2019年7月14日 更新

自分を好きになる方法11選!好きになるための名言も!

自分を好きになるための方法や背中を押してくれる名言の紹介です。自分を好きになることができず、悩みを抱えていると知らぬ間にうつ病になってしまう可能性もあります。自分を好きになり、一度きりの人生をあなたが思うままに存分楽しみましょう。

目次

自分を好きになれない人の特長や原因

Girls Ms Sea - Free photo on Pixabay (403427)

自分のことを好きになれない人には、性格や言動・行動に特徴があり、そうなってしまった原因があります。まずはその自分の性格と向き合って理解することが大切です。

自分のことを好きになるためには、まずは自分を知ることから始めていきましょう。そして、原因というものは過去の出来事が大きく関わってきます。

そういった思い当たる過去の出来事からも目を背けずに自分を分析しながら、自分のことを好きになる努力をしてみましょう!

いつも人と比べてしまう

Model Woman Composition Young - Free photo on Pixabay (403421)

家族や友人、同僚など身近な人と自分を比べてしまうことはありませんか?自分の良さや個性を認めることができずに、他人と比較してばかりいます。それは、自分に自信がないことが原因です。

自分にはない人の良さや自分とは違う部分に、敏感に反応しています。自分と人を比べていくたびに落ち込んだり悩んだりして、どんどんネガティブの沼に落ちていく最悪なループの始まります。

自分の悪いところや良いところを理解して受け入れることができず、他人にばかり目を向けてしまいます。つまり、自分自身と向き合えていません。

自分のことを理解できていないのに、他人の行動や言動を見ては自分にないものに敏感に反応します。

自信を持つことができない

Model Yellow Flower Young - Free photo on Pixabay (403429)

自分の行動や言動に自信を持てずに、自分は正しいと思うことができません。そして、他人に褒められても素直に喜べずに否定的になりがちです。自分には良いところがないと思っています。

自分の行動や言動が他人に受け入れられるのか不安で、自信を持って行動したり発言したりできないのでしょう。今まで他人の顔を見て物事を判断したり行動したりしてきた人は、本当の自分が正しいのかわからなくて自信を持つことができません。

そして、自信を持つことができないのは、過去に誰かにトラウマになるような否定的なことを言われたり、褒められることが少なかったりしたことが原因となっています。そして、その過去から目を背けています。

ネガティブすぎる

Woman Beautiful Girl - Free photo on Pixabay (403432)

物事を考える時に、まずネガティブ思考から入り発する言葉もネガティブなことばかりです。そういった人は、ポジティブな思考への変換が苦手だったり、物事をポジティブに捉えることができません。

ネガティブすぎると気持ちも暗くなり自分の良いところに気づいたり、自信を持つことはできません。自分には何もない、何もできないと考えてしまっています。

ネガティブすぎる人は、自分に自信がないことはもちろん、常に最悪の展開でしか物事を考えることができていないことが原因です。ありもしない事実をネガティブな方向に妄想し、勝手に病んでしまうのです。

恋愛で例えると、ネガティブな人は「あの人は、絶対私なんかと付き合ってくれるはずがない」と、何も行動していない時点から思ってしまいます。自らアクションを起こしたわけでもないのに、勝手な妄想からネガティブな考えになっています。

否定感が強い

Girl Mystic Portrait - Free photo on Pixabay (403435)

否定感が強い人の口癖は、「でも」「だって」など否定的な言葉です。このような口癖の後に繋がる言葉も、決まって自分や他者を否定する言葉を発しています。

そして、常にネガティブな発言や悪口を言うことが得意です。どんな出来事に対しても、否定することから始まり自分も他人も誰も良い気持ちになれません。

人に褒められた時も素直に認めることができません。「どうせ私なんて…」とすぐに否定しています。褒められたことさえもネガティブに捉えてしまっています。

否定感が強いことも、自分の良さを認められず自分に自信がないことが原因です。否定をすれば自分が傷つくことはないと考えてしまっているのでしょう。

トラウマがある

Clock Alarm Time - Free image on Pixabay (403436)

自分に自信がなくなるような出来事があり、その出来事がトラウマとなっています。例えば、家族から自分を否定されるような言葉を言われた過去、友人からのいじめなど、自分が殻に閉じこもってしまう経験がありませんでしたか?

小さな出来事でも、そのような経験がトラウマとなり、「私なんて…」と自分を蔑むようになってしまったのです。特に小さい頃に受けたそういった経験は、大人になってからでも忘れることができず気づかぬうちにトラウマになっています。

そしてそのようなトラウマの過去から目を背け、向き合えていないのです。自分にはトラウマはないと思っていても、実は過去を振り返ってみると「そういえばあの時から・・・」といった出来事があるはずです。トラウマを克服するには、その出来事と向き合うことが大切です。

自分に期待して自分に裏切られたことがある

Blur Close-Up Girl - Free photo on Pixabay (403437)

努力して取り組んでいたことが、結果として表れずにひどく落ち込んだ経験はありませんか?自分に期待して、「自分ならできる!」と意気込んで努力したけれど、結果が伴わず裏切られたような気持ちになってしまったことです。

そのようなトラウマから、自分には何もできないと思ってしまっています。仕事でも恋愛でも必要以上の期待をしてしまえば、結果が伴わなかった時のショックは大きいものです。

一度大きなダメージを受けてしまうと、またもう一度何かにチャレンジしても同じことの繰り返しになるのではないか、と思ってしまいます。ですが、何事にも失敗は付きものです。

自分に裏切られた経験も、失敗した経験も、自分のこととして受け入れなければ前には進めません。自分を好きになれない人は、その事実から目を背けてしまっています。

うつ病の可能性がある

Window View Sitting Indoors - Free photo on Pixabay (403438)

うつ病とは、憂鬱な状態が続いたり、さまざまな欲求の低下が続いたりして脳のエネルギーの欠乏が起きている状態です。そういった心の変化もありますが、睡眠障害・食欲の低下など身体に変化が伴う場合もあります。

気分が落ち込んでしまい、何をしても楽しめない、そしてそのような気持ちや症状が一日中続く状態です。そして自分はダメな人間だと脳が思い込んでしまいます。

こういった症状が一時的ではなく、続いてる場合はうつ病の可能性があります。自分はうつ病ではないと思っていても、うつ病は、身近な病気であり誰にでも起こりうる可能性があります。

少しでも症状に思い当たる節があると感じた方は、ぜひ下記のリンクのチェックシートを活用してみてください。自分の現状を知ることから始めてみましょう。
Checklist Check List - Free photo on Pixabay (403439)

自分を好きになれないデメリット

Blindfolded Blind Hair - Free photo on Pixabay (403441)

自分のことを好きになれないと、自分にとってデメリットがあります。それは、自分の中の気持ちや周りの環境だったり、生活や人生に大きく影響していくようなデメリットもあります。

デメリットとは、ネガティブなものばかりです。自分を好きになれない人は、改めて過去を振り返ってみてください。きっと当てはまるものがあります。

そして、そういったデメリットがあることを理解した上で、自分のことを好きになることのメリットも紹介します。

暗い気持ちを持ってしまう

1 / 4

116 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪