逆トイレトレーニングとは?おむつに排尿する特訓の仕方と成功のコツ

逆トイレトレーニングをご存知ですか。その名の通り、トイレトレーニングの逆の方法になります。逆トイレトレーニングを成功させるやり方や、おむつの選び方、さらには逆トイレトレーニングを治す方法もご紹介します。おそらく興味がある人がいるはずです。

目次

逆トイレトレーニングって?

 (626155)

逆トイレトレーニングという言葉を聞いたことがありますか。トイレトレーニングは多くの人が知っているでしょうが、そのトイレトレーニングに逆を付けるとどういった意味になるのか分からないという人が多いかもしれません。

逆トイレトレーニングとは、紙パンツを履いた状態であえてそのままおしっこをすることです。一見すれば、おしっこを漏らしているだけに感じますが、この方法が特別な意味を持っているのです。

逆トイレトレーニングの方法やその効果、更には成功させるコツなどについて解説します。ただし、逆トイレトレーニングはとても特別な訓練です。

生半可な気持ちで実行することではありませんので、必ず良く考えてから行うようにしましょう。

そもそもトイレトレーニングとは

 (626156)

そもそも、トイレトレーニングとはどういった方法なのでしょうか。トイレトレーニングについて、いまいち理解できていない人は多いでしょう。

これから子供ができて、トイレトレーニングをしなければならなくなるタイミングは、必ず訪れます。

幼児がおむつから卒業できるようにする

 (626158)

トイレトレーニングとは、つまり幼児がおむつから卒業できるようにするトレーニングのことです。幼児がおむつから卒業させるのは簡単なことではありません。

時間もかかりますし、何より何度も失敗を繰り返してしまうでしょう。シーツをおねしょで汚してしまうことも多々あるはずです。こうしたことを繰り返して、トイレトレーニングを成功させるのです。

また、幼児の場合にはおまるなどを使ってトイレトレーニングをする場合もあります。既存のトイレに幼児用のトイレをセットしてトイレトレーニングを行う方法も最近では増えてきました。

親として、トイレトレーニングはとても大変な、必ず通らなければやならない儀式のようなものなのです。

ペットもトイレトレーニングがある

 (626159)

トイレトレーニングと聞けば、ペットをイメージする人も多いかもしれません。ペットも人間の幼児のようにトイレトレーニングをしてあげれば、トイレの仕方を覚えます。

とくに、家の中で犬や猫のペットを買うときには、このトイレトレーニングは必須です。反対にトイレトレーニングをしておかないと、部屋の中が糞尿で大変なことになるでしょう。

人間と同じようにペットへのトイレトレーニングも大変ですが、このトレーニングも必ず通る道なのです。ペットにトイレを覚えさせなければ、とくに家の中では大変なことになります。

逆トイレトレーニングとは

 (626162)

では、逆トイレトレーニングとはどういったことでしょうか。一見すれば、トイレトレーニングの逆なので、トイレトレーニングをしないように感じるかもしれません。

逆トイレトレーニングについてご説明いたします。

おむつに排泄出来るようにする

 (626163)

逆トイレトレーニングとは、少し驚くかもしれませんが、あえて履いているおむつに排泄出来るようにする訓練なのです。こう聞けば、おむつに排泄物をもらしているかのように聞こえますが、決してそういったことではありません。

おむつにあえて排泄することは、実はとても難しいのです。今まで経験がない人は分からないかもしれませんが、おむつにもらしてしまうのではなく、自分の意思でおむつに排泄物を出すというトレーニング方法になります。

おそらく、普通の人であれば何の意味があるのか疑問に感じるでしょう。しかし、中にはこの逆トイレトレーニングを必要としている人がいるのです。

おそらく、逆トイレトレーニングを必要としているのは、男性よりも女性の方が多いかもしれません。

トイレトレーニングの逆

 (626164)

まさに、逆トイレトレーニングとは、トイレトレーニングの真反対のトレーニングなのです。逆トイレトレーニングなので、通常のトイレトレーニングとは真反対の方法になるのです。

しかし、真反対の方法でトイレトレーニングを行うことは、最初はとても抵抗を感じるはずです。抵抗だけではなく、強い違和感も感じることになるでしょう。

更に、大人になってこうしたトイレに関するトレーニングを行うとなると、かなりの勇気と強い意識が必要になってくるでしょう。さらには、逆トイレトレーニングなので、排泄をトイレで行うのではなく、そのまましたいときにしたい場所で行うトレーニングになりますので、間違いなく強い違和感を感じることになります。

近い目標はどんな体制でも自然に排泄を

 (626166)

まず、目先の目標はどんな体制でも自然な排泄ができることです。これが簡単なようで意外に難しいのです。

とくに、大人になり、排泄はトイレで行うとものだと自分で認識している状態から、急におむつを履いているとは言え、その状態で排泄することには強い抵抗を感じるでしょう。しかし、トレーニングを繰り返していけば、不思議とおむつで排泄することに対して抵抗を感じなくなってくるのです。

これが成功ですが、成功させるためには、まずはどんな体制でも自然な排泄が行えるようにすることなのです。おそらく、大抵の人はそれは簡単なことだと思うかもしれません。

排泄をしたいときに、したい場所で行えるのですから、これほど簡単なことはないと思うでしょう。しかし、実際に行ってみれば分かりますが、これがとても難しくて大変なトレーニングなのです。

最終的な目標は無意識下での排泄

 (626167)

最終的な逆トイレトレーニングの目標は、無意識下での排泄ができることです。無意識化での排泄とは、自分で排泄したいと考えることなく、まさに無意識で排泄させることです。

つまりは、おねしょと一緒の状態ということです。おねしょは寝ているときに、無意識化で排泄しています。逆トイレトレーニングも、こうした無意識で排泄できるようにさせることが最終的な目標となるのです。

ただし、完全に無意識下で排泄ができるようになるには、かなりの時間がかかってしまいます。今まで通常のトイレトレーニングにより、正しいトイレのやり方を体に教え込んできたので、急にその反対のことを体に覚えさすのは膨大な時間がかかってしまうのです。

逆トイレトレーニングのやり方

 (626168)

1 / 4

関連する記事 こんな記事も人気です♪