ロシアと日本のハーフには美女が多い!ロシアとのハーフの芸能人は?

最近、テレビや雑誌で活躍する日本人芸能人の中にもハーフの女性が結構いますよね。そんなハーフの中でも、ロシアと日本人のハーフには美女が多いと言われています。今回はロシアとのハーフについて知りたい方のために、ロシアの血を持った芸能人をご紹介します!

ロシアと日本人のハーフは美男美女だらけ!

Girl Brunette Model - Free photo on Pixabay (366657)

ハーフには美人やイケメンが多いという一般的なイメージがありますが、その中でもロシア人と日本人のハーフは美男美女が多いと言われています。ロシア人女性と言えば、妖精のように透き通る白い肌や吸い込まれそうに大きな瞳、すらっとしたスタイルと美女が多いですし、男性は背が高くてハンサムな人が多いです。

そこに、黒い髪に茶色い目を持つ大和撫子や大和男児の血が混ざることで、独特な魅力を持ったハーフ美女や美男が生まれたとしても確かに不思議ではありません。

ロシアと日本人のハーフ美女

Girl In Jacket Posture - Free photo on Pixabay (366695)

最近はテレビや雑誌などで活躍するハーフの芸能人を見かけることが多くなりました。日本人離れした美しい顔立ちなのに、日本語をぺらぺら話すハーフ芸能人は、多くの日本人にとって親近感を感じると共に憧れの対象でもあります。

日本で活躍するモデルやタレントには、土屋アンナや沢尻エリカ、木村カエラなどアメリカ人・フランス人・イギリス人などのハーフがいますが、抜群のスタイルと魅力的なルックスを生かして活躍するハーフ美女の中には、意外と知られていないことに、実はロシア人と日本人のハーフも多いのです。

藤田ニコル

藤田ニコル on Instagram: “💗💗💗” (376493)

藤田ニコルさんは1998年生まれ、ロシア人とポーランド人のハーフの父親と日本人の母親を持つハーフモデルです。3歳までニュージーランドで過ごしましたが、両親の離婚を機に日本に移住、2009年にローティーン向けのファッション雑誌のオーディションに応募し、1万4076人の中から5人のグランプリの一人に選ばれ、雑誌『nicola』の専属モデルとしてデビューしました。

清楚系モデルが多い中でカラーコンタクトを愛用するなど、異彩を放つモデルとして独自のポジションを獲得し、2014年4月に『nicola』の専属モデルを卒業、同年6月に雑誌『Popteen』のモデルとなり、2015年にはYahoo!検索大賞モデル部門賞を受賞しています。

また、2016年には歌手デビューを果たし、ネイルの発展に寄与した著名人に贈られるネイルクイーンも受賞、モデルとしてタレントとしてマルチに活躍し、2017年には『Popteen』を卒業、男性受けよりも自身のスタイルを追求したいOLや女子大生をメインターゲットにした海外志向の強い雑誌『ViVi』の専属モデルとして活動しています。

太田莉菜

Kasumi Sugano on Instagram: “ ヴィンテージ風カーディガンがお似合いの  太田莉菜ちゃん❤️💚🧡  ・  ・  ・  ・  ・  #stylist #styling #styledbyme #mywork #archive #fashionstylist #photographer…” (376598)

太田莉菜さんは日本人の父親とロシア人の母親を持つファッションモデルで、現在は強い表現欲求から女優としても活動しています。1988年生まれで出身は千葉県ですが、幼少期は2年間モスクワで過ごし、日本語・ロシア語・英語の3か国語が喋れるのだそうです。

2001年雑誌『nicola』の読者モデルオーディションでグランプリを獲得し、同誌のモデルとして活躍する一方で、資生堂やソニー、キューピーのアヲハタや江崎グリコのガムのCMなどに起用され、透き通るような肌の白さとその可愛さに話題となりました。

『nicola』のモデル卒業後は2004年公開の映画『69 sixty nine』でヒロインを演じ、女優としてのキャリアをスタートさせています。自身の私生活では結婚・離婚を経験したことで、その独自の表現に益々磨きがかかり、一歩一歩確実に女優としての道を歩んでいるようです。

村重杏奈

村重杏奈 on Instagram: “最高のお誕生日ありがとう!💗” (376567)

村重杏奈さんは1998年生まれ、日本人の父親とロシア人の母親を持つ日本のアイドルで、福岡を拠点に活動するHKT48のメンバーの一人です。ロシアに7回の渡航経験があり、自宅ではロシア語で会話したり、HKT48の自己紹介をロシア語で行うなど、日本語とロシア語の2か国語が話せます。

初対面でも物おじせず、誰にでも遠慮なく接することの出来る性格で、将来はお笑い芸人を志望しているのだそうです。2012年にHKT48チームHの正規メンバーに選ばれ、2014年HKT48チーム再編成により、チームKIVに移動になっています。

また、2016年には山口県で日露首脳会談が開催されることに伴い、山口県の観光地や特産物などの情報を発信するPR特使に選ばれています。その物おじしない性格で、ぐいぐい前に進んでいって頂きたいものです。

川村かおり

Katie Price on Instagram: “Missing you, Anastasia…#川村かおり#私の憧れの女性#再来年で10年か” (376682)

川村かおりさんは日本人の父親とロシア人の母親を持つハーフで、日本ではロック歌手・モデルや女優・ラジオのパーソナリティーとして活動していました。ロシアのモスクワ生まれの彼女は、幼いころにギリシャ正教の洗礼を受け、11歳の時に家族と共にモスクワから日本の千葉県に移住しました。

帰国後編入した小学校ではハーフを理由にいじめを受け、中学校でも周囲から非常な言葉を浴びせられ人間不信を募らせたのだそうですが、高校進学を機にいじめは無くなり、17歳で歌手デビューを果たしました。1989年の春からは、日露ハーフであることを生かしオールナイトニッポンのパーソナリティーを務め、モデルとしても雑誌やショーで活躍しました。

本業である音楽活動を精力的にこなし1999年ギタリストと結婚し長女にも恵まれましたが、2004年乳ガンであることが発覚します。そして闘病生活のさなか夫と離婚、それでも音楽活動をやめることなく、2009年7月28日乳がんのため38歳でこの世を去りました。彼女の残された歌には、ハーフというマイノリティとしての孤独感、明日を生きようとする力強さが感じられます。

入江美樹

Girl Lopushok Naked In The - Free photo on Pixabay (376589)

入江美樹さんは日本のモデル・女優兼ファッションデザイナーで、1944年、白系ロシア人の父と日本人の母のもとに生まれました。本名はヴェラ・ヴィタリエヴナ・イリーナ、料理研究家の母は家の中では日本語を話さず、ロシア語で育てられたのだそうです。

インターナショナルスクール在籍中に、母とメイドが『装苑』という雑誌のモデル募集にヴェラの写真を送ったことがきっかけとなりモデルデビューしました。その美貌は雑誌モデルにとどまらず、1964年には国際ファッション大会で1位に輝くほどで、注目の的となった彼女は人気テレビ番組のマスコットガールや紅白の司会者などとして大活躍しました。

そして1966年『他人の顔』という映画でスクリーンデビューし、1968年9月には世界的指揮者の小沢征爾さんと結婚、一男一女に恵まれました。結婚後はファッションデザイナーとして活躍し、75歳となった現在もその美貌は健在のようです。

その他ロシアの血を引いている芸能人

Russian Folk Costume - Free photo on Pixabay (376603)

日本の芸能界で活躍する芸能人の中には、実は他にもクオーターや両親のどちらかがハーフやクオーターという形で、ロシア人の血を引いている歌手やアイドル・モデルがいるのですが、その名前を聞くと「えっ、この人そうなんだ!」と驚かれる芸能人も少なくないようです。

確かにハーフであればその顔立ちや目、髪の毛などに特徴が現れやすいのでしょうが、日本人・アメリカ人・日系韓国人の血を引く大島優子さんや日本人・フランス系アメリカ人の血を引く満島ひかりさん等のように、クオーターであってもその外見から外国人の血が入っているのか、判断することが難しい人もいます。

それでは早速、ロシア人の血を引く意外な芸能人を見て行きましょう。

ローラ

ROLA🇯🇵🇧🇩🇷🇺 on Instagram: “Today I'm feeling orange-beige makeup☺️🧡” (376620)

ローラさんは1990年生まれのファッションモデルでバラエティタレントとしても活動し、現在はロサンゼルスに在住しています。父はバングラデシュ人、母は4分の3が日本人、残りの4分の1はロシア人の血を引くいわゆるクオーターです。ローラという名前はアメリカのテレビドラマ『大草原の小さな家』に登場するローラに由来するのだそうです。

幼少期に両親が離婚、日本とバングラデシュの間で何度か移住を経験し、9歳で日本に再入国、高校時代渋谷でモデルにスカウトされました。モデル雑誌としては『ViVi』での活躍が顕著ですが、バラエティ番組に出演を重ねるなどタレントとしても活躍しています。

誰彼構わずため口で接する態度やその奔放なキャラクターに『オッケー』というセリフが流行語として認知された事もあり、個性的なキャラクターを持っています。また2011年には歌手デビューを果たし、その美貌を武器に2016年公開の『バイオハザード:ザ・ファイナル』に出演するなど、マルチに活動する意思の強い女性です。

優木まおみ

1 / 4

関連する記事 こんな記事も人気です♪