愛液の味は人それぞれ?愛液がまずい女性の特徴や美味しくする方法

女性が興奮してくると愛液が出てくることが多いのですが、実はこの愛液は人によって味が異なると言われています。漫画やテレビなどでは愛液が美味しいと言われる人もいればまずいと言われる人もいるのですが、まずい女性にも特徴があるので愛液の味について解説していきます。

愛液ってどんな味?

Question Mark Why Problem - Free photo on Pixabay (718264)

皆さんはご自身の愛液の味はどのような味なのかご存知ですか?実際に自分の愛液の味をチェックすることや他の人と比較するようなことはほぼないと言っても過言ではないのですが、愛液の味は実は人によって異なります。

もちろん人によって異なると言っても、生活習慣などで味が変化することがほとんどで、たとえ愛液の味が美味しくなかったとしても生活習慣の見直しを行うだけで改善されると言われています。

好きな男性から愛液がまずいと言われた瞬間はほとんどの人がショックに感じやすいのですが、どのような味なのかご紹介していきます。

愛液とは

Book Hardcover Text - Free photo on Pixabay (718265)

愛液という言葉は多くの方が耳にしたことがあるのではないでしょうか。愛液は別名「ラブジュース」と呼ばれる場合もあるのですが、セックスを行っているときに男性になめてもらったりすることから味が分かる場合が多いです。

特に愛液は気になる男性と濃密な絡みをしたり、女性が興奮したりする際に出るようなことが多いのですが、この愛液についてご存じない方がほとんどです。

実際にどのような成分や特徴があるのか役目を含めてまずはご紹介していきます。

愛液の成分や特徴

Beauty Woman Portrait - Free photo on Pixabay (718268)

愛液は多くの方が想像できるように、女性が興奮したようなときにでることがほとんどなのですが、このような愛液にもしっかりと特徴が存在します。

まず最初に知っていただきたいのが女性の膣内は通常酸性なのですが、精子が殺されるような状態となっています。しかし、愛液はアルカリ性でもあるので、愛液がたくさんでることによって膣内が弱酸性に変わり、生殖ができやすい状況になります。

そのため、愛液は妊娠しやすい状態を作る役割があると言えます。

セックスにおける愛液の役目

Education Photo Language Learning - Free photo on Pixabay (718266)

精子を生きやすくし、妊娠しやすい状態を作ってくれる愛液ですが、愛液はセックスのときにはまた違った役割が存在します。

どちらかというと愛液はこちらのセックスのときの役割をイメージする人が多いのですが、セックスの際には潤滑剤のような役割を担ってくれます。

そのため、セックスをして女性が興奮しているときは愛液が出るようなことが多く、この影響ですんなりセックスができやすい状態になりやすいです。もちろん愛液がたくさん出ているから痛くないというわけではないのですが、痛みを和らげてくれやすいです。

セックス中の女性の愛液の変化

Couple Making Out Young - Free photo on Pixabay (718267)

愛液はセックスのときに変化をします。というのも、先程ご紹介したように、愛液はセックス中は潤滑剤のような役割を果たしてくれるのですが、精子が泳ぎやすいような状態を作ってくれます。

やはり愛液が出ていないような状態は子宮までの道のりは乾いているような状態になるのですが、愛液がたくさん出ることによって精子が生きやすいかつ子宮の奥まで届きやすい役割になってくれます。

さらに、子宮を柔らかくしてくれるとともに、膣内全体を中和していってくれるようになり、より妊娠しやすい状態になります。

愛液の味は変わる?

Ice Cream Dessert Sweet - Free photo on Pixabay (718270)

愛液の役割についてご紹介しましたが、愛液は女性が興奮状態に慣ればなるほど分泌されやすく、妊娠しやすい状態になります。

もちろん愛液が大量に出たから妊娠を確実にするというわけや、愛液が出なかったから妊娠を必ずしないというわけではないのですが、愛液は妊娠のしやすさを左右しやすい重要な役割を担っていると言えます。

次はそのような愛液の味が通常時と女性が興奮しているときによって味が変わるので、味の変化についてご紹介します。

通常の愛液の味

Girl Wet Sexy - Free photo on Pixabay (718271)

愛液は通常時と女性が感じているときでは大きく異なるのですが、愛液は通常時は先程ご紹介したように酸性なので、酸っぱく感じるような場合がほとんどです。

もちろんこちらの酸味を感じる状態が普通なのですが、不衛生な状態になってしまい、雑菌が繁殖しているような状態や不摂生な生活をしているような状態はさらに酸味や苦味が混ざったまずい味になりやすいです。

そのため、通常時の愛液は美味しいと感じることが少ないと言えます。

女性が感じているときの愛液の味

People Man Woman - Free photo on Pixabay (718272)

愛液が通常時は酸味を感じるような味なのですが、女性が興奮しているセックスをしている際には味が変化します。実際に男性が女性の愛液を感じるようなときは前戯の際に女性にクンニをするようなときがほとんどなのですが、このような段階ではやや酸味感じることが多いです。

しかし、しっかりと前戯で女性を興奮させてからクンニをすると愛液がたくさん出て腟内が中和されているので、酸味を感じるのは少なく、苦味を感じる場合が多いです。

セックス中でも大丈夫ですが、女性が興奮しているのかチェックしたい場合は愛液の味でチェックしてみるのもおすすめです。

愛液の味は人によっても違う

Bonding Casual College - Free photo on Pixabay (718273)

通常時の状態と、女性が興奮しているような状態の際に愛液が変わることをご紹介しましたが、愛液はそもそも人によって異なります。

途中でも少し触れたのですが、愛液で生活習慣や体調を察することができる場合もあります。

どのような傾向から味が違うように感じるのか次はご紹介しますので、次に該当する点の人はまずいと感じられる傾向があるので注意してください。

糖尿病傾向の人は甘い

Checklist Clinic Daily Report - Free photo on Pixabay (718274)

1 / 4

関連する記事 こんな記事も人気です♪