2020年6月23日 更新

締まりがいい女性の基準や特徴は?締まりが良くない人の対処法も

男性の皆さんは、どんな女性とセックスするのが気持ちいいですか?タイプのルックスであったり、胸やお尻の形など、人それぞれに基準があります。しかし、共通するのは膣の締りがいいと気持ちいいということです。締りの良い人の特徴、締りを良くする方法などをご紹介します。

Virgin Signs Of The Zodiac - Free vector graphic on Pixabay (518492)

処女であると聞くと、男性は「この女性は締りがいいのだな」と思います。処女は、まだ男性とのセックスをしたことのない女性のことです。女性の膣の入り口には、処女膜と呼ばれるひだのようなものがあり、ペニスが挿入されることによってそれが広がり、だんだんとスムーズにペニスが挿入されるようになります。

処女はまだ入り口がとても狭いので、必然的に締りの良い状態です。また、処女ではなくとも、処女喪失したばかり、まだ性経験が少ないという女性も、まだ大きく広がっていないということで、締りが良いと感じる男性が多いです。

締まりを気にしている女性は多い

Hatena Think About Question The - Free image on Pixabay (518493)

男性は、女性の膣の締りにこだわりを持っています。その一方で、女性は自分の締りを気にしてしまいます。締りが悪くて、セックスで失敗をしてしまった女性もいます。その体験談をご紹介していきます。

膣を締めすぎて痛い

Testicles Testicular Cancer Penis - Free photo on Pixabay (518495)

彼氏に、膣の締りがよくない、と言われてしまった女性は膣の締りをよくするためのトレーニングをしました。いわゆる「膣トレ」ですが、ネット上などにたくさんの方法が紹介されています。

やり方を調べて、彼のために真面目にトレーニングを重ねました。そうして、セックスに臨んだのですが、トレーニングの成果は想像以上に出ていました。締りが良くなったどころか、今度は締めすぎて痛いくらいになってしまったのです。初めは耐えてピストンをしていた男性も、「痛い痛い!」と叫んでしまい、セックスを中断することになってしまいました。

膣を締めるのも、加減が必要だということです。

膣が緩すぎて失敗

Tube Pipe View - Free photo on Pixabay (518496)

膣を締めすぎるのもペニスが 痛くなってしまいますが、膣が緩すぎてもセックスは気持ちよくなりません。この女性は、膣の緩さを気にしており、彼氏とセックスするときは、緩すぎて全く気持ちよくなりませんでした。

緩すぎて、ペニスが膣の壁にこすれることなくお互いに何も感じませんでした。ただ穴をペニスがすっと通過するような感じです。当然男性は射精にまで達しませんし、女性も気持ちよくありません。

結局、正常位でプレイしながら女性が男性の乳首を触り、男性は、女性にキスをしたり、クリトリスを触ることで射精にまで到達しました。

締まりが緩くても男性を興奮させる体位

Man Board Drawing - Free photo on Pixabay (518498)

膣の締りは、女性の体格や体質など、どうにもならないことによる場合もあります。しかし、そのような場合でも男性を満足させることを諦める必要はありません。

セックスの体位で男性を興奮させることができるのです。ここでは、締りが悪くても男性を興奮させる体位をご紹介していきます。

正常位

Statue Sculpture Art - Free photo on Pixabay (518499)

一つ目は正常位です。この体位は、セックスにおいて最もオーソドックスな体位でもあります。ベッドなどに女性が仰向けになり足を広げ、その上に男性が覆いかぶさるようにしてペニスを挿入します。二人が正面で向き合い、キスをしたり、見つめ合ったりすることが最も容易な体位です。

挿入時の密着感と全身が多く触れあうことが、正常位の特徴です。男性は、女性の胸を触ったり、顔を見ることもできるので、挿入の気持ちよさだけではなく、五感で興奮することができます。

騎乗位

Feet Bed Sleep In - Free photo on Pixabay (518501)

騎乗位は、正常位とは反対に女性が主導権を握る形になる体位です。やり方は、仰向けになった男性の上に女性がまたがり、膣にペニスを挿入し、女性が上下や前後に動くことでペニスをしごくようにします。

男性は、女性の胸が揺れる様子や、性器が濡れて出し入れされる様子を見ることができるので、視覚的に興奮が高まります。また、男性が動くことなく、快感を感じられることや、女性が自ら快感を求める様子が興奮を高めます。

普段は男性主導でセックスをするカップルや、責められたい、M気質の男性はこの体位を試してみてください。正常位とは全く違った感覚を味わうことができます。

屈曲位

Bed Sleeping Couple - Free photo on Pixabay (518502)

屈曲位は、正常位の一つと数えられる場合もあります。仰向けになった女性の上に男性がのしかかる形は正常位と同じですが、屈曲位は女性の姿勢が少し異なります。女性は、両足を左右に広げるのではなく、上に持ち上げ、体を二つ折りのようにします。

正常位のときよりも膣の入り口が上を向くため、ペニスが挿入しやすくなり、より深く入ります。男性は、女性が痛がっていないか、体重をかけすぎていないかを気にする必要がありますが、挿入部分があらわになることや、女性のあられもない姿によって視覚的に興奮が高まります。

この体位は、女性が身動きを捕れなくなる体位です。男性の持つ征服欲が満たされ、女性のM心もくすぐる体位でもあるので、試してみる価値があります。

ロールスロイス

Rolls Royce Statuette Logo - Free photo on Pixabay (518503)

ロールスロイスは、AV男優のしみけんさんが考案した体位で、その形が、高級車ロールスロイスのエンブレムに似ていることから名づけられました。

やり方は、女性が四つん這いになった状態からペニスを挿入し、女性の膝を両側から太ももで挟むようにします。そして、女性が上半身を起こします。背面座位のような形になります。この姿勢で、男性が女性の二の腕あたりをつかむようにしながら腰を前後に動かすと、動きやすいです。

女性が両足を閉じている状態になるので、膣が締まるようになるほか、膣の最奥に真っすぐ当たるので、男女ともに気持ち良くなれる体位です。

寝バック

People Adult Woman - Free photo on Pixabay (518505)

寝バックは、女性が足を延ばした状態でうつぶせになり、脚を30度~45度くらいに開きます。男性は、その上に膝立ちになってまたがり、ペニスを挿入します。必要に応じて、女性の体の下にタオルや枕などを置いて高さを調整してください。

この体位は、女性が下半身に力を入れやすい体位です。下半身に踏ん張りがきくようになります。それは、膣を締めやすくなるということなので、男性側がとても気持ちよくなれます。また、女性のお尻にお腹やペニスの付け根が当たるので、お尻フェチの男性にもおすすめです。

寝バックは、女性が足を延ばした状態でうつぶせになり、脚を30度~45度くらいに開きます。男性は、その上に膝立ちになってまたがり、ペニスを挿入します。必要に応じて、女性の体の下にタオルや枕などを置いて高さを調整してください。
Po Legs Act - Free photo on Pixabay (518506)

2 / 4

関連する記事 こんな記事も人気です♪