2019年9月12日 更新

逆トイレトレーニングとは?おむつに排尿する特訓の仕方と成功のコツ

逆トイレトレーニングをご存知ですか。その名の通り、トイレトレーニングの逆の方法になります。逆トイレトレーニングを成功させるやり方や、おむつの選び方、さらには逆トイレトレーニングを治す方法もご紹介します。おそらく興味がある人がいるはずです。

目次

男性は注意が必要

 (626197)

男性は逆トイレトレーニング時には注意が必要です。女性の場合には、自然な体制で排尿しやすくなりますが、男性の場合には体の構造上、なかなか馴染まないでしょう。

そのため、女性よりも男性も方が逆トイレトレーニングの成功には時間がかかってしまいます。おそらく、逆トイレトレーニングを実行するのは男性よりも女性の方が多いのではないでしょうか。

男性の場合には、意識的にも、そして普段排尿している体制的にもなかなか体に馴染まないと感じることになるでしょう。

数ヶ月から数年かかる

 (626198)

そして、何より注意しておくべきことは、逆トイレトレーニングを成功させるには、長期間必要になるということです。どうしても逆トイレトレーニングは、トイレではなくその場で排泄するのだから簡単と思ってしまいますが、これがとても難しいことなのです。

逆トイレトレーニングの成功は、無意識で排泄できるようになることです。つまり、寝ているときでも、トイレで目が覚めることなく、そのまま漏らすことができるようになるのが成功なのです。

ここまで来るには、とても長い年月が必要になるでしょう。

逆トイレトレーニングの治し方

 (626199)

しかし、逆トイレトレーニングが成功しても、いつまでもその状態でいるわけにはいきません。逆トイレトレーニングに成功した人の中には、治らなくなってしまったという人も少なくないのです。

逆トイレトレーニングの治し方も覚えておく必要がありますので、しっかりとチェックしておきましょう。

排泄はトイレだけと身体に覚え込ませる

 (626200)

まず、基本的なことですが、排泄はトイレだけと身体に覚え込ませましょう。簡単で、当たり前のように感じるかもしれませんが、逆トイレトレーニングに成功したときには、この当たり前の感覚はなくなっています。

そのため、こうしたことをまた一から身体に叩き込ませることは時間がかかるのです。そのため、逆トイレトレーニングを治すには、基本的には時間がかかると思っておきましょう。

酷い人は、逆トイレトレーニングを治すことができず悩んでいる人もいるのです。そうならないように、まずは自分の意識から変えていきましょう。

最初はおむつを利用したままで

 (626206)

また、逆トイレトレーニングを治すには、最初はおむつを着用した状態から始めましょう。おそらく、急におむつを外した状態で始めてしまえば、そのままパンツにもらしてしまうことになります。

後々、大変なことになりますので、まずはおむつを付けた状態で徐々に体を慣らしていきましょう。おむつを付けた状態でトイレでできるようになっても、寝ているときにもらしてしまう可能性もあります。

トイレで排泄できるようになっても、しばらくはおむつで様子を見るようにしましょう。

トイレトレーニングをする

 (626207)

今までは逆トイレトレーニングを実行していたかもしれませんが、それをトイレトレーニングに変えていく必要があります。トイレトレーニングは、まさに子供が行うようなトレーニングになりますので、治していく当初はとても違和感を感じることになるでしょう。

しかしこれも逆トイレトレーニングをためです。どうしても通常のトイレトレーニングは時間がかかってしまいますが、時間がかかってでも根気よくトレーニングを継続していきましょう。

また諦めないことも大切です。もう一般的なトイレの仕方はできないと諦めるのでなく、根気よく行っていきましょう。

おねしょだけしたい人はベッドの上を排泄場所に

 (626203)

そして、もしおねしょだけしたいという人は、ベッドの上でのみ排泄をするようにしましょう。体はとても正直です。

その場所が排泄場所だと思い込めば、その場所以外では体が違和感を感じるようになっているのです。そのため、逆トイレトレーニングをおねしょだけにしたいというときには、ただベッドの上でのみ排泄をすればよいのです。

難しく考えるのではなく、シンプルに考えてみてください。そうすれば、体がそのように覚えてくれます。

治すときにも同じように、体に覚えさすのです。それでも難しいと感じるときには、逆トイレトレーニングを治すという発想ではなく、トイレトレーニングにより、トイレの仕方を覚えるという考えに変えてみましょう。そうすれば、自然と体は覚えていきます。

逆トイレトレーニングは継続が大事

 (626204)

逆トイレトレーニングを覚えたいという人はいるのです。しかし、その具体的な方法を理解している人は意外に少ないでしょう。

逆トイレトレーニングを実行することは簡単なことではありません。時間がかかるだけではなく、さまざまなリスクもあるのです。

それでもどうしても逆トイレトレーニングを行いたいという人は、まずは根気よく時間をかけて行っていきましょう。逆トイレトレーニングは、半年以上は間違いなくかかり、数年かかってしまう人も珍しくありません。

徐々に体に覚えさすように根気よく行っていきましょう。そうすれば、きっと逆トイレトレーニングは成功させることができます。

4 / 4

関連する記事 こんな記事も人気です♪