精子が満タンになるのは何日かかる?健康な精子を満タンにする方法も

精子が満タンになるのに何日ぐらいかかるのでしょうか?噂によると約3日だと言いますが、個人差はないの?今回は、精子が満タンになるのにかかる時間、精子が減る原因、健康な精子で満タンにする方法を紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください。

精子が満タンになるまでかかる時間は?

Lonely Man Sitting - Free photo on Pixabay (734807)

多くの男性がオナニーをして射精していますが、どれくらいの期間で精子が溜まるかご存じでしょうか?男性の中には毎日オナニーをしてる人もいますが、いつもより出が悪いな?と感じたことはありませんか?

精子は子供を作るために必要不可欠!健康な精子をキープしたいのは誰でも同じでしょう。今回POUCHSでは、男性の精子が満タンになるのにどれくらいの期間がかかるのか、精子が減少する理由、健康な精子で満タンにする方法を紹介します。

POUCHSでは他にも女性の恋愛やライフスタイルを応援する記事がたくさんあります。よろしければ、こちらも参考にしてみてください。

精子は何日で満タンになる?

Tie Necktie Adjust - Free photo on Pixabay (734808)

精子(精液)は出さないと溜まる一方です。もちろん使わなければ満タンになって以降、溜まることはなく、古い精子が蓄積された状態になります。では、精子はどれくらいの期間で満タンになるのでしょうか?

よく言われるのが「精子は3日で満タンになる」です。では、1日に生成されるのはどれくらいの量なのでしょうか?また、毎日同じ量が作られるのでしょうか?精子が満タンになるのに必要な時間を具体的に見ていきましょう。また、禁欲が与える影響についても紹介します。

3日ほどで満タン

Man Fishermen Nature - Free photo on Pixabay (734809)

精子の生成量、放出量には個人差がありますので、一概には言えませんが、基本的には3日ほどで精子は満タンになると言われています。もちろん、人によっては最長で6日ほどかかる場合もあるとか。

もちろん、射精の回数によっても異なります。毎日オナニーをする人、2~3度射精する方は、当然満タンになるには3日以上かかることもあります。

また、作られる量もその日の体調や食べ物によって変わってきます。例えば牡蠣などをたくさん食べれば、精子が生成される量は多くなるでしょう。

精子は作られ続ける

Man Face Facial Expression - Free image on Pixabay (734810)

射精の回数が多ければ、精子は減るのでは?と思ってる人もいますが、実は、精子は絶えず作られ続けています。よって、たくさん射精しても、精子がなくなることはありません。精子は日々再生され、しっかりストックされていきます。

ちなみに精子は約2か月の期間を隔てて作られていきます。射精で使われる精子は約2か月ほど前に作られたもの。そして現在作られてる精子は、2か月後に放出されることになります。もちろん、加齢などにより精子の質が衰えたり減ることはありますが、常に作られ続けますのでなくなる心配はありません。

溜まった精子は体に取り込まれる

Man Board Drawing - Free photo on Pixabay (734811)

中には、頻繁にオナニーをせず、精子を溜めた状態になってる人もいるでしょう。3日ほどで満タンになりますから、射精しなければ溜まっていく一方なのでは?満タンになった精子は、一定量が精巣の中に保存され続けます。

精子が溜まり続ける訳ではなく、一定量に達するとそれ以上は増えず、また減ったら再生、補充される形です。さらには、精子が満タンの状態だと、その日作られた精子はストックする場所がないため、体内にタンパク質として吸収されてしまうとか。

射精しない期間が長くなると、保存されてる精子もどんどん古くなっていきます。古い精子を体外に出すために、無精してしまう場合もあります。

適度な射精は精子にとっても良い

Man Portrait Gloomy - Free photo on Pixabay (734812)

3日で精子が満タンになりますので、射精せずにほっておくと、古い精子が溜まった状態になります。先ほども言ったように、体にも良くありませんので、適度に放出してあげ、新しい精子を生成させることが大事です。

最低でも2週間以内には新しい精子を体に取り込みたいところ。そうすることで、常に新鮮な精子を放出することができ、セックスでも気持ち良さも感度もアップするでしょう。もちろん、新鮮な精子は子作りにも良い効果が期待できますので、あまり溜めすぎないように注意しましょう。

過度な禁欲は逆に良くない

Godfather Film Portrait - Free photo on Pixabay (734826)

男性の中には、さらなる快感を求めて、オナ禁する人も多いのではないでしょうか。オナ禁は1週間ほど行うと、テストステロンという男性ホルモンが増えるため、男性的な魅力もアップすると言われています。

オナ禁は長期になると古い精子を溜めた状態になりますので、逆効果になりかねません。オナ禁の期間は1週間ほどがベスト。適度に入れ替えた方が新鮮な精子を取り込めセックスでの感度もアップしますので、長期に渡る禁欲はあまりおすすめできません。

精子は減少する?原因は?

Naked Upper Body Fit - Free photo on Pixabay (734827)

精子は大体3日ほどで満タンになることがわかりました。満タンになった以降は、新しい精子が作られても体内に吸収されてしまい、射精しない期間が長くなればなるほど精巣の精子は古くなっていきます。

よって、適度に射精して精子を入れ替えてあげることは体のためにも大事です。精子は絶えず作られ続けており、なくなる心配はないとお話ししましたが、加齢などにより減少傾向にあるとか。ここからは、精子が減少する原因を見ていきましょう。

ストレス

A Single Person Stand Alone Taken - Free photo on Pixabay (734828)

男性ホルモンも、女性ホルモンと同じようにストレスにより減少する傾向にあります。男性ホルモンのテストステロンは、精子の生成に大きく関わっていますので、男性ホルモンの働きが低下すると、おのずと精子の生成力も落ちてしまいます。

みなさんは仕事や私生活などでストレスを抱えていませんか?自分の知らないところでストレスを溜めてる可能性もありますので、適度な休息日を設け、日常生活から解放され好きなことに没頭する時間も大事!ストレスフルな生活を送っていると、テストステロンも活性化され活力がみなぎってくるはずです。

加齢

Asian City ​​Portrait Brunet - Free photo on Pixabay (734829)

1 / 3

関連する記事 こんな記事も人気です♪