失恋時に思い出すべき名言10個!失恋から立ち直る方法も!

恋人に突然別れを切り出されたり片思いの人に振られ「いつか絶対に見返す!」と意気込んでいませんか?しかし立ち直るのには時間がかかりすぐに前向きにはなれないでしょう。そんな時には名言から学べる事も沢山あります。今回はその失恋を乗り越える名言の数々をご紹介します。

目次

片思い編では、ずっと想いを寄せていた相手に振られるなどして失恋した場合に立ち直らせてくれる言葉がありました。叶わぬまま幕を閉じてしまった恋でも意味がきちんとある事、落ち込んでばかりいないで視野を広げる大切さなどを教えてくれました。

次は両思い編です。交際していた恋人との別れや友達以上の関係だったのに終わってしまった失恋の場合には一体どの様な名言で救ってくれるのでしょうか。

女は、人生で一度や二度は/マージョリー・キナン・ローリングス

Hip Hop Dancer Silhouette - Free photo on Pixabay (470326)

『女は、人生で一度や二度は、ワルい男を愛してしまうの。でもだからこそ、イイ男に出会ったとき、感謝する気持ちになれるのよ。』

これはアメリカの小説家だったマージョリー・キナン・ローリングスの名言です。自然と共に暮らす人々について多くの作品を生み出しました。彼女の言葉にある様に、素敵な人に感謝の心を持つ為には悪い人の存在も必要不可欠なのです。

浮気をされるなどして恋人に裏切られた経験をすればその分人の良し悪しを見極められる様にもなります。次に良い人に出逢いその優しさに触れた時に感謝する気持ちも持てるようになるのです。悪い人に出逢ってしまった時には自分の判断能力を高められるチャンスだと前向きに考えましょう。

始まりと呼ばれるものは/T・S・エリオット

Muscari Common Grape Hyacinth - Free photo on Pixabay (470332)

『始まりと呼ばれるものは、しばしば終末であり、終止符を打つということは、新たな始まりである。終着点は、出発点である。』

これはイギリスの詩人であり劇作家だったトマス・スターンズ・エリオットの名言です。恋人と別れる事はとても辛く前に進む事など不可能の様に感じるかもしれません。

しかし、出逢いが別れの始まりである様に、恋人との別れも新たなスタートの幕開けという事なのです。恋人と別れてしまったあなたにはこれから新しい出逢いが待っているのです。次の出逢いに期待をし前向きにいきましょう。

いつ前に進むべきかは/オプラ・ウィンフリー

Breeze Summer Girl - Free photo on Pixabay (470344)

『いつ前に進むべきかは、自分の魂がおしえてくれるわ。』

これはアメリカの女優、慈善家のオプラ・ウィンフリーの名言です。彼女は司会者でもあり、司会を務めた「オプラ・ウィンフリー・ショー」は高く評価され世界で最も影響力のある人物とされました。

恋人と別れていつまでも前に進めないでいる状態の時、このままで良いのかと焦りを感じ始める時がくるでしょう。また、次に進むタイミングが分からなかったり新しい人との出逢いがなかったりするかもしれません。しかし、焦る必要などなくここぞという時には必ず前に進める様になっています。自分を信じてその時が来るのを待ちましょう。

恋の終わりは/ココ・シャネル

People Woman Bye - Free photo on Pixabay (470350)

『恋の終わりは、自分から立ち去ること。』

これはフランスのファッションデザイナー、ココ・シャネルの名言です。誰もが知っている世界的有名ファッションブランド「シャネル」の創業者であり、香水やバッグを愛用している方も多いでしょう。

やむを得ない理由があるにしても、振る立場であれば自らで決断し別れを告げているのでそこで恋は終わるでしょう。しかし振られた側は突然一方的に終わりにされてしまうだけでそれは本当の終わりとは言えないのです。あなたが心の中で恋人にサヨナラを言えた時こそが本当の恋の終わりと言えるのです。自ら決別出来るまではあなたの恋は続いています。

世間に一杯いる情熱的な女で/コンスタン

Girlfriends Sunset Vintage - Free photo on Pixabay (470360)

『世間に一杯いる情熱的な女で、捨てられたら死んでしまうと公言しなかったのは一人もありません。ところがそんなので今に生き永らえていない女、悲しみを忘れずにいる女は、一人もいないのです。』 

これはフランスの小説家バンジャマン・コンスタンの名言です。彼は思想家であり政治家でもありました。中編小説「アドルフ」が有名です。この名言は自分一人だけが不安な心境でいるわけではないのだと安心させてくれる言葉でしょう。

どんな女性も皆、失恋した時には絶望的になりもう生きていけないと感じるものなのです。しかしそれでも必ず立ち直る時はやってきます。いつかは負った心の傷は癒え悲しみは忘れ去られ皆笑顔を取り戻すのです。

失恋の成功例

Beautiful Girl Woman - Free photo on Pixabay (461435)

失恋と言っても全てが悪いことばかりではありません。数々の名言にもあった様に失恋をしたからこそ得られるものも沢山あるのです。

失恋をした後にどの様な行動をとるか、どの様に気持ちを切り替えていくかで失恋から学べるものは大きく変わるでしょう。それでは、失恋によって成功を得られるとはどの様な場合でしょうか。

相手を見返すために自分磨きに勤しんで結果が出た頃には彼を忘れていた

Running Runner Long Distance - Free photo on Pixabay (460970)

失恋した時に誰もが一度は「いつか絶対に見返してやる」という気持ちになった事があるのではないでしょうか。恋人に突然好きな人が出来たり、興味がなくなったと言われたりして傷付いた方も多いでしょう。

そんな扱いを受けた悔しさから絶対に今よりもいい女になって後悔させてやるという気持ちになります。自分磨きに熱中し自身の理想とする姿に近づいた頃、相手を忘れられている様であればその恋はもう過去の笑い話です。

時の経過だけに頼らず、他の事に熱中し努力を続けたからこそ辛い失恋を乗り越える事が出来たのでしょう。彼の事を忘れられたらあとはもう前を向くだけです。

「無理に前向きになる必要はない」と思い出を見返すと何の魅力もない人だった

Ace Cards Hooded - Free photo on Pixabay (460971)

大好きでたまらなかった人と別れた時には、もう二度とあんなに良い人とは出逢えないなどと考えてしまうでしょう。楽しかった事も大喧嘩した事もどこをとってもあの人が良かったと思うものです。

そんな時には精神的に追い込まれているはずなので、無理せず少しずつ思い出を振り返られる様になれば良いのです。始めのうちは好きだった人と他の人を比べてとことん落ち込んでも良いでしょう。

そうして気持ちが落ち着きを取り戻したり、少しずつ他の異性と関わった時に、別れた相手の何が良かったのかさっぱり分からなくなる時がくるでしょう。一度は好きになった相手ですが、意外にも視野を広げると気付ける事が沢山あるものです。

彼を思い出し涙しながら懸命に生活を続けた今の自分が愛しい

Woman Pretty Girl - Free photo on Pixabay (460972)

失恋してどんなに辛くても日々の生活は続いていきます。失恋を理由に会社をお休みできる訳ではありませんし、ずっと何もしなくて良いなんて事もありません。

辛い気持ちを隠しながら平静を装って仕事などをこなしている場合がほとんどでしょう。しかし家に帰れば失恋を思い出して涙が止まらずご飯も食べずに寝込んでしまうかもしれません。

しかし、大好きだった人を思って涙しながらも日々の生活を繰り返しているうちに、そんな自分が愛おしくこれまで以上に自分を大切にしていこうという気持ちになれます。自分の存在価値を知る事が出来たのは失恋をしたからこそなのではないでしょうか。

彼との思い出を振り返り自分の欠点に気が付けた

Woman Profile Face - Free photo on Pixabay (461403)

3 / 4

関連する記事 こんな記事も人気です♪