では年相応に見えない人の特徴や年相応になるコツ、あるいは年齢にとらわれない生き方をする方法などについてご紹介しているので、ぜひ最後までご覧になってください。

年相応に見えない人の特徴【ファッション・服装編】

Girls Blue Sky White - Free photo on Pixabay (475158)

「年相応」とは、一般的にはポジティブな文脈で使われる言葉です。反対に、年相応に見えないということは、言い換えるならば年甲斐もなく若作りをしてしまっているということであり、世間一般では白い目で見られる対象だと言えるでしょう。

そのような状態になってしまわないためにも、ぜひこの機会に年相応に見えない女性の特徴について知り、それを反面教師としておきたいところです。

ここからは年相応に見えない女性のファッションや服装の特徴についてご紹介していきますので、ぜひチェックしてみてください。

ミニスカートを使ったセクシーコーデ

Cute Girl Skirt - Free photo on Pixabay (475159)

年相応に見えない女性の特徴としてまずご紹介したいのが、大胆にもミニスカートを使ったセクシーコーデをしているということです。

世間一般では、ミニスカートは10代や20代の若い女性だからこそ似合うアイテムだというイメージが根強いものです。また、年を取れば取るほど膝小僧にたるみが出たり太ももにセルライトが目立つようになるため、ミセス世代のミニスカートは好ましくないとされています。

ミセス世代の年相応のスカートファッションとは、膝丈や膝丈下のスカートであって、ミニスカートを着用すれば一気に痛々しい若作り感が出てしまいかねません。

ガーリーコーデ

People Woman Fashion - Free photo on Pixabay (475160)

ガーリーコーデを好むというのも、年相応に見えない女性によくあるファッションの特徴として挙げられるでしょう。たとえば、ピンクやパステルカラーばかり好む女性は、自分ではそのつもりはなくとも、年甲斐もないガーリーコーデになっていることがあります。

また、10代の少女が好むようなフリルやリボン、レースがたくさん使われた服や小物ばかり取り入れていると、若さに執着しているような若作りファッションになってしまいかねません。

トレンドを意識し過ぎたコーデ

Fashion Beautiful Woman - Free photo on Pixabay (475162)

年相応に見えない女性の特徴のひとつとして、トレンドを意識しすぎたコーデも挙げられるでしょう。もちろんトレンドを取り入れることは決して悪いことではありませんが、それには限度というものがあります。

若い10代の女性が全身トレンドアイテムでかためていてもそれほど痛々しさはありませんが、ミセス世代の女性が全身トレンドファッションに身を包んでいると「トレンドに振り回されて痛々しい」と思われてしまうでしょう。

というのも、ミセス世代の女性はトレンドに振り回されず、自分に本当に似合うファッションを知っているべきだと世間から見なされているからです。

年相応に見えない人の特徴【性格編】

Beautiful Girl Woman - Free photo on Pixabay (475163)

年相応のファッションに身を包んでいたとしても、その性格が子供っぽいのならば年相応の女性だとは決して言えないでしょう。

若作りファッションをしている女性ならば、見た瞬間に年相応でないことが分かります。ですが、服装が年相応であるのに中身がそれに伴っていないのならば、「落ち着きのある大人の女性だと思っていたのに、幼稚な性格でがっかりだ」と余計に悪い印象を与えてしまいかねません。

ここからは、そんな年相応に見えない人のNGな性格上の特徴をご紹介していきます。

ぶりっ子

Pizza Girl Portrait - Free photo on Pixabay (475179)

年相応に見えない人の性格の特徴としてまずご紹介したいのが、ぶりっ子であるということです。ぶりっ子が許されるのは、せいぜい10代、遅くとも20代前半まででしょう。

ミセス世代の女性がミスをして「てへっ」と舌を出して照れ隠しをしたのならば、それは多くの人にとって嫌悪感の対象となるでしょう。

ぶりっ子をするということは、年甲斐もなく「可愛く見られたい」と考えているからです。茶目っ気のある大人の女性は素敵ですが、ぶりっ子な大人の女性は若作りおばさんと蔑まれてしまいかねません。

すぐに写メを撮る

Selfie Photo Self-Photo - Free photo on Pixabay (475164)

年相応に見えない女性の特徴のひとつとして挙げられるのが、何でもかんでもすぐに写メを撮りたがるということです。

旅行に行って素敵な風景を撮影するならば普通のことですが、年相応に見えない女性は特に写メに撮る必要性もない日常的なものであっても、所かまわず写メを撮りまくります。

そのような行動に、「年甲斐もなく落ち着きがない」「みっともない」と眉をひそめる人も当然いることでしょう。特に外で食事をした時、料理が出てくるたびにパシャパシャ写メを撮りまくる女性は、決して年相応に見られないです。

テンションが常に高い

Fitness Jump Health - Free photo on Pixabay (475165)

テンションが常に高いというのも、年相応に見られない女性にありがちな特徴でしょう。もちろん、明るく元気な性格をしているのは褒められるべきことです。

ですが、時と場所を考えず、また一緒にいる相手の気持ちに一切配慮することなく常にテンションが高く振る舞うならば、それは迷惑な行為であり大人げなく年甲斐もないと言えるでしょう。

このような女子絵は、口を大きく下品に開けてげらげらと大笑いしたり、まるでチンパンジーのように手を激しく叩いては笑いを大げさに表現しがちです。

また、いちいちリアクションが大きく、仕草が大げさなため人によっては「気に障る」と嫌がられることもあるでしょう。

1 / 4

関連する記事 こんな記事も人気です♪