妊娠中でもオナニーしたい!後悔しないための正しい方法と出血時の対応

妊娠をしている時、なんだか下半身がムズムズ、気持ちが悶々としてしまい"オナニーをしたい"と思ってしまう女性が多いことをご存知ですか?それは恥ずかしい事ではありません。今回は妊娠中のオナニー方法や出血してしまったときの対応などを紹介いたします。

目次

妊娠中にオナニーをして後悔!

Woman Solitude Sadness - Free photo on Pixabay (99830)

そもそもオナニーとはなんでしょう。オナニーとは、性行為とは違い、自分の手・器具などを使い自らの性器・性感帯を刺激して、性的な快感を得る行為を指します。性欲というのは動物でも人間でも必ず持っている欲求でもあります。

日本では男性はオナニーをするものであり、女性がオナニーをする事は恥ずかしいという意識を持たれていることが多いです。ですが、オナニーは恥ずかしい行為ではありません。女性にとってオナニーは肌に艶がでるようになる・ストレス発散となるなどメリットばかりなのです。
Worried Girl Woman Waiting - Free photo on Pixabay (98266)

人間の三大欲求である"性欲"は、妊娠をしていなくても妊娠をしていてもそれは変わらないのです。妊婦の人達はそんな自分に罪悪感を抱いてしまっている場合があります。オナニーをした後というのはただでさえ罪悪感に押しつぶされそうになってしまうものです。妊婦の場合はそれ以上なのではないでしょうか?

また、妊娠をすると性欲が高まるという報告も多くあります。妊娠をするとエストロゲンもプロゲステロンという女性ホルモンの量が多く分泌され、特にエストロゲンの分泌で性欲が高まる原因となっているのです。中には「妊娠をしたら逆に性欲がなくなった」という女性を多いようです。

人間に性欲があるのは普通の事であり、人間の本能です。今回は、そんな妊婦さんに向け「妊娠中のオナニーは安全なものなの?」「妊娠中のオナニーはどんな風にしたらいいの?」という疑問を解決していきましょう。

妊娠中にオナニーは危険?【妊娠初期編】

Hands Pregnant Woman - Free photo on Pixabay (98280)

では、妊娠中のオナニーというのは母体にとってどんな危険があるのでしょうか?本当に危険なのでしょうか?妊娠時期別に紹介をしていきたいと思います。

まず、妊娠初期から紹介をしていきます。妊娠初期とは妊娠をしてから4週から15週の期間を指します。この時期は、かなりデリケートな時期でもある為に、運動の制限・食事の制限などをお医者さんのほうから指導されることが多い時期でもあります。

その為、妊娠初期というのはどうしても何か行動をしようとする度に"これはしても大丈夫なのかな?"、"もしかしたらこれをしたら流産してしまう可能性があるかも"と心配になってしまうのです。では、妊娠初期にオナニーをしても良いものなのでしょうか?

妊娠初期は一番流産しやすい時期

Iceland Mountains Kirkjufell - Free photo on Pixabay (98310)

妊娠初期の時期は、最も流産をしやすい期間とも言われています。全妊娠の約15%、流産をしてしまうと言われています。そのうちの約13%が妊娠初期の時期に流産をしてしまうのです。早期の流産というのは胎児側に原因があることがほとんどです。

つまり、元々育つことが難しい退治だったからこそ流産という形になってしまうのです。ですが、"重いものは持ってはいけない"、"転ばないようにする"という医師からの指導があるように、何かの衝撃が流産という悲しい結果となってしまう可能性も0ではないのです。

妊娠中というのは何があるか分かりません。注意をしながら妊娠生活を楽しんでいきましょう。

基本的にはオナニーしても問題ない

Ok A-Ok Woman - Free photo on Pixabay (98388)

基本的には妊娠初期の時期にオナニーをしても問題はないとされています。"性欲が増してきてしまって居て辛い"、"胎児に悪影響を及ぼしそうで怖い"という考えは持たなくても大丈夫そうです。

逆に性欲が増しすぎてしまい、オナニーを我慢する事でストレスになってしまう場合もあります。ストレスは妊婦にとってとてもよくない物です。

性欲が溜まってしまった、そんな時はオナニーを楽しむことにしましょう。もしも、オナニーをした後に流産を経験してしまったとしてもそれは、オナニーが原因ではありません。

ひどいつわりのような体調不良があるときは避けよう

No Symbol Prohibition Sign - Free vector graphic on Pixabay (98394)

オナニーをする時には、自分の体調が良好であるかどうかを確認しましょう。酷いつわり・倦怠感がある時にはいくら"性欲があるから身体は元気だろう"、"オナニーしたい"と思っても我慢をしましょう。

自分の体調が万全な時に、気持ちの良いオナニーを楽しむ事にしましょう。体調不良の際にオナニーをしてしまうと、体調が悪化してしまう場合もあるのです。

母体の体調不良は胎児にとっても良いとはいえないのです。

妊娠中にオナニーは危険?【妊娠中期編】

Woman Baby Mother - Free photo on Pixabay (98281)

妊娠中期というのは、妊娠をしてから16週から27週の期間を指します。妊娠中期になると、安定期とも呼ばれます。この時期になると、妊婦さんは心身・体力的にもホッとする時期になります。

この時期の赤ちゃんというのは、心臓は未発達な段階ではありますが、1日に約20Lもの血液循環を行い、前頭葉が発達するので動きが活発する時期なのです。

妊娠中期は体調が良くなってくる

Woman Girl Freedom - Free photo on Pixabay (98429)

妊娠中期とは、妊娠をしている全ての時間の中で一番安定をしてくる時期でもあります。その為、つわり・倦怠感などがなくなり、体調がよくなる時期でもあるのです。

体調がよくなるとどうしても動きたい!楽しみたい!そんな風に思う妊婦さんも急増する時期なのです。"妊婦なのにオナニーしたいなんて恥ずかしい"という方も多いと思いますが、ほとんどの妊婦さんが経験する感情なのです。

性欲が戻るためオナニーしたくなる時期でもある

Cuisine Food Italian - Free photo on Pixabay (98430)

妊娠中期になると体調も良くなり、食欲、そして性欲が戻ってくる時期でもあります。その為、どうしてもオナニーをしたいと思ってしまうのです。

お腹の大きさも気になってくる時期でもありますので、更に妊婦さんがオナニーに対して罪悪感を抱く時期でもあるようです。

オナニーをしても良い

Qualification Hand Thumb - Free photo on Pixabay (98432)

"妊娠中期はオナニーをしても良いのか?"答えはズバリ「オナニーしてもOK」です。自分の体調ときちんと相談をし、負担にならないように性欲を発散していきましょう。性欲を発散しない事でストレスを感じてしまってはいけないのです。

体調が良いからと安心し過ぎないこと

1 / 4

関連する記事 こんな記事も人気です♪