露茎ペニスのメリットとデメリットは?平常時の状態やオナニー事情も

露茎とは平常時に亀頭が見えているかどうかが基準となります。どのように包皮がない状態でどうペニスを刺激してオナニーをするのか、いつの時期に皮がむけるかなど疑問に思う人も多いでしょう。そこで今回は露茎について、メリット・デメリットを含めて紹介します。

露茎とは

Glasses Reading Spectacles - Free photo on Pixabay (738318)

POUCHSでは今回、露茎について詳しくまとめました。包茎であることを気にする男性やパートナーがペニスについて気にしているという女性必読の記事となっております。

また、POUCHSではこの他にも性の悩みに関する記事を多数取り扱っております。以下の記事は真性包茎について詳しくまとめたものです。こちらもぜひ合わせて読んでみてください。

露茎かどうかの基準

Business Staff Head Of Human - Free photo on Pixabay (738321)

露茎かどうかは亀頭が包皮に包まれておらず、平常時でも亀頭が露出している状態を指します。これはペニスのサイズに関わらず亀頭が見えていれば露茎とされます。

少し亀頭の先が見えている程度ではなく、完全に包皮が亀頭にかぶっていない状態で、余った包皮はカリの部分に引っかかっています。

また、露茎は常に外気に触れて粘膜だった亀頭が皮膚に代わっているので、陰茎と同じような肌の色をしているという特徴があります。

性器が成長する時期と露茎との関係

Hands Macro Plant - Free photo on Pixabay (738322)

体質に関わらず敏感な亀頭は包皮に守られた状態で生まれてきます。この時点では露茎も包茎もありません。しかし、性器が成長し、包皮と亀頭に癒着が無くなったり、包皮輪が剝ける状態になったりすると包皮が剝けるようになります。

これは人によって時期が異なりますが、一般的には10歳から18歳の間に剝けることが多いようです。何もしなくても気づいたら亀頭が露出していた場合もあれば、オナニーをしていたら包皮が剝けたという場合もあります。

特に思春期は性への興味が高まり、性器に触れる機会が多くなることから露茎になる可能性も高まります。

日本人における露茎の割合

Document Paper Business - Free photo on Pixabay (738324)

ある調査では、露茎であると答えた男性は全体の49.5%であり、実に半数が露茎であるという結果が出ました。しかしこれは包茎手術によって露茎となった人や、仮性包茎から自力で露茎へとした人も含まれていることが予測されるため、成長過程で自然に露茎となった人はこの割合よりも少ないと考えられます。

アンケート調査であり、見栄を張るために仮性包茎なのに露茎と答えたケースもあるでしょう。風俗嬢にアンケートした調査では、実に客の7割程度は仮性包茎であり、露茎の人は少ないと感じているようです。

露茎は生まれつき?ケアによるもの?

Brothers Family Siblings - Free photo on Pixabay (738325)

露茎は生まれつき決まっているのでしょうか。また、ケア次第で露茎となることはできるのでしょうか。

仮性包茎の包皮を剥いて露茎を装っているケースも

Thermal Spring Grand Prismatic - Free photo on Pixabay (738326)

温泉などで他の男性と性器を見比べてしまうのはあるあるのようです。日本人男性は亀頭が見えているのがかっこいいと思いこんでいるため、皆の性器が露わになる温泉は見栄を張る場合が多いようです。

特に思春期の男子は露茎の人が包茎をからかうという光景が当たり前であるため、ばかにされたくないと包皮を剝いて露茎であると装っていることは少なくありません。

セックスの場合も女性に良い所を見せようと陰でこっそり包皮を剝いてからペニスを見せる男性もいます。

剥き癖をつけることで平常時でも露茎になることも

Banana Tropical Fruit Yellow - Free photo on Pixabay (738327)

剝き癖とは、仮性包茎でも包皮を剝いている状態の時間を増やすことで平常時でも露茎になるようにすることです。常に亀頭が外気に触れるようにすることで亀頭が成長し、包皮に収まらないサイズになることで露茎となります。

包茎を治すグッズも多く販売されており、ペニス増大サプリを試したり、包茎用のテープやリングで剝いた状態をキープしたりと様々な方法を試す包茎の男性は少なくありません。

これらは時間のかかることですが、毎日続けることで手術をせずに仮性包茎から露茎になったという人もいます。

包茎手術により露茎を手に入れることも可能

Surgery Instruments Surgeons - Free photo on Pixabay (738328)

確実に露茎を手に入れるためには包茎手術を受けることになります。真性包茎やかんとん包茎の場合は健康保険の適用ができるので安く済ませることができますが、見た目を度外視して本当に余分な包皮を除去し、見た目がより悪くなってしまったというケースも少なくありません。

見た目も綺麗な露茎を手に入れるためには、包茎手術を専門に扱っている美容クリニックを受診しましょう。保険適用外なので費用は高くなりますが、確実に綺麗な露茎を手に入れることができます。

露茎のメリット

Bokeh People Couple - Free photo on Pixabay (738330)

露茎にあこがれる男性は多いですが、包茎にあこがれる男性はいません。なぜ露茎は憧れの存在なのでしょうか。

ここでは露茎のメリットについて紹介いたします。

見栄えが良い

Adult Break Business - Free photo on Pixabay (738332)

1 / 3

関連する記事 こんな記事も人気です♪