和風美人の特徴9選!和風美人な芸能人やモテる理由も!

黒髪をサラッとまとめた髪型にキリッとした一重の眼、赤い口紅でメイクした和服の似合う女性。和風美女は実はモテる特徴を多く兼ね備えていることをご存知でしょうか。芸能人にも和風美人はたくさんいます。この記事では、和風美人の特徴となぜモテるのか等を紹介します。

和風美人は褒め言葉?

Kimono One Crafted K - Free photo on Pixabay (530700)

「和風美人だね」と言われてもそれが褒め言葉かどうかわからないという方も少なくないようですが、大抵は褒め言葉として使われています。「美人」と言われる人は一概に目鼻立ちがハッキリした艶やかな女性を思い浮かべますが、和風とつくと「地味」と捉えてしまう方もいます。

でも、和風美人と言ってくれている人はその殆どが「褒め言葉」として使っています。見た目はもちろんなんですが、その佇まいや醸し出す雰囲気に「和風美人」という言葉を当てはめて言ってくれています。なので素直に喜びましょう。

和風美人の特徴9選!

Beauty Asia Seductive - Free photo on Pixabay (530703)

和風美人は褒め言葉というのが分かっても、何を指して「和風美人」というのかハッキリとは立証されてはいません。ですが一般的にこれが和風美人という特徴はあります。なのでここからは和風美人の特徴を9個紹介します。どれか一つが当てはまるから美人というのではなく、この特徴がいくつも当てはまるから「和風美人」と言われます。

和風美人以外にも「昭和顔」や「塩顔」とも言われる和風美人。地味で目立たないと思われがちな和風美人ですが、言い換えれば奥ゆかしくて上品なイメージがあるとも言えるのではないでしょうか。では、それらの特徴を見ていきましょう。

色白

Geisha Girls Kimono - Free photo on Pixabay (530726)

色白は美人の代名詞と言っても過言ではないでしょう。よく言う「秋田美人」はなんといってもその肌の白さときめ細かさに美人と言われる特徴があります。色白=美人はもはや常識なのではないでしょうか。それに美人画と言われる昔からある有名な日本画は美人はすべて色白で描かれています。

色白だからこそ着物や浴衣が似合うという意見もあります。小麦色の肌が悪いわけではありませんが、着物を着たときにどうしても浮いてしまいます。肌が白いときれいに着こなせるのが色白であることを和風美人と言えるのでしょう。平安時代では色が白いほど美人の証と言われていたため、顔を白く塗る風習もありました。美人=色白というのはいつの時代も変わらないのでしょう。

黒目がち

Boy Child Kid - Free photo on Pixabay (530728)

黒目がちという言葉も和風美人の特徴なのですが、「黒目がち」という言葉の意味は黒目と白目を比較すると黒目が大きいという意味があります。逆に白目の比率が大きいと「三白眼」と言われキツイ印象を与えます。黒目がちなのは「目」の大きさではなく「瞳」の大きさを指すので一重であっても関係ありません。

一重で三白眼だとむしろ強面になってしまいますが、黒目がちならかえって二重よりも眼が大きく見えて可愛らしく、保護欲を与えます。また、黒目がちだと小動物の大きな黒目を連想し可愛らしいという気持ちになるのではないでしょうか。

切れ長の目

Girl Asian Fashion - Free photo on Pixabay (530760)

切れ長の目とはとスッと目尻に伸びた細長い目のことをいいます。良く目が小さく、一重の目が切れ長の目と言われますが実際には二重の目でも切れ長の目になることは普通にあります。ただ、一重より二重のほうが目が大きく見える印象がありるため切れ長の目=一重と言う印象が強くなってしまったのではないでしょうか。

和風美人にはくっきり二重よりも一重や奥二重の方が当てはまる傾向にあります。切れ長の目が和風美人の特徴と言われるのはその影響もあるのでしょう。切れ長の目には色々定義があります。下記の記事では切れ長の目について詳しく解説されています。

一重か奥二重

Eyes Blue Big - Free vector graphic on Pixabay (532019)

美人に見えるには顔のパーツが重要ですが一番注目されるのはやはり「目」になります。そして美人の特徴といえばパッチリ二重の目が良く言われます。でも、和風美人の場合はそれには当てはまりません。和風美人の定義は一重で切れ長の目であるからです。二重だと可愛らしい印象が先に立ってしまうからということがあります。

なので、一重や奥二重の切れ長の目は和風美人の特徴となり得るのです。二重が可愛らしい印象なら一重や奥二重はキリッとした印象を与えます。ただし一重でも黒目がちなら可愛く見えることも。切れ長ならクールに見えるでしょう。

薄顔

Asian Business Businesswoman - Free photo on Pixabay (532147)

堀の深いメリハリの効いた顔立ちが美人と言われますが、和風美人の場合は顔のパーツが揃っていても全体的には薄く感じられます。薄い顔は不美人と捉える方もいますが、最近では「塩顔系」というジャンルも出てくるほど、もはや薄い顔は不美人の定義には当てはまりません。

薄い顔にあるパーツ一つ一つに目立った要素はありませんがすべてが整っていることも和風美人の特徴です。また、薄い顔であることで上品なイメージがあるという意見もあります。ハッキリした顔立ちの方は活発でハキハキしたイメージがあるのに対処、薄い顔の方はおっとりとして物静かなイメージがあります。

おっとりしている

Beauty Asia Seductive - Free photo on Pixabay (532164)

和風美人はおっとりしている人が多いと言われています。なぜかというとその特徴にあります。おっとりしている人の特徴はゆっくりした話し方や動き方、聞き上手で穏やかな性格など良く言えばおおらかな人です。若干マイペースで天然なところもあります。

基本、おっとりしている人は周りに好かれる傾向にあるようです。和風美人はどちらかというと控えめなところが或るのでおっとりしている人が当てはまるのでしょう。ただ、おっとりしている人が万人に好かれるということはなく中にはイライラする人もいるようです。

上品な立ち振る舞い

Business Lady Woman - Free photo on Pixabay (534677)

和風美人はそのたち振る舞いもとても上品です。言葉遣いも丁寧でマナーもしっかりわきまえています。どれだけ美人でも「うぜえ」「マジ?」などといった乱暴な言葉遣いや一般常識なマナーを守れなければすべてが台無しです。見られていないようで異性はその人の仕草をよく見ています。でも、和風美人はそういったいうなれば「ガサツ」さが無く、隙さえありません。

動き方がとても丁寧で一つ一つの所作も洗練されています。物を乱暴に扱うこともありません。誰であっても丁寧に挨拶し謙虚であること、物を渡す時は両手を添えるなど私達が見習うべき行動を当たり前に行います。

和装が似合う

Young Lady Female - Free image on Pixabay (535074)

1 / 4

関連する記事 こんな記事も人気です♪