2019年7月14日 更新

塩顔女子はブス?モテる?塩顔女子の特徴やモテるメイクや似合う髪型

しょうゆ顔のさらに上を行く薄い顔、それが塩顔です。塩顔女子は一見能面のようなのっぺり顔をしていますが、決してブスではなく、ひそやかで個性的な美しさを持っています。塩顔女子の特徴と、似合う髪型やモテるファッションをご紹介しましょう。

塩顔ってどんな顔?

 (443047)

「しょうゆ顔」、「ソース顔」というように、日本では人の顔のタイプを調味料を使って表すことがあります。しょうゆ顔は日本人らしいさっぱりした爽やかな顔立ち、ソース顔はくっきり二重に鼻筋の通った高い鼻、彫りの深いいわゆる「濃い」顔を指します。

近年ではさらに細かく分かれ、少年っぽい甘い雰囲気の「砂糖顔」、ソース顔ほど濃くなくあっさりしている「ケチャップ顔」など、顔のタイプに応じて、調味料に関係した様々な名づけがされています。
 (436770)

「塩顔」はしょうゆ顔よりさらにあっさりした、彫りの浅い薄い顔を指します。もちろん明確な定義はありませんから、どこまでがしょうゆ顔でどこからが塩顔は主観での判断になります。

色白ですっきりしたフェイスラインが爽やかな塩顔男子は現在大人気ですが、その女性版、いわゆる「塩顔女子」はどうでしょうか。塩顔女子の特徴や魅力をご紹介していきましょう。

塩顔女子の特徴

 (436796)

まずは塩顔女子の特徴についてご紹介しましょう。もしかしたら、「今まで気づいていなかったけど、私って塩顔女子?」と驚く方もいるかもしれません。

一重

 (446983)

塩顔女子の特徴の一つとして、目が一重であることが挙げられます。日本人には一重が多く、生まれつき一重まぶたの人は全体の7割程度だと考えられています。これは日本人の祖先がシベリアに移り住んだから、という説があります。

その説によると、元々彫りが深く二重まぶただった日本人がシベリアに移り、その寒さに適応するためにまぶたが厚くなり、一重まぶたに進化したということです。
 (436856)

そう考えると、塩顔女子の顔が全体的に平坦なのは、シベリア移住時代に寒いところで熱を奪われにくいために起伏が少なくなったご先祖様の血を色濃く引き継いでいるからかもしれません。

また、塩顔女子の中には一見一重に見えるけれども実は二重と言う「奥二重」の人も多くいます。くっきり平行線の二重も可愛いのですが、一重や奥二重には知的で涼やかな魅力があります。あっさり顔の塩顔女子にはぴったりです。

顔のパーツが小さい

 (436804)

塩顔女子は顔のパーツが小さいです。目はぱっちり開いたどんぐりまなこではなく、つぶらだったり細かったりします。一重のためにより控えめな印象を受けます。

鼻も口も小さく、唇は薄いです。耳まで小さくて可愛いです。そんな小さなパーツが配置された顔も小さく、丸顔よりはシャープなラインの瓜実顔の方が多いです。

また、人相学によると、目、鼻、口といった顔の中心となるパーツが小さい人は、内向的で穏やかな性格であると言われています。もしそうだとしたら、塩顔女子は控えめな性格の人が多いかもしれません。

顔の彫りが浅い

 (436846)

塩顔女子は目、鼻、口、耳と言った顔のパーツが小さい上に顔の彫りも浅く、古代ギリシャの彫刻には絶対に登場しないような顔立ちをしています。

のっぺりしていて、全体的にぼんやりとした印象を受けますが、なにもくっきりはっきりの派手顔だけが美人の条件ではありません。彫りの浅い塩顔女子には、春の霞の中に溶けてしまいそうなはかなげな美しさがあります。自己主張し過ぎな濃い顔よりも好き、という男性も多いでしょう。

童顔

 (436792)

塩顔女子は顔のパーツが小さく、特に鼻が小さくて低いために、子供っぽい顔に見えます。唇が薄く色が淡いピンクであることも、幼さを感じさせる要素となっています。

塩顔女子は純和風顔で西洋人から見るとより幼げに見えるでしょう。若いうちは気になるかもしれませんが、年をとってもみずみずしい魅力があるのが塩顔女子の強みです。スキンケアやスタイルの維持に気を配り、「美魔女」とはまた違う、天使のような美しさを保ちましょう。

男性から見た塩顔女子の特徴は?

 (436818)

顔のパーツが小さく彫りの浅いあっさり顔の塩顔女子は、男性からどのような印象を持たれているのでしょうか。男性から見た塩顔女子の特徴をご紹介していきましょう。

あまり可愛くない

 (436934)

1 / 5

129 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪