2019年7月19日 更新

貧乏くじを引きやすい人の特徴は?貧乏くじを引く原因や対処法も

貧乏くじを引くという言葉は悪いことが起きたときに使うことがやはり多いです。このような貧乏くじを引きやすい人には典型的な特徴があると共に、貧乏くじを引かないための対処法が存在します。貧乏くじにもメリットがあるので、貧乏くじの意味を含めてご紹介します。

目次

貧乏くじの意味とは

Dictionary Book - Free photo on Pixabay (492380)

貧乏くじを引きやすい人と引きにくい人は存在するのですが、貧乏くじを引きやすい人の特徴をご存知ですか?

貧乏くじという言葉をよく耳にすることが多いものの、悪い印象を持っている人も多いです。

言葉の意味を知らない人からすればくじ引きのようなイメージを持つ人がいるのですが、まさに貧乏神が取り憑いたような運の悪さの状態のことを指します。

そのため、そんな役回りをするようなときに「貧乏くじを引いた」というような言葉を使います。

このような貧乏くじを引かないためにも常日頃から意識する点が存在し、貧乏くじにもメリットは存在します。

今回は貧乏くじを引かないための対処法や貧乏くじを引いたと感じるような瞬間についてご紹介します。

貧乏くじを引く人に対する周りからの印象

People Women Talking - Free photo on Pixabay (492381)

貧乏くじを引いたという言葉の意味についてご紹介しましたが、貧乏くじを引いた人は周りから見てもかなりわかりやすいです。

鈍感な人であれば自分が実際に貧乏くじを引いたということをわからないのですが、他の人からすれば気づきやすいので、実際に貧乏神を引いてしまった場合の周りの印象についてご紹介します。

周りの反応が次にご紹介するような反応だった場合は貧乏くじを引いている可能性があるのでぜひご参考にしてみてください。

便利な人間

Bonding Casual College - Free photo on Pixabay (492382)

貧乏くじを引いたときに見られやすい周りの反応としてまず挙げられるのが「便利な人間」という反応です。

というのもこの点においては特に仕事のときに挙げられるのですが、貧乏くじは人から任せられたときに感じるようなことが多いです。

人によってはわざと仕事や用事を押し付けて相手を利用する人もいるのですが、このような利用する人からすればやはり何事にも断らないような人は便利な人と感じられやすいです。

そのため、貧乏くじを引いたような人は便利な人間と感じられる傾向があります。

かわいそう

Friends Dog Pet Woman - Free photo on Pixabay (492383)

貧乏くじを引いたときに感じられやすい印象としては他には「かわいそう」という印象が挙げられます。

この点においては多くの人が感じられやすい点であるのですが、貧乏くじを引いた人は意味でもご紹介したように損な役回りをするような事が多いです。

そのため、本人も特に辛いと感じやすいのですが、このような状態は周りから見ててもかわいそうと感じやすい傾向があります。

仕事を回されたときや押し付けられたときに周りの反応が「かわいそう」というような反応だった場合は貧乏くじを引いている可能性が高いと言えます。

貧乏くじを引いていることに気付いていない

People Girls Women - Free photo on Pixabay (492384)

「貧乏くじを引いていることに気付いていない」という点も貧乏くじを引いた時の反応になります。

この点においては用事や仕事を押し付けられた際に本人が気づいていない様子のときに感じられやすいです。

貧乏くじによっても露骨なものや、実際に携わっている人しかわからないような状態もありますが、このような本人が気づいていない場合に押し付けられてかわいそうと感じられるとともに、貧乏くじを引いている点に気付いていない点にもかわいそうと感じられる場合があると言えます。

貧乏くじを引いたと感じる瞬間【仕事編】

Tie Necktie Adjust - Free photo on Pixabay (492385)

貧乏くじを引いた場合の印象についてご紹介しましたが、次はそのような貧乏くじを引いたと感じる瞬間についてご紹介します。

というのも、鈍感な人は貧乏くじを引いても気づきにくいのですが、鈍感でないような場合には貧乏くじを引いた瞬間に気づきやすいです。

最初は貧乏くじを引いた瞬間でも職場編についてご紹介しますので、実際に自分で貧乏くじを引いた経験がないかチェックしてみてください。

みんなが嫌がる仕事を任せられる

Office Notes Notepad - Free photo on Pixabay (492386)

まず最初に挙げられる仕事場で貧乏くじを引いたと感じるような瞬間では「みんなが嫌がる仕事を任せられる」という点が挙げられます。

仕事の好き嫌いはあまり好ましくないのですが、やはり人によっては嫌な仕事が存在します。

一人が嫌だと感じる仕事は大体厄介な仕事が多く、周りの人もやりたがらないような仕事が多いのですが、みんなが嫌がるような仕事を任されるときはまさに貧乏くじを引いたと感じやすいです。

実際にこの仕事を乗り切ることで成長しやすいのですが、一度快く引き受けてしまった場合はそれ以降も任されてしまいやすいので注意が必要です。

担当したお客がクレーマーだった

Agent Business Call - Free photo on Pixabay (492388)

次に貧乏くじを仕事場で引いたと感じる瞬間では「担当したお客がクレーマーだった」という点です。

この点においてはやはり電話番の人が何人かいるのですが、このような何人かいる中で順番に電話をとって担当した際に相手のお客さんがクレーマーだったということはありがちです。

クレーマーの人は会社からすれば的確に嫌な部分をアドバイスをしてくれるので良いお客さんではあるのですが、会社からすれば良いお客さんであって実際にクレーム対応する人からすれば嫌な人物に感じやすいです。

そのため、自分が担当したときに限ってクレーマーにあたるような場合は貧乏くじを引いたと感じやすいと言えます。

教育担当の先輩がすぐに怒鳴る人だった

Angry Man Point Finger - Free photo on Pixabay (492389)

他にも職場で挙げられる貧乏くじを引いたと感じる瞬間では「教育担当の先輩がすぐに怒鳴る人だった」という点も挙げられやすいです。

職場では上司を選ぶことが出来ないのですが、このような上司になる教育担当者の先輩がすぐに怒るような人であればやはり貧乏くじを引いたと感じて辛いと感じやすいと言えます。

人によっては親身に教えてくれるような人もいれば、全く教えてくれない人もいるのですが、中には理不尽に怒鳴ってくるような人もいます。

教育担当者は自分自身で選ぶことが出来ないのですが、自分の先輩だけ厳しく怒鳴ってくるような人だとやはり貧乏くじを引いたと多くの人が感じやすいと言えます。

貧乏くじを引いたと感じる瞬間【恋愛・結婚編】

Wedding Rings Engagement - Free photo on Pixabay (492390)

1 / 4

関連する記事 こんな記事も人気です♪