2019年4月14日 更新

マラの意味と太マラの意味!マラ石やマラ祭りと真珠入りマラについても

男性ならピンとくる「マラ」という単語も、女性は案外、知らないという人もいるかもしれません。「マラ」と付く言葉はたくさんあって、太マラ、マラ石、マラ祭りから疲れマラなどたくさんあります。真珠入りマラなんてモノまで!今回は、色々なマラの意味を紹介します。

マラ石について

Woman Girls Portrait - Free photo on Pixabay (177287)

不思議な形をした石や遺跡など、日本だけでなく世界中で発掘された物の中には、目的や意図のよく分からない物がたくさんありますよね?世界中に点在する物の中で、奇妙な一致を見せる形のもあれば、それぞれの文化によって異なる物もあります。

先程紹介した、マラ祭りでも御神体は、石や木などが自然に男性器の形になった物です。しかし、意図的に作られた物のような、「マラ石」というものを御存じですか?ここでは、その「マラ石」について説明します。

マラ石の意味

Sculpture Statue Art - Free photo on Pixabay (177308)

「マラ石」とは、奈良県の明日香村にあるペニスの形をした石のことです。明日香村では、毎年2月の第1日曜に開催される、とんでもないお祭りがあります!「おんだ祭り」というお祭りは、日本四大性神事と言われていて、メインは天狗とお多福の性行為を皆で見守るという神事があるのです。

そんな村にある、「マラ石」はペニスの形をしていますが、自然に出来た物なのか、意図的に作られたのかは分かりませんが、亀頭の先端に尿道口のような線が入っています。

「マラ石」は、奈良県の明日香村にある、国営飛鳥歴史公園の祝戸(いわいど)という場所にあります。元々は、真っすぐ立っていたと言われる、「マラ石」は現在斜めに傾いていて、向かいに位置する場所には「ふぐり山」と呼ばれる山もあり、やはり五穀豊穣と子孫繁栄を願った、石だったのではないか?と伝えられています。

飛鳥の石造物

Sunrise Stonehenge Ancient - Free photo on Pixabay (177317)

明日香村には、「マラ石」の他にも飛鳥の石造物と呼ばれる、20体程の石造物が残されています。いつ作られたのかも、目的も分からないのですが、明らかに細工した物であることから、先程紹介した「マラ石」も意図的に作られた物なのでしょう。

亀の形を模した水槽のような物や、猿石と呼ばれる顔が彫られている物など、不思議な石造物がたくさんあるのです。石のほとんどが、花崗岩(かこうがん)と言われる、火成岩の一種で作られていることが分かっている程度で、人物像などはあまり日本的ではないことから、余計に不思議さを醸し出している遺物なのです。

真珠入りマラへの女性の本音

Rose Flower Pearl - Free photo on Pixabay (177365)

昔のヤクザ映画などで、歯ブラシを削って丸くし、ペニスに入れたという話がありました。どのように入れたのかは不明ですが、刑務所に入っている間の暇つぶしに、歯ブラシを削って真珠のような丸い玉を数個作り、凸凹したペニスを作りあげるという話が、まことしやかに囁かれていました。

実際入れて無理矢理入れ込んで、化膿したり、痛みで医務室に運ばれたという話もあるので、本当なのかもしれません。真珠入りマラは、本当に真珠を入れる訳ではなく、病院で扱うのはシリコン球を入れるそうです。

果たして、それは気持ちが良いのでしょうか?真珠入りマラを体験した、女性達の本音を紹介します。

気持ち良くない

Girl Portrait Model Feelings - Free photo on Pixabay (177419)

膣は本来、無感覚な場所です。その為、ペニスのサイズや形などは、女性にとってあまり重要ではありません。真珠入りマラは、どのように球を配置して入れたにせよ、女性はあまり気持ちの良いものでは無いのです。

やはり見た目もグロくて、そのようなペニスを見せつけられた時点で、女性はテンションも下がります。テンションが下がると、性欲も落ちてしまうので、尚更気持ち良さを感じられないのでしょう。

変なところに当たり痛い

Scream Child Girl - Free photo on Pixabay (177472)

セックス経験があまり無い女性は、普通のペニスであっても、痛みを感じてしまう人もいます。真珠入りマラは、ゴツゴツしている感触があり、自然には絶対当たらない場所に異物感を感じます。

その真珠が変なところに当たってしまい、痛みを感じる人も多いでしょう。しかも、ピストンがあまり上手に出来ず、ただ激しく突く人であれば、尚更痛みを感じてしまいます。

ゴツゴツ感が嫌だ

Child Disgusted Disgust - Free photo on Pixabay (177489)

せっかく真珠入りマラにするのに、球が1~2個で済ます人は少ないでしょう。せめて、竿全体に4~5個程入れなくては、男性としての体裁が保てませんよね?

しかし、女性はそのゴツゴツした感触と、見た目が嫌いだという人が多いです。やはり、好きな人とセックスするなら、自然のペニスが一番良く、加工されたペニスに女性はドン引きします。

フェラしづらい

Benefit From Joy Of Life Pleasure - Free photo on Pixabay (177508)

膣でも違和感があるのなら、フェラする時は余計に違和感を感じます。元々大きかったり、太めのペニスであれば、ただでさえフェラしづらいのに、真珠入りになればゴツゴツした何かが舌や、口内に当たって気持ち悪くなるでしょう。

普通のペニスでも、フェラが苦手という女性もいるので、そのような女性は見ただけでも、フェラを拒否してしまいます。やはり、自然なペニスを女性も味わいたいのです。

男性がマラに真珠を入れたがる理由

Man Nude Sexy - Free photo on Pixabay (177523)

先程述べたように、真珠をペニスにわざわざ入れようとする人は、刑務所帰りの人が多いということです。一般男性で、わざわざ手術してまで、ペニスに真珠を入れようとは思いません。

どちらかと言えば、ワルと呼ばれる人達が、男らしさなどを誇示する為に、真珠入りマラにしようとするのです。わざわざ、痛い思いをして真珠を入れようとするのですから、他にも理由があるかもしれません。ここでは、男性がマラに真珠を入れたがる理由を紹介します。

女性が気持ちいいと思っているから

Nude People Adult - Free photo on Pixabay (177532)

男性と女性の考え方は、いつだって別方向に向かうものですが、ことセックスに関してはAVなどの影響もあって、尚更女性の望む方向には行きません。

真珠入りマラにしたがる男性は、ペニスの大きさなども気にしていますが、大きかったり、真珠が入っている方が、女性は気持ちいいと思っているのです。ここからして、女性の考えとはあさっての方向ですよね…。

女性が気持ちいいと感じるのは、男性からの愛と、ムードが一番重要で、ペニスの大きさはほとんど関係無いことを、男性陣は覚えていたほうがいいでしょう。

2 / 4

関連する記事 こんな記事も人気です♪

どりちんの意味とは?小学生にどりちんが多い理由と治し方や洗い方は?

どりちんの意味とは?小学生にどりちんが多い理由と治し方や洗い方は?

日本語は日々、言葉が多種多様に増殖する国です。今回紹介する「どりちん」は、某番組でナイナイの矢部っちから発生した言葉ですが、どのような意味があるのでしょう?大人になっても、小学生のようと言われる「どりちん」。今回は、そんな「どりちん」の意味などを教えます。
ラブジュースの意味とは?愛液の役割と臭いの原因や改善法

ラブジュースの意味とは?愛液の役割と臭いの原因や改善法

皆さんは「ラブジュース」という言葉をきいたことがありますでしょうか。いわゆる、「愛液」のことをこのような呼び方をします。この記事では、ラブジュースの意味だけではなく、愛液の役割や臭いの改善方法についてご紹介していきます。
グロマンの意味と特徴8選!グロマンが嫌われる理由と治す方法は?

グロマンの意味と特徴8選!グロマンが嫌われる理由と治す方法は?

あらゆる男性が顔を背けて嫌がるグロマンとは女性の何処を指しているのでしょうか。まさか自分も当てはまるとは皆さん思っていないはずですが当てはまる女性は実は多いそうです。そんな女性を恐怖に陥れる謎のグロマンについてまとめました。
プッシーの意味とは?戸田奈津子の訳「プッシー知らず」についても!

プッシーの意味とは?戸田奈津子の訳「プッシー知らず」についても!

プッシーと聞いて「あぁ…」とニヤリとしてしまう人は、エロ用語に詳しい人です。この言葉を使って、「プッシー知らず」と言う迷訳をしてしまった、翻訳家「戸田奈津子」の盛大な誤訳も含め、今回は「プッシー」の意味を紹介します。
女性の本気汁の意味と愛液との違いは?大量の本気汁は感じている証拠?

女性の本気汁の意味と愛液との違いは?大量の本気汁は感じている証拠?

女性が出す本気汁の見分け方をご存知でしょうか。本気汁は白濁している、大量に出ているなどさまざまな情報が出ていますが、本当のところが気になりますよね。「彼女の愛液の意味を知りたい」「オナニー中に出る液体って何?」そんな人に読んでほしい本気汁の全てをまとめました。

この記事のキーワード