2019年7月13日 更新

同棲を始める人達の平均貯金額はいくら?良い貯金の方法と注意点も

大好きなパートナーと同棲がしたい!そう思ったときに資金はいくらくらい必要なのか?貯金なしではさすがに同棲は始められない?なかなか貯金ができないカップルにオススメしたい節約方法と、同棲を始めるのに必要な資金の平均について紹介します!

目次

同棲なのに貯金できないカップルが増えている

Euro Seem Money - Free photo on Pixabay (463005)

一昔前までは結婚してから夫婦になり、生活を共にするのが一般的でしたが、最近では交際中から一緒に生活を共にする「同棲カップル」が多くなってきました。

お互いに一人暮らしをしている場合よりも、家賃にかかる費用が1つだけで良いので、節約にもなり結婚前にお互いの生活スタイルを知ることもできる「同棲」ですが、なかなか貯金が出来ないカップルが増えているのが現状ではあります。

なぜ、一人暮らしのときよりも生活費が分担という形になるのに貯金が出来ないのか、同棲生活における貯金の仕方や貯金額についてわかりやすく紹介していきます。

同棲に必要な資金

Money Coin Investment - Free photo on Pixabay (464317)

同棲を開始するにはさまざまな「資金」がかかってきます。

お付き合いをしているカップルのどちらかが一人暮らし経験者であったりする場合は金銭的にもどれくらい必要になるか把握できると思いますが、お互いに未経験の場合ですと金額面で分からない部分が多くなります。

そのような場合になるといざ同棲を開始しようと思った時に、「費用が足りないかも…」ということになりかねません。

そこで今回は同棲を開始するにあたってかかる資金について、ざっくりとですがわかりやすく紹介していきたいと思います。

初期費用代

Piggy Bank Money Finance - Free image on Pixabay (464324)

同棲を開始するにあたって、まず最初に二人で住む「住居」が必要になってきます。

家を借りるには家賃だけではなく、仲介会社や大家さんに支払わなければいけない「初期費用」というものが存在します。

家を実際に借りたことがある方はご存知かと思いますが、初期費用は一般的には家賃の5か月分を支払う流れになっており、家を借りる際にまとめて支払うお金になります。
Movers Moving Carry - Free vector graphic on Pixabay (476985)

同棲したいからと思いたって、「家賃だけ最初に2か月分くらい支払えばいいんでしょう?」といった考えでは家を借りることはとても困難です。

最近では敷金礼金なしで借りることが出来る物件も増えてきたはいますが、一般的に考えておくと敷金礼金に仲介手数料、前家賃や事前に引っ越し準備などで入居が月をまたぐ場合は日割り家賃、鍵交換手数料や保証会社や保険料など支払う金額は想像よりも多くなります。

同棲をする場合はこの内容を加味してから慎重に物件探しをしなくてはいけないのです。

引っ越し代

Truck White Vehicle - Free photo on Pixabay (464325)

先ほどは家を借りる際にかかってくる「初期費用」について紹介させて頂きましたが、いざ物件が決まって引っ越しをするとなったら引っ越し会社に連絡をしなければいけません。

そして次にかかってくるのが「引っ越し代」になります。

元々お互いの自宅にあった家具や家電を運んでくる場合は車で運ぶのは困難になるので、小さなトラックなどを借りて引っ越しを依頼する形になると思います。
Vintage Truck Bus - Free image on Pixabay (476998)

引っ越し代は、引っ越し会社や引っ越しをする時期や荷物の量に応じて異なるので「この料金!」と言える具体的なものがハッキリとはしていないのですが、最近ではネットで会社に相見積もりを取ることが出来ます。

どれくらいの金額がかかるか、いくつかの会社で金額を比べて見たい方にはオススメの方法です。

家具家電代

Living Room Sofa Couch Interior - Free photo on Pixabay (464326)

お互いにかどちらかが一人暮らしをしていた場合は、そこで使っていたものを持ち寄って生活をすることが出来ますが、一から始める一人暮らしとなると揃えなければいけないものが沢山あります。

その中でも重要になってくるのが、「家具家電」です。

大型家電でいうと、冷蔵庫、洗濯機、テレビ、エアコンといったものになりますが、全ていいもので揃えるとなると金額も上がってきます。

また、家具の場合は一番最初にいるものが「カーテン」です。

意外に忘れがちなのですが、外からの視界を遮るためにもカーテンが一番最初に買っておくアイテムになります。

100~200万以上貯めたら同棲したいというカップルが4割以上

Dollar Money Us-Dollar - Free image on Pixabay (464327)

大型家電や家具などを一から揃えていくというとかかる費用も数十万円では済まないことが多いので、同棲を始めるカップルの大半は100~200万円ほどの余裕を持ってから同棲を視野に入れるカップルが多いようです。

仮にいくら同棲をしたいからと言ってお互いの貯金を合わせて50万円くらいしか無かったら、後々お金が足りないなんてことにもなりかねないので、金銭的な事と気持ちのことを考えると余裕を持ってから考えるのが最善でしょう。

同棲のメリット

Couple Holding Hands Love - Free photo on Pixabay (470090)

同棲を開始するには思っている以上の貯金が必要になってくることがわかりました。

安易な気持ちで同棲生活を始めてしまうと、後から「こんなはずではなかったのに…」「もっと話し合ってから決めればよかった」なんてお互い喧嘩になってしまうこともあり得ます。

なかなかきっかけを探すのも難しい「同棲」ですが、同棲をすることによって得ることができるメリットも存在します。

そこで今回は、悪いところや問題点ばかりではない「同棲生活のメリット」を紹介していきます。

新たな一面を知ることができる

Pair Autumn Evening Sun - Free photo on Pixabay (470126)

1 / 5

150 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪