【診断】あなたのモテ期はいつ?モテ期の前兆と手相で判断する方法

モテ期とは聞いた事があるけれど、まだきていない!いつ来るの?本当に3回来るの?そんな悩みを解消するために、モテ期診断ができるアプリの紹介や、手相での占い、またモテ期の前兆7つをご紹介します。モテ期を見逃して損をしないようにじっくり解説していきます。

自分の過去を思い出してみる

Writing Writer Notes - Free photo on Pixabay (175052)

自分の過去を振り返ることは非常に大切なことです。わかりやすくモテ期が来てくれればいいのですが、本人は全く気付いていないことが多いのです。それは、自分の好みの相手からの告白以外は無視しているからです。

好きな人じゃないし、告白されても困る!と思い込んでしまっているとき、実はその時はモテ期だったと振り返るとわかることもあるのです。相手の見た目や年齢など、条件で好みを決めているとき、どんなにたくさんの人に好意をもたれても、気付かないフリをしたり、無視したり、雑に扱ってしまうものです。

そのような経験があったかどうかも、振り返ってみましょう。

モテ期診断アプリを使ってみる

Smartphone Cellphone Apple I Phone - Free photo on Pixabay (175057)

アプリを使ってモテ期を調べる事ができます。今とても人気なのが、130万もダウンロードされている「モテキ」というねこちゃんがとてもかわいいアプリです。

30個の質問に答えると、モテ期がいつ訪れるのかをズバっと診断してくれます。その診断も、ギャグ系から本気系まで、様々な種類の診断が楽しめます。

また、心理学を根拠にして創られた心理テストもあり、気付かなかった自分を見つけることができます。一部有料のコンテンツもありますが、無料でもできるので、チャレンジしてみてください。

占いで見てもらう

Ball Glass Round - Free photo on Pixabay (175059)

占いでみてもらうというのも1つの方法として挙げられます。生年月日、出生時間、性別、自分が書いた文字など、様々な角度から占いによって自分を見つけることができます。多くの占い師さんは、その人の人生の波を見ることができるので、モテ期はいつなのかを教えてもらう事ができるでしょう。

モテ期を到来させる方法

Who How What - Free photo on Pixabay (175066)

モテ期を到来させる方法はあるのでしょうか?それはやはり自分が動くことです。家の中に閉じこもって待っていても、モテ期は玄関を開けて自分からは入ってきてくれません。

嘆いていても自分が動かずいつもと同じ事を繰り返していては何も変わらないのです。ここからは、具体的に自分からモテ期を到来させる方法を詳しく解説していきます。

自分磨きに時間を使う

Bathroom Tub - Free photo on Pixabay (175069)

何をおいても、自分磨きに時間を使うことが、モテ期を到来させるために一番大切なことです。美しさというものは見た目もそうですが、内側からにじみ出てくるものです。見た目をどんなに美しくしても、すぐにメッキははがれてしまいます。

しかし、人は第一印象でその人のほとんどを判断してしまうという研究結果もあるので、見た目を美しくすることももちろん大切です。その為に自分にあったエクササイズをするのはとても効果的です。例えば持久力がないのに突然マラソンを始めても苦しいだけなので、ヨガをやってみるなど、自分の性格にあったものを選びましょう。

Meditate Meditation Peaceful - Free photo on Pixabay (176302)

また、趣味を見つけてそれに没頭するのも自分磨きです。好きなものに集中しているとき、仕事にやりがいをもって集中している時というのは、ものすごく内側から光が出て輝きます。人はそんな人に魅力を感じるものです。

ですから、よく言われるのが、「もう恋人はいらない!今は自分の事でいそがしい!」と思っているときにかぎって、モテはじめるのです。モテ期はいつ来る?早く来て!とガツガツしている雰囲気の人よりも、自分磨きに時間を使ってそれを心から楽しんでいるとき、気持ちに余裕ができてその余裕が魅力になって多くの人をひきつけるのです。

合コンやクラブにいき連絡先を蓄えておく

Concert Confetti Party - Free photo on Pixabay (175072)

前述しましたが、家に閉じこもっていても出会いはそう向こうからはやってきてくれません。まずは自分から動きましょう。合コンに呼んでもらうよう友達に声をかけておいたり、クラブに行ってみたり、飲み会やイベントに誘われたら積極的に参加しましょう。

その時に知り合った同性、異性の連絡先は交換しておいて、そこから出会いを広げていきましょう。その場に自分の好みの人がいなかったとしても、その先にはどんな出会いがあるかわかりません。

出会いは広げれば広げるほど可能性は高まるので、積極的に行動していきましょう。

同性としっかり仲良くしておく

Twins Girl Female - Free photo on Pixabay (175076)

モテ期が来て欲しいからといって、異性にばかり目をむけるのではなく、ここでは同性と仲良くしておく事が非常に大切です。同性のお友達を広く作ることで、その先の出会いの可能性が広がる事になるからです。

合コンや食事会、パーティーなどに声をかけてくれるのは同性ですし、同性だからこそ「こういうイベント行ってみない?」と、自分から誘う事もできるからです。

また、モテ期が来た時に同性からにらまれないように、普段から仲良くして信頼関係を作っておくことは、人間関係の基本としてとても大切な事です。

手相でわかるモテ期

Hand Rainbow Light - Free photo on Pixabay (178242)

手相とは、手のひらにあらわれる、線や筋、肉付きなどの様子をみて、その人の性格や健康状態、才能、恋愛、運勢の良し悪しを判断する占いです。このようにして、手相をみても、その人の恋愛状態なども見ることができるので、モテ期を知ることができます。

手相から恋愛状態やモテ期を知ることができたら、希望を持てたり、または失敗する事も少なくなります。ここから詳しく手相を解説していくので、参考にしてみてください。

手相にはモテ線がある

Beauty Woman Portrait - Free photo on Pixabay (175091)

手相には、同性、異性問わず人気が殺到する、モテ期到来線というものがあります。まず、生命線を探してください。生命線とは、親指と人差し指の付け根の間から、手首の方向にカーブを描いて伸びている線を指します。

その生命線から、親指に向かって1本くっきりと真横に線が伸びていると、人生最高のモテ期に入っているというサインです。異性問わず人気が殺到する時期というものを迎えています。

いくら線が出ていても、黙って動かなければ何もかわらないので、この時期は人脈を積極的に広げる行動をしていきましょう。

感情線の先端が三又

3 / 4

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ネトストの意味とは?ネトストをする方法や心理とやめたい時にすべきこと

ネトストの意味とは?ネトストをする方法や心理とやめたい時にすべきこと

ネトストの意味とはなんなのか、ばれるとどんな危険があるのか、ネトストをやめたい時に実践する方法やネトスト度診断など。ネトストをしてしまう心理には一体どんなものがあるのかネット社会の今だからこそ知っておきたいSNS事情についてまとめました。
【診断】いい人止まりな男女別の特選7選!いい人止まりからの脱却法

【診断】いい人止まりな男女別の特選7選!いい人止まりからの脱却法

いい人止まりなひとの特徴とは?男女別のいい人止まり診断や、恋愛傾向、脱却方法を紹介していきます。「なかなか恋愛が上手くいかなくて、いつもいい人止まり…」そんな人は必見です!いい人止まりを卒業して幸せな人生を手に入れましょう!
【診断】傷つきやすい性格は病気?傷つきやすい性格の克服方法も

【診断】傷つきやすい性格は病気?傷つきやすい性格の克服方法も

自分は傷つきやすい…と感じていますか?気になっている人は、傷つきやすさを診断してみてください!傷つきやすい人は自己愛が強いのが特徴です。また人の気持ちに敏感に反応してしまうのは、うつ病などの病気の可能性も…今回は傷つきやすい人の性格と克服方法を5つ紹介します。
【診断】知性がある人や知性のある顔の特徴16選!知性を磨く方法も

【診断】知性がある人や知性のある顔の特徴16選!知性を磨く方法も

そもそも日常生活で使う「知性」とはどんな意味?知性的な人には顔や性格の違いもあるのか?知性が欲しい人への知性を磨く方法と、あなた自身にもある知性度の診断とともに、本当は良く知らないで使っている言葉である「知性」について紹介していきます!
【診断】ガチ恋がつらい!アイドルや声優へのガチ恋をやめる方法とは

【診断】ガチ恋がつらい!アイドルや声優へのガチ恋をやめる方法とは

みさなんはアイドルや声優に恋をするガチ恋をご存知でしょうか?ガチ恋は世間からきもいと思われがちです。またガチ恋はつらい恋のためやめたいと思う人がほとんどです。今回はガチ恋とはどのような恋なのか、またガチ恋診断でガチ恋をしているのか見ていきます。

この記事のキーワード