2019年3月31日 更新

性悪の意味と性悪な人の特徴は?診断する方法と性悪と言われる芸能人

性悪と言う言葉はよく見聞きしますが、性悪とはいったいどう読むのか?またその意味は?自分は性悪なのかそうではないのかの診断方法や性悪とささやかれている芸能人について調べてみました。 性悪と言う言葉が気になる人はじっくり読んでみてください。

性悪の意味と類語

Actress Model Young - Free photo on Pixabay (131129)

性悪と言う言葉を使ったことがありますか?正しい読み方や使い方、またその意味は?あいつは性悪だといいますが、その使い方は本当に正しいのか見ていきます。

言葉の意味を知り正しく使う事がマナーです。

性悪の意味

Knowledge Book Library - Free photo on Pixabay (131132)

性悪と書いて、「しょう・あく」または「しょう・わる」と読みます。

使い方や意味は、
1(しょう・わる)・性質などが悪い。そして、その様子やその人そのものを指します。
使い方としては「なんて性悪な人間なんだ」や、「性悪な病気」などが正しいです。
分かりやすくかみ砕くと、ひとそのものの性質が悪いという意味です。

2(しょう・あく、または、せい・あく)・浮気。またはその様子やその人そのものを指します。
使い方としては「€あの人はほんとに性悪な…」などです。
分かりやすくかみ砕くと、性に奔放な人に対して使う意味となります。

性悪と何となく性格が悪い人に当てた言葉だと思っていましたが、浮気性な人にも使われるとは知りませんでした。
やはり意味や使い方を学ぶと新しい発見があり知識が深まり楽しいですね。

性悪の類語

Wood Cube Abc - Free photo on Pixabay (131135)

続いては、性悪に似た意味をもつ類語をまとめました。
悪質・陰湿・悪玉・敵役・陰険・下衆・低劣・卑劣・邪悪・よこしまなどがが当てはまります。実は書ききれないほどありますが、なんとも見事に暗くて嫌な文字ばかりが並びました。

いかにいい意味を持たない言葉かがわかる結果になりました。

自分にとってマイナスしかない、または味方ではないというイメージだと思います。なので間違っても上司や友人に使う事が無いように気を付けましょう。

自分は大丈夫?性悪な人診断

Pulse Hand Health Care Providers - Free photo on Pixabay (131149)

診断と言ってもインターネット上では沢山の診断サイトがありふれています。なので、診断するのならまず自分に問いかけることをします。例えば友人と同じ人を好きになったとしたらあなたはどうしますか?

黙って友人に譲る・協定を組む・話し合い恨みっこなしで頑張る・友達関係を辞める。

あなたはどれを選びましたか?この中での一番の性悪な回答は、友人関係を辞めるです。友人とは自然とできるもので、簡単にやめたり復活したりとできないからです。

自分が一番大事

Couple Love Boy And Girl - Free photo on Pixabay (131177)

人間本来は自分が一番大事なものですが、色々な人と関わりあうことで大切な人が出来たりして自分が変わっていきます。

そうなることで優しくなったり、他者を守りたいという感情が芽生えてより人間らしくなっていくのです。

しかし、性悪な人はいつ迄たっても自分が一番から成長できません。なので他者を守ることもなければ気遣うこともありません。そうすることで、どんどん周りの人が遠ざかってしまうので、気が付くと一人だったなんてこともあります。

性悪な人は孤独で可哀想な人なのかもしれませんね。

人の成功が嫌い

Child Disgusted Disgust - Free photo on Pixabay (131183)

性悪な人は人の成功が大っ嫌いです。自分以外の誰かがいい思いをしているだけで機嫌が悪くなります。常に自分が一番なのですが、他の人も自分のことを一番に考えてちやほやしてくれないと面白くありません。周りの空気なんて関係ないのです。

子どものような感覚で大人になってしまい、それが当たり前なので恥ずかしいと思う気持ちもなければ、そんな自分を変えるという発想もありません。そんなことを聞こうものなら、なぜ変える必要があるのか逆に聞かれることになります。

性悪は人の性質そのものが悪いという意味を持っているので、そこから見ても性悪な人は性悪で当たり前なことにある意味誇りをもって正々堂々と性悪なのかもしれません。

謝りたくない

Smile Color Laugh - Free photo on Pixabay (131193)

謝りたくないというか謝りません。まず第一に自分が悪いという事が存在していません。普通の人なら、悪くなくても謝った経験があったりします。自分が悪者になればあの子は助かるなんて事も日常的にあるのが普通です。

しかし、性悪な人にとっては馬鹿バカしい事です。自分が悪くないのに馬鹿じゃないの?そんなに謝るのが好きなら一生謝ってれば??という感覚です。

誰かに迷惑をかけても気にもならず、むしろ私の為にその位やりなさいよと言うのが性悪の特徴の一つです。

正直あまり関わりたくない人種であることは間違いありません。自分の近くに居たら気付かれないように逃げるのがいいと思います。
まさしく触らぬ性悪に祟りなしですね。

自分の失敗は人のせいにしたい

Pears Faces Grimassen - Free image on Pixabay (131523)

性悪な人は自分の失敗は人のせいにしたい…いや、人のせいにします。大小に関わらず全ての失敗を押し付けます。
ましてや、完全な性悪ならターゲットを絞って標的にします。分かり易く例えるなら、いじめの主犯格が性悪といえます。

性悪のイメージだと大体皆さん女性を思い浮かべますが、もちろん男性の性悪もいます。分かり易く例えるなら、内縁の夫で虐待を躾だと言い張る男性ですね。

このように性悪は男女関係なく存在します。そして上の文で例えたケースでも必ず人のせいにするという特徴ががあります。性悪な性質は常人には全く共感もできず、理解出来ないのも特徴だといえるでしょう。

誰かが困っているのを見るのが好き

Bullying Child Finger - Free photo on Pixabay (131559)

先日、某水族館に行った時に、お年寄りが手押し車でエスカレーターに乗ろうとしていました。あまりに危ないと思い手押し車を持ち上げ、二階まで運びました。

しかし、性悪ならどうするでしょうか。きっとクスクス笑って見ているでしょう。人が困っているのを見るのが大好きな性悪さんは、困れば困るほど楽しくなります。

わざと困る原因を作ることもあります。

そう思うと、性悪とはサイコパスに近いのではないでしょうか。人が喜びを感じるところに共感できず、人が嫌がるもしくは悲しむのを見て胸が躍る。

私が調べた性悪の類語にサイコパスはありませんでしたが、是非付け加えてほしいと思います。

人の不幸が好き

Witch Woman Silhouette - Free vector graphic on Pixabay (131575)

1 / 5

133 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【診断】もしかしてB専?B専な男女の特徴とB専で有名な芸能人

【診断】もしかしてB専?B専な男女の特徴とB専で有名な芸能人

異性を選ぶ時は外見を重視しますか?内面を重視しますか?内面重視で見た目なんて気にしないという人は、B専の可能性があります。イケメンなのにB専、美人なのにB専という人も少なくありません。B専診断とB専の男女の特徴、B専の芸能人についてもご紹介します。
【診断】嫌われ者の特徴とは?嫌われ者の芸能人と嫌われない生き方

【診断】嫌われ者の特徴とは?嫌われ者の芸能人と嫌われない生き方

嫌われる人の性格や特徴について、芸能人の事例や具体例をあげながら、わかりやすく解説いたします。また、嫌われないためにはどうしたら良いのかを知りたいに向けて、より良い生き方をするための方法と、自分が嫌われていないか診断できるテストもご用意いたしました。
「枯れ専」の意味とは?枯れ専女子が厳選した男性俳優と枯れ専診断も

「枯れ専」の意味とは?枯れ専女子が厳選した男性俳優と枯れ専診断も

枯れ専とは一体どういう意味なのでしょうか?もしかして私も枯れ専かもしれない?!枯れ専かどうかの診断もアリです。 枯れ男性はこんな人たちなの?!日本を代表するイケメン俳優を紹介します。これであなたも枯れ専になるかもしれない。
【診断】おっちょこちょいの意味と特徴!おっちょこちょいを治す方法も

【診断】おっちょこちょいの意味と特徴!おっちょこちょいを治す方法も

おっちょこちょいの意味や類語を確認していきます。おっちょこちょいな女性は親しみやすいキャラクターを持っていますが、おっちょこちょいな人は自分は病気ではないかと心配しています。病気かどうか診断し、病気でなければ治す方法を考えていきましょう。
胡散臭いの意味と類語は?胡散臭いと感じる人の特徴7選!

胡散臭いの意味と類語は?胡散臭いと感じる人の特徴7選!

胡散臭いという物事はいつの世でも存在しますが、胡散臭いものに魅力を感じることもよくある話であります。そのために大きな損益を伴った人は多いことでしょう。そのような残念なことがないように、胡散臭いについての情報をお届けします。

この記事のキーワード