【状況別】嫌い避けを見分ける方法22選!好き避けとの違いは?

職場の好きな女性に挨拶しても視線をそらし逃げるように避けられたという経験をお持ちの男性も意外と多いのではないでしょうか。この記事では自分に好意を寄せる相手への嫌悪感から避けてしまう「嫌い避け」の特徴や好き避けとの違い・見分け方についてご紹介しています。

目次

避けられているのは嫌い避け?

Breakup Sad Couple - Free vector graphic on Pixabay (518537)

思いを寄せている異性に、なぜかわからないけれど避けられてしまっていることにお悩みの方も意外と多いのではないでしょうか。

相手が自分にとってどうでもいい人ならば多少ムッとするくらいですみますが、自分の好きな人から理由もわからず避けられることはとても悲しくつらいものです。

「どうして避けられているんだろう?」「自分が何か悪いことをしてしまったのかな」とあれこれ考えてみるものの、特にこれといった理由も見当たらず、ただ一方的に避けられることに戸惑い苦しんでしまうでしょう。

この記事では、好きな人に嫌われて嫌い避けされてしまった時の対処法や、嫌い避けと好き避けとの違いなどについて詳しくご紹介しています。

嫌い避けの特徴や嫌い避けをしてくる人の心理を知り、好きな人から嫌われたり避けられるのを未然に防ぎましょう。

嫌い避けの意味

Question Mark Why Problem - Free photo on Pixabay (519142)

最近、雑誌やネット上でよく「嫌い避け」という言葉を見聞きするようになりました。あまりよく意味がわかっていないものの、なんとなく嫌い避けという言葉を使ったり読み飛ばしているという方も少なくないことでしょう。

嫌い避けとは、ある人に対して「嫌い」という感情を抑えることができず、その人との接触をできるだけ避けようとすることを意味する言葉です。

たとえば、「気持ち悪いな」「この人、嫌だな」と思っている異性にあからさまに好意を寄せられた時、多くの人は相手に強い嫌悪感を抱き、話しかけられたり近寄ってこられるのを避けようとして相手との接触を防ごうとするでしょう。

つまり誰かから嫌い避けをされているならば、それは相手から完全に嫌われており、仮にこちらが相手に好意を寄せていたとしてもその想いが成就する可能性はかぎりなく低い状態であると言えます。

嫌い避けの反対「好き避け」とは?

Female Hat Girl - Free photo on Pixabay (519143)

「嫌い避け」という言葉と似た語感の言葉として、「好き避け」というものがありますが、これは嫌い避けとは全く反対の状態を表す言葉です。

嫌い避けをされる場合、相手はこちらに生理的な嫌悪感や憎しみ・怒りといった非常にネガティブな感情を向けているため、相手との関係性を改善させることはかなり難しくなってしまいます。

ですが好き避けの場合、相手はこちらに好意を寄せているのです。避けるという行為は好意とは裏腹に思えるかもしれませんが、好きだからこそ相手のことを避けてしまうこともままあります。

このように、嫌い避けと好き避けとは全く異なる正反対のものですが、ある人から避けられていると感じた際にいったいどちらの理由で避けられているのかよくわからず、「相手は自分のことを好きなの?それとも嫌いなの?」と迷ってしまうこともあるでしょう。

好き避けの意味

Dictionary Focus Book - Free photo on Pixabay (519144)

そもそも、好き避けとは具体的にどのような意味をもつ言葉なのでしょうか。ここではその言葉の意味について、念のため詳しく見ていきましょう。

好き避けとは、相手のことが好きすぎて意識してしまったり、自分の好意が相手に気取られるのではないかという恥ずかしさから好きな人のことを避けてしまう状態を意味する言葉です。

おそらく、少なからぬ人が好き避けをしたことがあるのではないでしょうか。というのも、好き避けは恋愛経験が少ない10代の思春期の少年少女が取りがちな行動だからです。

はじめての恋に戸惑い、好きな人とどう接してよいかわからないからこそ好き避けしてしまうのでしょう。多くの場合、恋愛経験を積み重ねることで好き避けの頻度は減っていきますが、シャイで初心な性格の人は何歳になっても好きな人のことを好き避けしてしまいがちです。

ごめん避けの意味

Pen Write Sorry Excuse - Free image on Pixabay (519146)

好き避けや嫌い避けと同じカテゴリーで使われる言葉として、「ごめん避け」というものもあります。

ごめん避けとは、相手から好意を寄せられていることに気付いたものの、その好意に応じることができないため、相手に期待を抱かせないようにわざと避けたりそっけない態度を取ることを意味する言葉です。

今までのようにフレンドリーに接すると相手に変な期待を持たせ、最悪の場合告白をされてしまいかねません。そうなるときちんとお断りしなければならず、二人の関係は気まずくなってしまいます。つまり、告白されて面倒くさいことにならないように予防線を張っているのです。

内心「あなたの好意に応えることができなくてごめんなさい」と思いながら避けているのであって、嫌い避けと違い、決して相手のことが嫌いであったり苦手に感じているわけではありません。

嫌い避けを見分ける方法【視線を合わせてくれない】

Rain Am Lonely Kids The - Free photo on Pixabay (519147)

好きな人や気になる人にどうやら避けられているようだけれど、それが自分に対する嫌悪感からくる嫌い避けなのか、それとも好意と気恥ずかしさによる好き避けなのかよくわからないという方も少なくないことでしょう。

では、どうすれば嫌い避けかそうでないかを見分けることができるのでしょうか。そのポイントとしてまずご紹介したいのが、相手の視線をチェックするという方法です。

「目は口ほどにものを言う」ということわざがあるように、何気ないように思えたとしても、視線にはその人のさまざまな感情がよく表れています。

ここからは、視線で見分ける嫌い避けについてご紹介していきますので、特定の人から頻繁に避けられていると感じた時にぜひチェックしてみてください。

視線を合わせてくれない

Beautiful Close-Up Eye - Free photo on Pixabay (519148)

嫌い避けかどうかを見分ける方法としてまず挙げられるのが、とにかく視線を合わせてくれないということです。たとえば、こちらが話しかけてもほとんど目を見てくれず、下や横に目線をそらして早々と会話を切り上げようとするのは典型的な嫌い避けだと言えるでしょう。

嫌われているという現実が受け入れられず、「ただ単に人と目線を合わせるのが苦手な人見知りな性格をしているのでは?」と思い込もうとする人もいますが、他の人との会話時の視線をチェックしてみれば一目瞭然です。

自分以外の他の人がその人に話しかけた時にはきちんと目を見て会話をしています。そのため、自分だけ会話の際に目を合わせてもらえないこと、つまり嫌い避けされていることがわかるでしょう。

視線を合わせない心理

Psychology Mind Thoughts - Free image on Pixabay (519149)

以上で見たように、嫌い避けをされると業務上必要な連絡事項があって話しかけたとしても、とにかく視線を合わせてもらえません。

では、この時の相手の心理とはどのようなものなのでしょうか。端的に言えば、見るのも嫌いな相手に話しかけられて全身で拒絶している状態だと言えるでしょう。

嫌いな人であればあるほど、自分の視界の中に入るのも苦痛で仕方がないと感じ、視線をあえてそらすことで本能的に相手のことを拒絶しているのです。

特に女性の場合は男性と比べて生理的な嫌悪感を強く持ちやすい傾向にあるとされており、一度相手の男性のことを「気持ち悪い」と少しでも感じてしまったのならば、その感情が視線に顕著に表れます。

相手を完全に拒絶してしまい、自分の意志とは裏腹に視界に入れることが難しくなってしまうでしょう。

好き避けとの違い

Woman Face Bullying - Free photo on Pixabay (519150)

では、視線という点において嫌い避けと好き避けはどのように違うものなのでしょうか。まず、嫌い避けにおいては相手はこちら側をとにかく見ようとしませんし、視線もろくに合してくれません。

加えて、無表情であったりあかあさまに愛想がなく機嫌の悪そうな表情をしていることでしょう。それに対して、好き避けの場合も好きな相手への気恥ずかしさから、一対一で会話をする時につい視線をそらしてしまいがちです。

ですが、その時の表情は明らかに照れているとわかるでしょう。また、嫌い避け相手がこちらから視線をそらした時には好意から相手のことをついちらっと見てしまうものです。

さらに、好きな人のことは意識していなくとも無意識のうちに目線で追ってしまうものですので、ふとした時に視線を感じて周囲を見渡してみるとこちらを好き避けしてくる人物とパッと目が合うことが頻繁にあります。

嫌い避けを見分ける方法【体を向けてくれない】

Question Mark Pile Questions - Free image on Pixabay (519151)

1 / 5

関連する記事 こんな記事も人気です♪