2019年9月12日 更新

逆トイレトレーニングとは?おむつに排尿する特訓の仕方と成功のコツ

逆トイレトレーニングをご存知ですか。その名の通り、トイレトレーニングの逆の方法になります。逆トイレトレーニングを成功させるやり方や、おむつの選び方、さらには逆トイレトレーニングを治す方法もご紹介します。おそらく興味がある人がいるはずです。

目次

また、逆トイレトレーニングを成功させるには、脱力感も大切になります。脱力感を意識して、体に無理な力を与えることなく自然な状態に身を任せることを意識してみましょう。

おそらく、逆トイレトレーニングをなかなか成功させることができない人は、常に体のさまざまな部分に意識を集中し過ぎているのです。そうした意識を全て脱ぎ捨てて、あえて脱力感を体に与えることで逆トイレトレーニングはすんなり成功する場合があります。

脱力感と聞けば、とても難しいことをするように感じますが、単純に体の力を抜けば良いのです。全身の力を抜いて、まさに脱力感になっている状態をあえて作ります。

そうすれば、自然におむつに排泄ができるようになるでしょう。

最初は慣れた体勢で

 (626181)

そして、最初から無理な体制で逆トイレトレーニングを行うことは避けるようにしましょう。最初は慣れた大勢で逆トイレトレーニングを行うことが基本なのです。

最終的には無理な体制でも排尿ができるようにすることが目的になりますので、早めに慣れておこうとして最初から無理な体制で実行する人がいますが、これではハードルが高過ぎる状態になり、逆トイレトレーニングは失敗しやすくなるでしょう。

まずは排尿しやすい慣れた大勢から進めていくことが重要なポイントなのです。

1回1回長い間が開かないように

 (626184)

また、逆トイレトレーニングをするときには、1回1回感覚があまり開かないようにすることも大切です。1回目の排尿から感覚が開いてしまえば、次におむつに排尿をするときに違和感が生まれてしまいます。

大切なことは、排尿の感覚をできるだけ開けないことです。体に早めに覚えさせるためには、短い感覚で逆トイレトレーニングを実行することなのです。始めた当初はなかなかそういった感覚にはなれのかもしれませんが、慣れてくればおむつに排泄することも違和感がなくなります。

じっくりと習慣化をしていく

 (626186)

何より大切なことは、じっくりと時間をかけて習慣化していくことです。今までトイレで排泄することに慣れてしまっていれば、おむつに排泄することは当分は違和感があるはずです。

無理に逆トイレトレーニングを進めていくのではなく、あくまでもじっくりと習慣化していくことを意識することが大切なのです。週間付けれ、逆トイレトレーニングも知らず知らずに成功して行くでしょう。

焦ってしまう気持ちは誰でも現れます。そうした気持ちをこらえて、徐々に進めて行きましょう。

テープおむつを使用する

 (626187)

また、あえてテープタイプのおむつを使用することも大切です。一般的なおむつの場合、どうしてもパンツを履いているという感覚に近くなり、逆トイレトレーニングが失敗してしまうことがあるのです。

そうならないためには、しっかりと逆トイレトレーニングをしているのだという意識付を行うために、あえてテープタイプのおむつを使用するようにしてみましょう。また、テープタイプのおむつは、慣れれば意外に交換しやすいです。

慣れるまでは少し大変かもしれませんが、慣れれば違和感なく使えます。

逆トイレトレーニングの注意事項

 (626190)

逆トイレトレーニングですが、実は注意事項もあります。とくに注意することはないと思っている人も多いかもしれませんが、安全に、そして完璧に逆トイレトレーニングを成功させるためにも、逆トイレトレーニングの注意事項を必ず確認しておきましょう。

香りの強いものや肉は避ける

 (626191)

まず、香りの強いものや肉は避けるようにしましょう。香りの強いものが近くにあれば、逆トイレトレーニングを行うときに違和感を感じてしまいます。

すんなりと、自然な感覚で逆トイレトレーニングを行うには、香りの強いものは避けることが鉄則です。なかなか環境が整わないという人は、逆トイレトレーニングを成功させるためにも、まずは環境を整えることを徹底しましょう。

最初は誰でも違和感がありますが、徐々にその違和感からも開放されます。

下半身の毛を剃るとより衛生的

 (626194)

また、男性も女性も逆トイレトレーニングを行うときには、できるだけ下半身の毛を剃るようにしましょう。おむつをしていても、どうしてもそのまま排泄することは不衛生です。

下半身に毛があることで、不衛生になりやすくなり、酷いときには病気になってしまうこともあるでしょう。そうしたことを防ぐためには、下半身の毛を剃るという対策が意外に有効なのです。

早めに対処しておけば、大きなトラブルが発生することを防ぐことができます。

横漏れはなかなかしないので気にしない

 (626195)

また、逆トイレトレーニングを行い始めて、まず最初に抵抗を感じるのは意外に横漏れの心配なのです。おむつを履いていると、誰でもこの横漏れが起こるのではないかと心配してしまいます。

しかし、意外にこの横漏れは起こりません。最近のおむつはとても良くできていますので、気になる横漏れはほとんど起こることはありません。

そのため、この横漏れは気にすることなく逆トイレトレーニングを行いましょう。横漏れするかもしれないと考えながら逆トイレトレーニングを行うと、イメージ通りに進めることはできないでしょう。

ベビーパウダーを使えばより快適に

 (626196)

また、ベビーパウダーも上手に活用してみましょう。おむつはどうしても何度も繰り返して使ってしまえば、肌に違和感を感じてしまいます。

違和感を感じてしまえば、逆トイレトレーニングを諦めてしまいたくなりますので、おむつと肌が当たる部分にベビーパウダーを使い、快適に逆トイレトレーニングが行えるようにしましょう。ベビーパウダーを使用すれば、快適さが格段にアップします。

途中からベビーパウダーを使用するのではなく、逆トイレトレーニングを行う当初からベビーパウダーは上手に活用してみましょう。

3 / 4

関連する記事 こんな記事も人気です♪