会話が噛み合わないのは病気?原因や改善方法と仕事への影響

実は会話が噛み合わない原因はアスペルガー症候群といった病気の可能性もあるのをご存じですか? 会話が噛み合わないと仕事でミスをしたり、ストレスがためってしまう恐れもあるのです。 会話が噛み合わない場合の原因や注意点、改善方法などを紹介します。

会話のタイミングというのは、とても重要なことです。
会話のタイミングがずれてしまうと、相手の話を聞いていないと思われてしまったり、自分本位な人だなと思われてしまいがちなのです。

会話のタイミングと聞いて何のことか分からないという人は、例えばあなたが自分の話をしたい時のことを想像してみてください。

あなたが話始めようとしたときに、相手は何をしていましたか?
忙しそうにはしていませんでしたか?

相手が何かしていて、会話をしている暇がないときに、いきなり会話をされたら聞くほうもうまく聞けませんし会話の内容が入ってきません。

つまり、会話のタイミングが異なるというのは、空気をちゃんと読めているかどうかということなのです。

相手が何を知りたいのか考えていない

Conversation Talk Talking - Free image on Pixabay (336964)

会話というのは、相手がいてこそ成り立つものだということは先ほどお話ししました。
しかし、その会話が噛み合っていないというのは、話している側が相手が何を知りたいのか考えていないからということが挙げられます。

例えば、相手があなたの仕事について知りたいと思って質問してきたとします。
あなたは喜んで、仕事の話をしますが会話の中には仕事の愚痴ばかりで会社の良いところなど一つもないような言い方をしたとします。

そうなった時に、本当は相手は会社の良いところを知りたかったはずなのに、悪い部分ばかりを聞いてしまってあまり気分が良くないです。

相手がどうしてそんな話をしてきたのかというものを、きちんと自分なりに解釈して相手が知りたい情報を提供しなければ会話というのは成り立たなくなり噛み合わないのです。

自分と他人の発言の区別がついていない

Listen Informal Meeting Chatting - Free photo on Pixabay (337042)

会話が噛み合っていないという原因の一つに、自分と他人の会話の区別がついていないというのが挙げられます。

これは少しわかりずらいかもしれませんが、人と話をしているときに第三者の話になることはよくあることです。

例えば、友達に両親の話をあなたがしていることを想像してみてください。
友達は、あなたの両親が自分のことをどう思っていたか知りたくて質問をしてきます。
People Girls Women - Free photo on Pixabay (337107)

すると、あなたは「顔が可愛くて、性格が優しくて、大切な存在だよ。」と答えます。
この会話に違和感を覚えませんか?

友達はあなたの両親が自分のことをどう思っていたのか質問していたはずなのに、あなたはまるで自分の意見かのように答えてしまったとしたら、それがどちらの意見なのか分からないです。

これが、自分と他人の発言の区別がつかないということなのです。
こういったことが起きると、第三者の印象を悪くしてしまいますし、相手も不快感を覚えてしまいます。

質問に答えていない

Question Mark Survey - Free photo on Pixabay (337126)

会話というのは相手に質問などをすることで、話が盛り上がったり、長く話が続いたりするものなのですが、その質問にちゃんと答えられていないと会話が噛み合わないという傾向にあります。

例えば、会社の上司に仕事の進み具合を質問されたとします。
普通の人であれば、上司も忙しくないということが分かっていますからも短くも分かりやすくせつめいをすることを心がげて報告をします。

しかし、話が噛み合わない人というのは、答えられた質問とは別に仕事の取引先との話をしてみたり、自分のhなしをしてみたり、話が支離滅裂で上司が再度質問をしても、またきちんと報告ができないという状態になってしまうのです。

質問をしてきた相手というのは、質問する相手にきちんとした情報を求めて聞いてきていますので、相手が何を知りたいのかを瞬時に判断して話さなければ会話は成立しないのです。

話したいことだけ話している

Girl Person Female - Free photo on Pixabay (337523)

会話というのは聞いてくれる人がいて、話してくれる人がいてこその会話だとお話ししましたが、会話が噛み合わない原因として、その相手を無視しているということが挙げられます。

相手を無視するというのは、折角あなたの話を聞いてくれる人がいるというのに自分の話だけしてしまって相手を幻滅させてしまうということです。

例えば、友達5人で話をしていたとします。
5人は全員違う職場で働いていたので、久しぶりに会うからと順番に最近の近況を話そうということになります。
People Women Talking - Free photo on Pixabay (337584)

最初があなただった時、あなたは自分の話ばかりをして他の人の時間も考えずにずっと話続けています。
また友人が気を使って、あなたに質問をしたとしても、その質問を無視して話続けてしまうのです。

そして話が終わった後も、話はまだ足らずいろんな場所で自分の話をし続けていくのです。
こうなった場合、質問をしても答えてはくれない、会話をしようとしても難しいとなれば相手は「もうこの人とは話したくない。」と思ってしまいます。

話したいことだけ話すというのは、言い方を変えてしまえば一人で話をしているということなのです。

会話が噛み合わない人の特徴

Workplace Team Business Meeting - Free photo on Pixabay (337654)

先ほどの解説で会話が噛み合わない人とどんなことが起こるのか、会話が噛み合わないのはどういった会話があるのかなどを説明しました。

これを読んで、会話が噛み合わない人というのは嫌なことだなと思った方も多いはずです。
今回は、会話が噛み合わない人の特徴について解説していきますが、こういった特徴を持った人というのは会話が噛み合わない傾向にあるということなのです。

なので、自分にはこういった特徴があるなという人は、少し会話に注意しなければいけないかもしれないということなのです。

是非、参考にして読んでみてください。

主語述語がない

Questions Who What - Free image on Pixabay (337686)

会話が噛み合わない人の特徴として、主語述語が会話の中に入っていないというのが挙げられます。
主語述語というのは、「いつ」「どこで」「誰が」「何を」「どうしたどか」ということをきちんと会話の中で構成して話すということなのです。

これができていないと、相手は自分に何を伝えたいのかということが分からずに、頭にはてなマークが浮かんだままになってしまいます。

コミュ障

Girl Red Square Gloominess - Free photo on Pixabay (337704)

コミュ障とは、聞いたことがある人も多いはずですが、正式名称はコミュニケーション障害です。
コミュ障の人というのは、会話が噛み合わない傾向にあるのです。

何故コミュ障の人が会話が噛み合わないのかというと、コミュ障の人というのは人とのコミュニケーションが苦手な人のことを言うのです。

つまり人と会話することを自分から避けてしまっているために、いざ人と話さないといけないとなった場合にパニックになってしまって会話が頭の中でまとまらずに支離滅裂な会話になってしまうのです。

相手の話を理解していない

Woman Girl Portrait - Free photo on Pixabay (337719)

独り言でしたら、相手の話など無視をしても相手に不快感を与えることもありませんし、相手の話を理解する必要もないのですが、相手がいる会話というものの中ではきちんと相手のことを考えなければいけません。

しかし会話が噛み合わない人というのは、相手の話を理解していない、もしくは相手の話を理解しようとしていないという特徴があります。

こういう人というのは、相手の話を理解していないことを相手は気付いていないだろうと思いがちなのですが、実はバレている場合が多いので気をつけましょう。

考え方が周りと違う

2 / 5

関連する記事 こんな記事も人気です♪