アナニーにおすすめのディルドは?アナニーの正しいやり方と注意点も

アナニーをしてみたいけれど、どのようにすることが一番なのか、またアナニーに使用するグッズでおすすめのものは何なのかということを注意することも含め紹介します。アナニーで得られた快感は癖になりやめられない程。そのような体験をあなたにもお届けしましょう。

アナニーにハマるとやめられない?

Hip Body Cute - Free photo on Pixabay (735259)

アナニーという言葉を知っているでしょうか。またはアナニーというものに興味を持っている人はいるでしょうか。ここでは、アナニーに関する紹介をPUCHSが紹介していきましょう。

みなさんはアナルという部分を触ったことはありますか?アナルは排便だけに使うものと思っている人も多いでしょうが、実は性感帯の一つになります。その快感は女性は勿論ですが、男性にも未知なる快感へと誘い込みます。

そんため、男性は特にアナルを使ったセックスやオナニーをするとそれにハマることが多いです。では、そんなアナルを使用したアナニーとはどういうものなのでしょうか。POUCHSと一緒にアナニーに関して知っていきましょう。

POUCHSは女性の恋愛・ライフスタイルを応援する記事を多数取り扱っております。以下の記事もぜひ一緒にお読みください。

アナニーとは

Table Tennis Ping-Pong Ping Pong - Free photo on Pixabay (735292)

オナニーという言葉を知っている方は多いでしょうが、アナニーという言葉を知っている人はあまり多くないのでしょうか。アナニーという言葉は聞いたことあるけれど、詳しくは知らないという人も多いのではないでしょうか。

アナニーとは簡単にお伝えすると、お尻の穴でのオナニーになります。お尻の穴をアナルと言い、その部位に指やディルドなどの物を入れるというものです。

男性の場合は、お尻の穴に入って少し進むと前立腺というものがあります。その部位を刺激するだけで、快感を得られます。そのため男性でも女性でもお尻の穴を使ったオナニーはアナニーになります。

アナニーにおすすめのディルド

Sex Vibrator Masturbation - Free photo on Pixabay (735297)

アナニーには指の他にディルドなどの物を使うこともあるという話を上記でしましたが、その一つとして多く用いられる道具がディルドになります。

では、アナニー用のディルドとはどのようなものがあるのでしょうか。女性が使う通常のディルドももちろん用いることは可能ですが、他にもアナニー専用というものもあり、男性用のアナニーディルドも存在します。

どのようなディルドがあるのか、ディルドの特徴などを含めて紹介しましょう。

デンマ装着型ディルド

Easter Basket Eggs Decoupage - Free photo on Pixabay (735303)

デンマ装着型ディルドとは、クリトリスなどに刺激を与えるデンマと膣に入れられるディルドが合体したものになります。

アナル用のディルドの中にデンマ装着型というのはなかなかないのですが、通常のデンマ型ディルドでも振動が男性の場合は睾丸部分、女性の場合は膣部分に当たるため、その刺激がまた気持ちよさを与えてくれます。

このようなタイプはディルド部分が大きいため、初心者というよりは中級~上級者向けとなるでしょう。

前立腺刺激用ディルド

Hemorrhoids Proctalgia Fugax - Free photo on Pixabay (735305)

男性に向けたアナル用のディルドは通常と違い、先端が丸く少し大きめになっています。そのようなディルドは入れた際に前立腺を圧迫し、出し入れすることで刺激を与えてくれます。

このようなディルドを使用した男性の口コミでは、前立腺を刺激されるため、気持ちよくて、声も抑えられない程だとのこと。このようなタイプは男性の前立腺開発にも役立つのではないでしょうか。

しかし、このような商品の多くは前述同様大きめであることから、初心者には難しいでしょう。使用する場合は、ある程度アナルが開発されてからにしましょう。

強振動ディルド

Wave Gold Concentric Waves - Free image on Pixabay (735340)

ディルド自身にバイブレーションモードがあるディルドになります。そのまま出し入れするだけでも気持ち良いことは間違いありませんが、振動があることで腸や前立腺を刺激してくれるため、強い快感が襲うでしょう。

振動付きディルドを使用する際には、振動の強さが極力強い物を選びましょう。また、その振動を調整できるものが良いでしょう。

中には、無線型で外からその調整ができるものもあります。アナニーの場合は、後ろであるということから調整も難しいため、無線型が望ましいでしょう。

極太ディルド

Banana Breakfast Colorful - Free photo on Pixabay (735348)

これは指や通常のディルドでは満たされなくなった人にお勧めです。通常のディルドにもサイズはあり、小さめのものから、とても太くて長い物もあります。

これは何度も伝えましたが、太いディルドなどは初心者には向いていません。また極太ともなればアナルにそれだけのものが入る状態を作る必要があるため、どちらかと言うと上級者向けになるでしょう。

このようなディルドを使用する上での注意は、アナルには括約筋という肛門を締めておく筋肉が存在しています。この筋肉を常に弛緩させた状態にするためやり過ぎには気を付けましょう。

拡張用ディルド

Popsicle Sticks Wood - Free photo on Pixabay (735317)

拡張用ディルドは、初心者から上級者まで行く段階で使用していくものになります。最初は指、次はアナルようのビーズを使用したり、少し細めの物を使用したりと順序を踏んでいくことも一つの方法です。

しかし、アナル用グッズには拡張用も販売しています。先端は細いけれど奥まで入れることで広がっていくというものです。また、他にも最初は小さめから徐々に大きくしていくというセット物もあります。

このような物を使用しながら、アナニーをしてアナル開発を進めてみましょう。

アナニーの正しいやり方

Pointing Up Woman - Free photo on Pixabay (735353)

アナニーをしてみたいけど、やり方が分からないという人や、だいたい想像はできるけどどのように始めればいいのか分からないという人も多いでしょう。

アナニーは通常のオナニーと違い、自分でするにも準備ややり方があります。正しいやり方で出来ないとアナルを傷つけてしまうことや、重症化し病院へ行かなくてはいけないという状態を作り出す原因にもなります。

そうならないために、まずはアナニーの正しいやり方を覚えましょう。

アナルやアナル周辺を洗浄する

Shower Douche Bathroom - Free photo on Pixabay (735355)

1 / 3

関連する記事 こんな記事も人気です♪