せきれい本手とはどんな体位?せきれい本手のメリットと上手なやり方

48手のせきれい本手とはどんな体位なのかご存じでしょうか?セックスの基本体位である正常位を少しアレンジした、男女共に満足度の高い体位だとか。今回は、せきれい本手の説明、メリット・デメリット、注意点を解説!また、せきれい本手によく似た体位も紹介します。

せきれい本手とはどんな体位なの?

Bed Sleeping Couple - Free photo on Pixabay (738033)

「せきれい本手」についてご存じでしょうか?初めて聞くという方も、中にはいらっしゃるのではないでしょうか。「せきれい本手」とは、セックスの体位。正常位の1つとして知られており、無意識にせきれい本手の体位を使ってるカップルも多いでしょう。

セックスの体位の中でも比較的取り入れやすく、しっかりペニスを奥まで挿入できるのが特徴的です。今回POUCHSでは「せきれい本手」がどうゆう体位なのか説明し、メリット・デメリット、注意点を解説していきます。

他にもPOUCHSには女性の恋愛やライフスタイルを応援する記事があります。体位についてはこちらも合わせてご覧ください。

せきれい本手とは

Girls Lesbian Gay - Free photo on Pixabay (738032)

せきれい本手とは、いったいどんな体位なのでしょうか?体位48手の1つですが、漢字で書くと「鶺鴒本手」になります。読み方は「せきれいほんて」です。その語源についてはこのような寓話があります。

日本建国の大昔、二柱の男神と女神がイザお祭り(オマンコ及びセックス)をすることになった時、どうすれば良いかわからなかったとか。

そこに近くの岩にせきれいの雄雌が飛んできて、岩の上で尾を振りながら交尾を始めたんだそう。それを見て、セックスの形を学び教えられたと言います。では、具体的にどんな体位なのか見ていきましょう。

正常位に似た体位

Couple Romance Love - Free photo on Pixabay (738040)

せきれい本手は正常位の体勢から少し崩したものになります。正常位とは、女性が仰向けで下になり、その上に男性が覆いかぶさる形で行うセックスにおいて基本となる体位です。

せきれい本手は、女性が仰向けで下になり、男性は四つん這いになり女性の頭の横に両手をつきます。女性は、男性の上半身に両腕・両足を絡めた状態。横から見ると、女性が男性にぶらさがっているような体勢で、両者にとって非常に気持ちの良い体位だと言われています。

せきれい台と呼ばれる専用枕があった

Men Women Apparel - Free photo on Pixabay (738041)

しっかりペニスを奥まで挿入し、快適なセックスを楽しむためには、女性の腰の下に枕などの柔らかものを敷いてあげるといいです。腰を少し高くしてあげると、男性はよりピストン運動がしやすくなり、女性の奥まで挿入することができます。

女性側も体勢維持が楽になるので、せきれい本手で違和感を感じる人は、ぜひ枕やクッションなどを使ってみてください。昔は「せきれい台」と呼ばれる、セックスの際に女性の腰の下に敷く台もあったとか。少し低めの台で、それを敷くとスムーズにピストン運動が出来たと言います。

せきれい本手のメリット

People Man Woman - Free photo on Pixabay (738042)

せきれい本手がどのような体位なのか、理解できましたか?皆さん、セックスの際に無意識で取り入れてる人も多いのではないでしょうか?正常位から少し崩した形になりますので、比較的多くの方が行ってる体位です。

「せきれい本手」という名前を聞くと、何やら難しそうに聞こえますが、先ほども紹介したように女性の腰の下に枕やクッションを敷くだけでパフォーマンスは向上し、男女ともに満足のいくセックスができるはず!

ここからは、せきれい本手のメリット・デメリットを解説していきます。まずは、メリットから見ていきましょう。

初心者でも実践しやすい

Sunset Kiss Couple - Free photo on Pixabay (738043)

正常位の1種なので、初心者でも比較的挑戦しやすい体位と言えます。初心者が一番に取り入れるのは正常位。セックスを始める際の体位でもあり、互いが距離を詰めるのにぴったりな体位です。徐々に違う体位に変えていく訳ですが、初心者の多くは正常位だけでフィニッシュを迎えます。

正常位からバックや騎乗位などに体を変えていくには、ある程度のテクニックが必要ですが、せきれい本手であれば、通常の正常位を少しアレンジするだけでOKなので、チャレンジしやすいはず!

体が密着する

People Man Woman - Free photo on Pixabay (738044)

通常の正常位は、向き合っていながらも少し距離があると思いませんか?多くのカップルは、スローなピストン運動でキスを楽しんだり、ギュッと抱きしめあったりして密着します。

せきれい本手は、女性が男性にぶらさがったような状態で、両腕・両足を絡めます。よって、二人の密着度はかなり高いと言えます。互いの体温や息づかい、汗でしっとり湿った質感を感じながら、興奮度もマックス。女性からがばっと抱きつかれて嬉しくない男性はいません。

Gスポットやポルチオを刺激できる

Couple Making Out Young - Free photo on Pixabay (738045)

女性の膣内で感じやすい場所と言えば、Gスポットとポルチオ。Gスポとは、膣口から4~5cmほど入ったところにある膣の前側の壁にあります。興奮するとふっくらと膨らみ、男性の精液に似た愛液が出る部分でもあります。

せきれい本手は、女性の腰が少し持ちあがった状態で行う体位です。よってGスポットにしっかりペニスが当たりやすく、刺激により気持ち良くなると、子宮口が下がってくるのでポルチオにも到着しやすくなります。

女性の中イキを左右するGスポットとポルチオを効果的に刺激できるので、女性にとっても快感度の高い体位と言えます。

腰の動きがスムーズに行える

People Man Woman - Free photo on Pixabay (738058)

女性の両足は男性の上半身に絡め、腰が少し浮いてる状態ですので、男性はピストン運動がスムーズにできます。両足の脂肪が邪魔になることもなく、腰回りがフリーな状態。

男性は四つん這いになってる状態ですので、若干負荷がかかってしまいますが、通常の正常位に比べると動きやすいはず!女性の腰の下に枕などを敷いておけば、女性の下半身を支える必要もなくなるので、快感を得られるだけでなく、快適にピストン運動できるでしょう。

膣の奥まで挿入できる

Bokeh People Couple - Free photo on Pixabay (738059)

1 / 3

関連する記事 こんな記事も人気です♪