割れ窓理論の概要と事例!恋愛や教育への応用と割れ窓理論への批判

割れ窓理論について詳細を知りたい方に向けて、その理論に対する批判や嘘か真実かの真偽性についてや、具体的な理論の適用事例や教育、恋愛、職場における割れ窓理論について等、身近な例をご紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

割れ窓理論って?

Question Mark - Free image on Pixabay (367954)

割れ窓理論(われまどりろん)とは、英語では「Broken Windows Theory」とも言われ、比較的軽い犯罪であっても、徹底的にそれらを取り締まることによって、凶悪犯罪を含めたあらゆる犯罪を抑止できる、と考える環境犯罪学上の理論です。

これは、アメリカの犯罪学者である「ジョージ・ケリング」が考案いたしました。たとえば、「建物の窓が壊れているのをそのまま放置すると、誰も注意を払っていないという意味の象徴となってしまい、やがて他の窓も全て壊されてしまう可能性が高まる」という考え方が、この理論名の由来です。

ここでは、その理論に対する批判、そして、真偽性についてや、具体的な適用事例、また、教育や恋愛、職場における割れ窓理論についても、身近な例をご紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

割れ窓理論とは

Dictionary Focus Book - Free photo on Pixabay (367956)

ここでは、あらためて、割れ窓理論の概要から経緯、提唱者や別名についてなどをそれぞれ項目別に説明していきます。割れ窓と聞くと、難しいカタカナではないため、非常にわかりやすいイメージを抱き、一時期バズワード化し、各所で取り入れようという動きがありました。

効果があるように感じる人も多い為、海外での成功事例から取り入れることの多い日本は、一部地域で取り入れました。そのあと、日本各地でも何か所か取り入れる動きが見られました。そして、割れ窓理論という用語は使われないとしても、学校や職場など、同じような理論を活用する施設もでてきました。

割れ窓理論の概要

Persian Poems Hafez Poet - Free photo on Pixabay (367957)

まずは、割れ窓理論の概要を説明いたします。基本的に、治安が悪化するまでには、一定のプロセスがあります。例えば、建物の窓が壊れているのを放置することで、「誰も当該地域に対し関心を払っていない」というサインを発します。修理されていないため、誰も気にしていないと思うのです。

そのため、厳しい所に比べ、相対的に基準が低いように感じ、ばれないだろうという意識が芽生え、犯罪を起こしやすい環境を作り出すのです。ちょっとしたゴミのポイ捨てなどの軽犯罪が増え始めます。そして住民のモラルが低下し、地域の振興や安全確保にも協力しなくなり、それがさらに環境を悪化させるのです。

やがて凶悪犯罪が多発するようになります。このような治安を回復させるには、無害であったり、軽い違反行為でも取り締まります(ゴミ捨てもきちんと分類させます)。警察のパトロールや交通違反の取り締まりも強化します。そして地域社会も警察に協力することで、改善されるのです。

割れ窓理論と言われるようになった経緯

Architecture Skyscraper Glass - Free photo on Pixabay (367970)

そもそもは、アメリカの理論です。1982年に、犯罪学者であるジョージ・ケリングと、ジェイムズ・ウィルソンが、「アトランティック・マンスリー」という誌上に、「割れ窓理論」を論文を発表しました。この論文で、初めて「Broken Windows Theory」という言葉が英語で使用されたのです。

「Broken=割れた」「Windows=窓」「Theory=理論」という意味です。誰かに割られても、自然と割れたとしても、後から見た人には分かりませんので、結果的に割れた窓は、直さなければ、誰も意識していないという事の象徴となってしまうのです。

目撃者がいないことは、犯罪をするうえで非常に優位に作用してしまいます。当時の時代的な背景としても、窓を割るという行為は、治安の悪さの象徴でもありました。ペイントアートなどの落書きも同じような作用をもたらします。海外では、電車に落書きされているところもあるのです。

ジョージ・ケリングが提唱

Laboratory Analysis Chemistry - Free photo on Pixabay (367978)

そもそもは、さらに前の1969年に、心理学者のフィリップ・ジンバルドという方が、人が匿名状態にある際の行動の特性を実験で検証しました。実験の結果により、「人は匿名性が保証されていたり、責任が分散されている状態にいると、自己規制の意識が低下する」と分かりました。

また、衝動的で非合理的な行動が現われやすくなり、周囲の人の行動に影響を受けて感染しやすくなることも判明しました。それから1972年に、アメリカ警察財団が、犯罪抑止のために大規模な実験を行いました。その中の1つに、警察の徒歩パトロールの強化実験があったのです。

これ自体には、意外にも「犯罪発生率を低下させる効果は特になかった」のですが、一方で、その地域の住民の「体感できる治安」に関しては向上しました。感覚として向上しているように錯覚したのです。犯罪学者ジョージ・ケリングは、この結果と、ジンバルドの理論を踏まえて、割れ窓理論を提唱したのです。

別名もある

Dictionary Reference Book Learning - Free photo on Pixabay (367958)

割れ窓理論には、別名もあります。1つ目は、「壊れ窓理論」というものです。これに関しては、割れた窓という表現を壊れた窓という意味に買えただけのものです。

2つ目は、「破れ窓理論」というものです。これは、 日本の評論家であり社会学者でもある「加藤秀俊」が「社会学(中央公論新社=中公新書〉の51頁にて2018年に表記しています。

そして3つ目は、英語をそのままカタカナに変えた「ブロークンウィンドウ理論」です。

割れ窓理論に対する批判

Criticism Write A Review - Free photo on Pixabay (370530)

一方で、批判もあります。ここでは、その割れ窓理論に対する批判について2つご紹介いたします。犯罪が減少した理由は、割れ窓理論ではなく、他のことが原因だったと主張する人がでてきたのです。

アメリカで出てきたこれらの批判者は、主な犯罪の発生率は、1990年代の間において、割れ窓理論を適用していないアメリカの他の地域や都市でも低下していたのです。これは「ゼロ・トレランス政策」というものを採用した都市と、しなかった都市で同じ結果だった事を指摘します。

ゼロトレランスとは、「zero」「tolerance(寛容)」という寛容がゼロであるという意味です。不寛容に徹して細かい所まで、きちんと罰則を定めて、もし、それに違反した場合においては、厳しく処分を実行する政策です。割れ窓理論を元にした政策であり、「毅然たる対応方式」などとも言われます。

取り締まりの厳格化が原因ではない

New York City Brooklyn Bridge - Free photo on Pixabay (367944)

ある調査によると、重大犯罪における「ゼロ・トレランス政策」の効果は、ちょうど同じ頃に、ニューヨークで行われていた他の取り組みの効果と比べて、区別が困難であると批判しています。その取り組みは2つあります。

1つは、警察の増員。もう1つは、景気がよくなり浮揚した時に、およそ50万人以上の福祉を受けざるを得ない人達を、その状態から就職へと導いたことです。景気がよくなると、犯罪が減る傾向もあるため、このような理由がちょうど重なったのではないかと指摘されているのです。

割れ窓理論採用によって減ったのではない

Taxi Cab Traffic New - Free photo on Pixabay (367943)

また別の解釈では、犯罪発生率が低下した原因として、「麻薬の流行が収まった」「ロックフェラー麻薬法で、刑務所の収容人口がゼロ・トレランスとは無関係に増加した」ということを批判の理由に指摘されています。また、人口構成が変化し、犯罪を起こしやすい16~24歳の男性人口が減少していた事も指摘。

また、バーナード・ハーコートとジェンス・ルードヴィッヒは、ニューヨークに住んでいる借家人を、より一層、秩序のある郊外に移転させました。「割れ窓理論」に従えば、より秩序のある安定した場所に移動すれば、借家人は犯罪を起こしにくくなるはずです。

しかし、その調査結果では、借地人たちは、以前とほとんど同じ確率で犯罪を起こし続けてしまっていたのです。このことから、割れ窓理論は犯罪減少の効果はないと批判されています。一方で、心理的な体感治安は上昇しており、日本でも実行されているため、完全に否定されたとは言えない状況なのです。

ニューヨークでの割れ窓理論の採用

New York Skyline City - Free photo on Pixabay (367945)

ここでは、より具体的な事例を紹介しつつ、割れ窓理論を採用した地域とその効果について説明いたします。まずは、最初に取り入れたニューヨークが行った目的や、その理由、また実施した内容について具体的に解説いたします。

1 / 4

関連する記事 こんな記事も人気です♪