半勃ちを改善する方法!半勃ちになる原因や正しいオナニーの方法

半勃ちは男性にとっては自分でもどうしようも対処しにくい厄介なものです。自分でコントロールしにくいうえに、相手の気持ちも考えたら不安ばかりが募ります。しかし原因に対して適切な対処法をとれば必ず改善できます。正しい対処方法やオナニーの方法を身につけていきましょう。

半勃ちばかりになってしまい情けない

 (469702)

夜の営みでは、やはり男性は男らしさをかっこよく見せたいと思うものです。日中は外で手をつなぎながら優しく微笑みかけてデートを楽しみ、夜は雰囲気を変えて強く積極的にリードできたら…。しかしそうも上手くいかず、一人悩みを抱えているという男性も多いのではないでしょうか。

一度「半勃ち」を経験してしまうと、その時の恥ずかしさや情けない気持ちは相当なものでしょう。また再び同じことが起きるのではないかとその後もトラウマになったり、セックス自体に気を重く感じてしまうかもしれません。

しかし半勃ちはその原因を理解し、自分がどれに当てはまるかを確認できたら適切な対応方法もわかります。今回はそんな「半勃ち」に悩む人も自信を取り戻せるように、原因と対処方法を身に着けていきましょう。

半勃ちになってしまう原因

 (469708)

「半勃ちになるなんて、なんて自分は男らしくないんだ…」など悲観的に思いがちですが、どれだけ有名な野球選手や、人気と言われている芸能人であっても経験する可能性はあります。半勃ちが起こってしまうのはその人の性格や男らしさの問題などではありません。

半勃ちの原因としては、身体的要因と心理的要因とに分けられます。もし半勃ちを経験した人であれば、以下に当てはまる項目がないか、自身の経験や日常生活から思い返してみましょう。

老化現象  

 (469712)

男性が勃起するときには、男性ホルモンの一種である「テストステロン」の分泌量が大きく関係してきます。「ドーパミン」という言葉を耳にしたことがあるひとも多いと思いますが、これは運動調節、ホルモン調節、快の感情、を左右する神経伝達物質で、テストステロンはまさにこのドーパミンの分泌を促します。

しかし、このテストステロンはは20代が分泌の絶頂期となり、その後は加齢とともに徐々に減少すると言われています。また、加齢や老化によって皮膚も弾力性がなくなり、血管も硬くなった(いわゆる動脈硬化)状態になります。

血管が十分に拡がらず、勃起の際に必要な血液が海綿体に十分行き届かないので勃起も起きにくくなったり、半勃ちのままになってしまうということです。

疲労  

 (469713)

男性ホルモンだけに限らず、疲労や睡眠不足が続くと全身のホルモンの分泌率が悪くなります。勃起を司る男性ホルモン(テストステロン)も例外ではありません。仕事に追われ疲労が募るとストレスがたまり、更にホルモンの分泌が遮られてしまいます。

身体が疲れた状態だと十分に力が出ず勃起しにくいことはイメージしやすいですが、疲労の大きな問題点は睡眠が十分とれていない状態ということです。

疲労がたまる→仕事中や日中のパフォーマンスが下がる→仕事が残る→睡眠が十分にとれない。と負のサイクルにはまってしまうと、セックスに十分時間がとれないことはもちろん、せっかく一緒にベッドインできたとしても力強い勃起をするパワーが出てこなくなります。

タバコやアルコール

 (469716)

タバコがなぜ体に悪いのかと言うと、タバコに含まれる「ニコチン」には血管を収縮させる作用ああるためです。血管が収縮すると、心臓から血液が送られてきても血管が十分に広がらないため、勃起に必要な血液を十分ペニスまで行きわたらせることが出来なくなります。

一方アルコールには、中枢神経の働きを抑える作用があるので注意が必要です。少しの量であれば、ストレス発散やコミュニケーションの良い機会となりリラックス効果をもたらせてくらますが、過度に摂取してしまうと勃起中枢の機能まで抑えられてしまいます。

またアルコールは肝臓にも脳にも負担をかけてしまうので、ダメージを受けた脳は性欲をしっかりとキャッチできなくなり、これも半勃ちに拍車をかけてしまいます。

更年期障害  

 (469724)

「更年期鍾愛」と聞くと女性の閉経のような体の劇的な変化のことを思い浮かべる人も多いかもしれませんが、中高年の男性も同じように体や心理面で変化が表れてくる人が出てきます。

更年期障害の原因は女性と同様ホルモン分泌の低下です。さきほども説明しました性欲や男性機能にかかわる「テストステロン」の分泌量も低下してしまいます。そうなると更年期障害の一環として性欲不振にも陥って試合、完全な勃起ができなくなる、いわゆる勃起不全を引き起こしてしまいます。

肥満  

 (469725)

肥満が健康に良くないことはわかっていても、勃起になんの関係が?と疑問に思う人がいるかもしれませんが、肥満状態というのは筋肉が十分に備わっていない場合が多いため、半勃ちの原因にも十分になりえます。

肥満の人は運動不足のことが多いので、ほとんどの場合身体の筋力が低下しています。そうすると勃起を起こす「平滑筋」の筋肉も衰えていることになるので、勃起をおこすのに十分な力が出ません。

また肥満の人は体内の血液の循環もうまく通っていません。勃起させるためにはペニスまで血液を十分に行き届かせる必要があるので、やはり肥満はセックスの際の大きな弊害と言えます。

セックスや女性に対する不安  

 (469730)

今までの身体的な理由も見当たらず、健康そのものなのに…という人は心理的要因の可能性が高いといえます。食生活や生活リズムも良好で、普段から運動もばっちり!…だけども、いざ女性を目の前にすると今までの勢いはどこいった!?となるくらい萎縮してしまう人もいます。

この萎縮の原因は「不安」です。不安の対象はセックス行為そのものである人もいれば、女性という相手に対して不安を感じてしまう人もいるでしょう。

行為に不安があるという人は過去に苦い経験や失敗したことがあり、その記憶が拭い去れない状態でいるためです。一方「女性」という相手を見るだけで構えてしまうという人は、セックスの経験はなくても過去に辛い恋愛をしたことや、もしかすると女性上司からのパワハラを受けたことがあり、その時の情景が思い浮かべられるのかもしれません。

オナニーの回数が多い

 (469736)

男性によっては間違ったオナニーを続けてしまい、女性の膣内で射精できなくなったり、実物の女性を目の前にすると勃たなくなってしまうという悩みもよく耳にします。

10代や20代の若い世代の男性に多く見られるのが、自分で自分のペニスを強く握りしめたり、床に擦りつけたりと行う独自の方法でオナニーを続けてしまい、実際の女性の膣内では十分な快感を得られなくなってしまうというパターンです。

ほかにもローションやグッズなどで実際よりも強い刺激になれてしまうオナニーを繰り返す人が多いようで、本番のために頑張っているにも関わらず、成功から離れてしまうというなんとも皮肉な結果になってしまいます。

半勃ちになってしまう心理的な理由

 (469737)

1 / 4

関連する記事 こんな記事も人気です♪