試合前のオナニーはあり?なし?試合前のオナニーについて徹底解説!

試合前にオナ禁するとパフォーマンスが向上するってホント?今回は、試合前のオナニーは良いのか否かを判断するため、オナニーを禁止する理由、逆にオナニーがもたらす良い効果を比較し、結論に導いていきます。ぜひ参考にしてみてください。

試合前にオナニーはあり?なし?

Swimmer Sport Swim - Free photo on Pixabay (737702)

部活や試合前に禁欲をする男性は多いと言いますが、なぜオナ禁した方がパフォーマンスが上がるのでしょうか?オナ禁することで男性ホルモンであるテストステロンの分泌が盛んになり、男性の魅力がアップしパフォーマンスにも影響があるとか。

今回POUCHSでは試合前のオナニーに注目し、禁止される理由、試合前のオナニーの効果を比較し、最終的には試合前のオナニーはアリなのかナシなのか、結論付けていきます。

また、POUCHSには他にも女性の恋愛やライフスタイルを応援する記事がありますので、こちらもぜひ合わせてご覧ください。

試合前のオナニーについて

Running Runner Long Distance - Free photo on Pixabay (737703)

試合前のオナニーは禁止されているのでしょうか?試合と言ってもスポーツの強度はさまざま。筋肉を大きく使うスポーツであれば、その分エネルギーが必要になりますので、オナニーせずに温存した方が良いという見解もあります。

スポーツの種類やコーチによっても変わってきますが、中にはオナニーを禁止していたスポーツもあったとか。その一方で、オリンピック会場ではコンドームが配られ、試合前にセックスすることで精神的にリラックスできると言う見方もあるようです。詳しく見ていきましょう。

禁欲を命じられることもある

Girl Kayak Canoe - Free photo on Pixabay (737704)

サッカーFIFAワールドカップブラジル大会でメキシコ代表の監督が「(大会中に選手は)禁欲的に過ごしても死にはしない」と発言し、オナニーを含む性行為を禁止されていたのではと噂になりました。

特にアスリートの間では禁欲するのが当たり前とされてる時代があり、特にボクサーなどの減量が必要なスポーツは、試合前に禁欲を命じられることもあるとか。それによって精神が研ぎ澄まされ、パフォーマンスもアップすると言います。

スポーツによって見解が違う

Walk Path Walking - Free photo on Pixabay (737705)

スポーツによっても見解はさまざま。特に精神的な安定が試合の結果に大きく影響する競技や、競う相手がいるスポーツの場合は、オナニーすることで精神的にリラックスできる場合もあります。

スポーツにもよりますが、その人の性格もしっかり見極める必要があります。人によっては試合前のオナニーが悪影響を与えることもありますが、他の人にとってはかえって落ち着いた気持ちで試合に臨める場合もあるんです。特にあがり症の性格の人は、試合前にオナニーすることで良い効果が期待できると言います。

オリンピックの選手村ではコンドームなどもある

Condoms Condom Rubber - Free photo on Pixabay (737731)

オリンピックの選手村では、コンドームが大量に無料配布されてるとか。オリンピックの選手と言えば、アドレナリン出っ放しの状態で、交感神経が優位な状態が長時間続いています。

その反動として、試合後は一気に解放され、あらゆる欲が出てくるとか。食欲や眠気はもちろんですが、性欲も高まり野生化してしまう人もいると言います。

過去にも、選手村で暴行事件を起こし、強制送還を食らった選手も。予防策としての意味合いからも、コンドームを無料配布しています。もちろん、試合前にセックスすることでリラックスでき試合に集中できる人もいますで、試合前のオナニーやセックスが悪いとは一概に言えません。

試合前のオナニーが禁止される理由

Football Soccer Corner - Free photo on Pixabay (737735)

スポーツによっては、コーチから禁欲を命じられることもあるとか。試合前だけでなく、大切な試験や仕事がある時に、オナ禁する人も多いのではないでしょうか。集中力が増して、良い結果が得られることも少なくないとか。

では、試合前にオナニーが禁止される理由とは?ここからは試合前のオナニーが禁止される理由を解説してきます。試合前と言えば大事な時期。試合だけに集中しないといけないのに、ついついムラムラした気分になる人もいるでしょう。そんな性欲が抑えられずにオナニーしてしまったら、どんな結果になるのでしょうか?

闘争心がなくなる

Football Soccer Kick-Off - Free photo on Pixabay (737736)

オナニーだけでなく、セックスにも言えることですが、射精すると男性の闘争心を掻き立てる男性ホルモンのテストステロンが放出してしまうのをご存じでしょうか?

テストステロンと言えば、男性の筋肉増強に欠かせないホルモンですが、実は闘争心にも関係してくるんです。射精でテストステロンが出てしまうと、ぎらぎらした気持ちが軽減してしまう場合も。それによって、パフォーマンスの低下につながる可能性も否めません。

逆にテストステロンを溜めておけば、闘争心をキープでき成績にも反映してくるでしょう。

体力を使ってしまう

Lonely Man Sitting - Free photo on Pixabay (737744)

オナニーで射精するには、100mをダッシュするのと同じぐらいの体力が要ると聞いたことありませんが?たがかペニスを動かすだけで、そんなに体力使わないのでは?と思ってる方もいますが、実はかなり体力を使う行為なんです。

アスリートや運動をしてる人なら体力もあるので、オナニーしてもさほど疲れないでしょう。しかし、頻繁に行ってると疲労も蓄積されますし、試合前日に行うとなんとなく怠さが残ってしまい、やる気が出ない場合もあります。

性より試合に集中するべき

Child Soccer Playing - Free photo on Pixabay (737737)

コーチからすれば、性よりも試合に集中して欲しいというのが正直な気持ちでしょう。全ての神経を試合に集中し、勝ち取らなくてはならない勝負だってあります。そんな大切な試合の前にオナニーしてしまうと、気が散ってしまい、最高の力を発揮できないように感じるコーチだっています。

オナニーする時間があれば、試合のイメージトレーニングをし、体力を温存しておくのが賢明でしょう。試合に全神経を注ぎ、勝つことに集中して欲しいことから、禁欲を命じる場合もあります。

成績不振につながる可能性も

Athletes American Football Players - Free photo on Pixabay (737738)

1 / 3

関連する記事 こんな記事も人気です♪