チャームポイントの例7選!チャームポイントになる部位と作り方!

チャームポイントは人それぞれです。また、コンプレックスに感じている部分でも、他の人から見ると反対に魅力的だと感じる部分も多くあります。今回は主に顔の中のチャームポイントになりやすい部分について例を挙げて紹介します。チャームポイントを持っていて損はありません。

チャームポイントがあるのは良いこと

Girl Portrait Beauty - Free photo on Pixabay (440563)

チャームポイントとは、主に顔の中で他の人が魅力的に感じるポイントのことを意味します。本人はコンプレックスに感じている部分でも、周りの人が褒めてくれることでチャームポイントになる場合もあります。

自分自身の強みを知っていることで自分の顔に自信が持て、堂々と他人と話したり笑顔を見せたりすることができる、心強いものです。

また、自分の魅力を知っておくことで、女性はそれを活かしたメイクをすることができ、更に美しく可愛くなれるでしょう。また、「可愛いは作れる」と言われるように、チャームポイントを作ることも可能です。

よくあるチャームポイント例

Blue Sunglasses Woman Swimming - Free photo on Pixabay (440562)

チャームポイントは人によって異なります。またチャームポイントの基準は無いので、自身が魅力的だと感じている部分であったり他人から褒められたりする部分がチャームポイントとなります。

他の人と異なる、顔の特徴をチャームポイントとしている人もいます。ここでは人々がチャームポイントにしやすい部分やその特徴を紹介します。

Hijab Headscarf Portrait - Free photo on Pixabay (440561)

日本人は顔のパーツの中で、圧倒的に目を意識します。その中でも、二重幅の広い大きな目は憧れの対象であり、そのような目を持っているだけで周りから褒められることが多いです。そのため、二重の大きな目の人はチャームポイントになりやすいでしょう。

また、クールな印象を与える切れ長の目や可愛い印象を与える垂れ目もチャームポイントになりやすいです。目は人の顔の印象を左右する役割を持っているため、目をチャームポイントにできたら自分の顔に自信が持てるでしょう。

また、目の形や大きさによってメイクも大きく変わります。

笑顔

Babe Smile Newborn Small - Free photo on Pixabay (440560)

顔のある部分をチャームポイントにする人もいれば、笑顔をチャームポイントにする人もいます。笑顔の印象を相手に与えることができたら、顔が整っているかどうかは関係なしに、好印象を持ってもらえやすく、笑顔で損をすることはありません。

どれだけ美人でも、笑顔がなければ怖い印象や近づきにくい印象を与えてしまうように、笑顔はとても大事です。笑顔があれば周りを幸せな気持ちにすることができ、いつも明るい印象を持ってもらえるでしょう。

髪の毛

Girl Woman Beauty - Free photo on Pixabay (440559)

女性の場合は特に、髪の毛はチャームポイントになりやすいです。チャームポイントになりやすいのは、サラサラの直毛やくるくるの天然パーマです。

また、子供の頃は髪の毛がコンプレックスだった人も、大人になって好きなように髪型を変えられるので、縮毛矯正やパーマによって自分のなりたい髪にすることができ、髪の毛に自信が持てるようになることも多いです。

髪質に特に特徴がない場合でも、毎日のヘアアレンジなどで周りに差をつけ、チャームポイントにしている人も多いです。女性にとって髪の毛は象徴のような役割をするため、男性へのアピールとして手入れを入念にしている人もいます。

えくぼ

Baby Boy Smiling - Free photo on Pixabay (440558)

えくぼは、笑ったら頬にできる小さなくぼみのことです。大きくなるにつれて無くなる人が多く、大人になってもある人はチャームポイントになることがほとんどです。笑顔が特徴的なため、可愛いと褒められることが多いでしょう。

大人になってからできたえくぼは顔の筋肉の衰えである可能性が高く、年を重ねるにつれてほうれい線や二重顎になる原因にもなります。しかし、顔の筋肉を鍛えることでえくぼを保ったまま可愛い笑顔を保持することができるでしょう。

可愛いを売りにしている芸能人も、えくぼを持っている人は少なくありません。

Cat Relax Chill Out - Free photo on Pixabay (440557)

鼻は顔の中央にあるため、特に初対面の場合は目に入りやすい場所です。人と目を合わせるのが得意ではない場合、鼻を見ている人も少なくなく、それだけ鼻が印象に残りやすいです。

鼻にも様々な形があり、鼻筋の通ったスッとした鼻や小さな鼻、少しわし鼻など人によって異なります。整形手術で鼻筋を綺麗にするものが流行っていることからも、鼻が重要パーツであることが分かります。

また、最近ではノーズシャドウなどで鼻を立体的に見せ、より目立たせるメイクも多くあります。

口元

Speak Talk Microphone Tin - Free photo on Pixabay (440556)

口元、特に唇もチャームポイントになりやすいです。人が話している時、ついつい口を見てしまう人も多いのではないでしょうか。

一般的には、唇がぷくっとした分厚いものがチャームポイントとなりやすいですが、本人はコンプレックスに感じている場合も少なくありません。また、唇が薄い人は本来のリップのラインよりも少しオーバーに口紅を塗ることで厚く見せている人もいます。

アヒル口などが流行ったことからも、口元は男性にとって性を意識しやすい場所なので、口元をアピールポイントにしている女性も多いです。

八重歯

Blonde Towel Portrait - Free photo on Pixabay (440555)

八重歯は日本人の多くがチャームポイントにするポイントの1つです。外国では綺麗な歯並びが美しいとされ、八重歯を持っていたら歯列矯正をするのが一般的ですが、日本では可愛いとされ、付け八重歯まであるほどです。

そもそも八重歯とは、ただ一般的な犬歯よりも尖っているだけでなく、歯列よりも前に出て生えている歯で、牙のように見える歯のことを指します。

これが日本人にとっては無邪気さや小悪魔っぽさを感じるポイントであり、世界でも八重歯をチャームポイントとするのは珍しいようです。

ほくろはチャームポイントになりやすい

Beautiful Woman Face Young - Free photo on Pixabay (440554)

1 / 4

関連する記事 こんな記事も人気です♪