八甲田雪中行軍遭難事件の全容!心霊スポットとなった八甲田山の現在

死の行軍とも呼ばれる史上最大級の山岳遭難事故、八甲田雪中行軍遭難事件の悲惨な全貌を徹底解説!生存者の証言から一行が辿ったルートを具体的にご紹介します。現在は心霊スポットともなった八甲田山と、この凄惨な事件との関連性についても深掘りしていきます。

情報収集不足

Entrepreneur Idea Competence - Free photo on Pixabay (318107)

そして青森隊には八甲田山周辺の地理や気候に詳しい者がほとんど居なかった事も要因として挙げられるでしょう。

天候の悪化を懸念して、途中に村民らから中止や案内人の申し出があったにも関わらず、それらを断って強行しているのです。

そりゃあ、行軍するとなれば悪天候の中で決行する方が都合は良いでしょうが、その結果で亡くなってしまっては意味がありません。

軽装備

Border Patrol Flags - Free photo on Pixabay (318096)

また、この情報力の不足と八甲田山における認識不足から、青森隊は寒冷地仕様とは思えない軽装で臨んだとされています。

靴下や軍手などの予備も準備せず、凍傷予防の知識もまったく無かったと言うのですから、自ら死にに行くようなものです。

将兵らは少し厚着をしていたものの、下士官兵卒らのほとんどが2枚の重ね着程度の防寒装備であったのです。

指揮系統の混乱

Alpine Soldier Three Peaks - Free photo on Pixabay (318097)

青森隊の総指揮者は、この行軍における隊長であった神成大尉であり、それに山口少佐をはじめとする少数の大尉や伍長から形勢されていました。

しかし、神成大尉が総指揮者とは言え、実際の階級やこれまでの職歴からいくと、実は山口少佐の方が上司にあたるのです。

このことから神成大尉ではなく山口少佐が独断で指揮をとっていたとの証言が残されており、統率がとれていなかった事が分かります。

認識不足

Puzzle Match Missing - Free photo on Pixabay (318113)

先ほどでも前述したように、厳寒地とも言える八甲田山での認識や知識が乏しかった点は非常に大きな原因となるでしょう。

行軍の参加者のほとんどが宮城県や岩手県の平地農家の出身だったのです。それらの地域の雪は湿雪ですから、そもそも雪の性質が全く異なるのです。

寒冷地における認識不足と防寒への知識の乏しさが明暗を分ける結果となってしまいました。

八甲田雪中行軍事件の悲惨な状況

Thin Ice Frozen Pond - Free photo on Pixabay (318119)

あまりの寒さから気温を測定して記録する事も出来なかった青森隊は、皆が低体温症に陥っていました。低体温症を起こすと、様々な幻覚を見たり、精神に錯乱を来します。

手が思うように動かずにズボンのボタンを外せず、そのまま大便する事となった兵も居れば、放尿の瞬間に陰部まで凍り、悶絶の中死んで行く者も居たのです。
Graphic Icicle Icicles - Free vector graphic on Pixabay (337715)

頭から下が雪に埋もれていた者に軍医が気付け薬を注射しようとしても、皮膚までが凍っていた為に注射針が折れてしまう出来事もあり、仕方なく口を開かせて口腔内に注射するシーンもありました。

飢えや疲労から視力にも異常を来し、ただの枯れ木を応援部隊と勘違いして喜び、そのまま死にゆく者も居たのです。想像しがたい悲惨な状況であった事が分かります。

八甲田雪中事件の疑問点

Doubt Portrait Doubts - Free photo on Pixabay (318124)

この八甲田雪中行軍遭難事件には、数々の疑問点も残されています。軍側から情報操作されていたり隠された事実があったりとも囁かれています。

そんな裏話の中から、特に有力な2つのエピソードをご紹介します。

弘前隊は遭難者を目撃していた?

Eye Guy Man - Free photo on Pixabay (318129)

弘前隊が青森隊の遭難を、田茂木野に着いてから知ったものとされていますが、実は途中で遭難中の青森隊を目撃していた説があるのです。

これは、隊員の日記や案内人による証言、従軍の記事にも記されているのです。遭難者の顔を確認するべく軍帽を外すと顔の皮膚まで剥がれたとの記述もあります。

これらは軍による命令から口外する事を禁じられていましたが、のちに遭難者を目撃するも無視して通過した事が第5連隊の体験談として資料が見つかりました。

山口少佐の他殺説

Killer Horror Jimmy - Free photo on Pixabay (318133)

また、山口少佐の死因についても遭難事件後に様々な説が浮かんできたのです。公式発表での死因は、心臓麻痺だとされています。

しかし、ピストルで自殺した説や、一連の責任を負わす為に軍に暗殺された説、クロロホルムによるショック死説なども噂されています。

ピストル自殺説が有力とされていましたが、山口少佐は救助された際に膝下と肘下に重度の凍傷を負っており、手や指も膨張していた為、自殺は不可能だともされています。

八甲田山は現在心霊スポットに

Hand Silhouette Shape - Free photo on Pixabay (318138)

現在においては八甲田山と聞くと、イコール心霊スポットだと認識している方が多いでしょう。大きな山では何処でも心霊系の話は付き物ですが、八甲田山はまた一味違うものです。

これだけ悲惨な遭難事故が起こり、これだけ多くの人々が死んで行ったのです。当時における戦死などの英雄や勇姿ではなく、不本意かつ飢えと寒さで苦しみ死んで行ったのです。

やはり沢山の未練も悔しさもあるでしょう。それらが霊となってさまよっているのも納得できる話です。八甲田山の心霊現象には、どうしてもこの遭難事件との結び付きがあるように感じます。いくつか心霊エピソードをご紹介しましょう。

遭難者たちの霊の目撃情報

4 / 5

関連する記事 こんな記事も人気です♪

日本や世界の不思議な事件まとめ!中には未解決の事件も?

日本や世界の不思議な事件まとめ!中には未解決の事件も?

日本や世界では不思議な事件が多く起きています。未解決の事件もたくさんあり、発生理由がわからなかったり行方不明のまま見つからなかったりするものもあります。どのような事件が起きているのか日本編と世界編に分けて詳しくご紹介していきます。
光市母子殺害事件の詳細と判決!大月孝行の壮絶な生い立ちと現在は?

光市母子殺害事件の詳細と判決!大月孝行の壮絶な生い立ちと現在は?

1999年に発生した光市母子殺害事件の犯人は大月孝行(旧姓・福田)という男性でした。犯人の男は18歳という若さで主婦・乳幼児を殺害したのです。今回は光市母子殺害事件について詳細を紹介すると共に、死刑に至るまでの経緯、そして大月孝行の生い立ちを紹介して参ります。
ホモフォビアの意味と原因とは?同性愛の歴史と日本で起きた事件

ホモフォビアの意味と原因とは?同性愛の歴史と日本で起きた事件

性について寛容と言われる日本でも多く存在する『ホモフォビア』という思想をご存じでしょうか。同性愛などの性的思考と関係が深いその言葉が生まれた歴史的背景や、原因について、また世界での捉え方も同時に触れて、性的志向への議論に関しても考えて行きます。
アメリカの有名ギャング「アル・カポネ」の生涯!逮捕された理由とその後も

アメリカの有名ギャング「アル・カポネ」の生涯!逮捕された理由とその後も

アル・カポネは、20世紀のアメリカを代表するギャングです。アメリカで禁酒法が施行された時代に犯罪組織の近代化に成功し、絶大な権力を誇りました。その影響は現在まで続いています。今回は、アメリカ史上最も有名なギャング、アル・カポネの生涯に迫ります。
底なし沼は日本にも実在する?沼の仕組みや脱出法と死亡事故も

底なし沼は日本にも実在する?沼の仕組みや脱出法と死亡事故も

底なし沼は国外だけのものではなく、日本にも実在しています。ここでは、底なし沼の深さや仕組みについて解説、脱出方法・救助方法や悲しい死亡事故、また、底なし沼がある場所の特徴や底なし沼がでてくる映画や童話なども紹介していきます。

この記事のキーワード