登り棒オナニーは気持ちいい?快感を得られる理由は?

小学生の頃に一度は登ったことのある登り棒ですが、気持ちいい思い出はありませんか?実は上り棒では快感を得ることが出来るという秘密があります。ではどのように快感得ることが出来たのかを見ていきたいと思います。謎が解けると知ると登りたくなるかもしれません!

登り棒で1度は遊んだことがありませんか?

Beautiful Daylight Facial - Free photo on Pixabay (682909)

幼い頃に公園や保育園などには必ずと言いていい程登り棒がありました。男の子にも女の子にも大人気の遊具でしたが、実はその登り棒にまつわる秘密があるようです。

幼い記憶をたどってみると鉄棒やブランコ・滑り台と言う風に色々な遊具がある中で、何故か登り棒にばかり執着する女の子や男の子が居たりしました。その子達は何故そんなに登り棒に魅了されていたのでしょうか。

実はそこには人間ならではの理由があったようです。では今からその理由をひも解いていきたいと思います。

登り棒でのオナニーは気持ちいい?快感を得られる理由

Sex Vibrator Masturbation - Free photo on Pixabay (684369)

皆さんは登り棒オナニーと言う言葉をご存知ですか?オナニーを良くする人にはすぐに想像がつくと思いますが、普段オナニーをしない人からすると、なんのこっちゃ?と頭がハテナになるかもしれません。

まずにして、登り棒をどのように使ってどんな快感を得るのかというところが気になります。どのような方法でどのような快感を得ることが出来るのかをその理由を今から見ていきたいと思います。

既に大人になっているのでその理由を知っても中々実践は出来ないかもしれませんが、夜中にこっそり一人登り棒を試してみるのも悪くないかもしれません。

クリがこすれて気持ちいい

Chestnut Autumn Spur - Free photo on Pixabay (695096)

登り棒をすることによって気持ちよさを感じる理由にはクリトリスがこすれると言うものがあります。クリトリスはとても敏感な性感帯の一つでもありますが、登り棒に掴まっているいる間はずっとその快感を得ることが出来ます。

登るときにはぎこちない擦りで強弱がつき、降りる時にはスーっという安定した休憩の無い擦り感が味わえます。この行動によって快感を得ることが出来るのでオナニーマニアの女性なら永遠と登り棒を楽しめるようになっています。

竿がこすれて気持ちいい

Testicles Testicular Cancer Penis - Free photo on Pixabay (695137)

男性バージョンになりますが、男性のペニスは衝撃に弱い部分になっていますが、登り棒のこすりながら上り下りをするという行為には気持ちよさが生まれるようです。

女性のクリトリス同様になりますが、ペニスを登り棒に当てがって擦る行為は例えオナニーを知らない幼少期であっても気持ちよさは分かるので何度も繰り返したくなってしまいます。

幼少期に体験出来なかった人はこっそり試してみてはいかがでしょうか。初めての快感を感じることが出来るかもしれません。

登り棒は小学生がオナニーを覚えるきっかけに?

Child People Outdoors - Free photo on Pixabay (695180)

人間がオナニーを覚えるのは人によっての違いはありますが、早い場合は小学生低学年と言われています。その一つのきっかけに登り棒があっても不思議ではありません。

上記にも書いたように、オナニーを知らなくても気持ちいいという不思議な感覚は分かります。子供は欲に忠実なので気持ち良いことを何度も繰り返すようになります。

そしてそこからペニスやクリトリスへの興味が膨らみ、オナニーに発展することも可能性としてはとても多くなります。

登り棒でオナニーの快感を覚える女子が多数?

Child Thoughtful Schoolchild - Free photo on Pixabay (695205)

男の子に比べると女の子の方がオナニーを覚える時期が早いのを知っていますか?

その理由はやはりクリトリスにあります。パンツが擦れる違和感は嫌なのですが、登り棒などのやや強い擦れはとても気持ちよく感じ、またペニスのように面で気持ち良さをとらえるのではなく、点で気持ち良さを感じる為です。

なので棒状の物で気持ち良さを得るのは女の子の方が圧倒的に多くなります。また、高学年や中学生になると登り棒をしなくなり、机の角などに快感を求めるようになることもあります。

登り棒オナニーをしたことがある人の感想

Siblings Brother Sister - Free photo on Pixabay (695287)

小学2年生の頃学校のグラウンドに有る登り棒が大好きでした。登り棒で上に登る時が何故か好きで股間を夢中で押し当てるようになりました。

自分以外にも何人も並んでいましたが、特に女の子が多かったです。何回も並び直して股間に刺激を求めるようになり、気が付けばオナニーが何かも分からないうちから自分の股間に興味を持つようになりましたが、股間をいじっている所が親にバレて怒られました。

今は大人なので誰にも怒られずオナニーを楽しめています。

登り棒オナニーは前立腺に刺激が伝わる?

Statue Stone Po - Free photo on Pixabay (695237)

登り棒は主に股間を押し当てて登るので、前立腺が関係していることに驚く人もいると思います。しかし登り棒を登るときには単純にペニスを当てることで気持ち良くなっているわけではありません。

実は上るときに肛門に力を入れることによって前立腺にも刺激を与えているのです。これによってただ擦り付けるよりもより快感を得やすくなるという仕組みになっています。

また会陰部分にも刺激が走るので、男の子の場合は3点責めのようになっているという事になります。

ドライオーガズムにたどり着く可能性も

Action Adult Checkered Shirt - Free photo on Pixabay (695252)

皆さんはドライオーガズムと言う言葉を聞いたことがありますか?これは男性が前立腺を刺激し続けることで、ペニスから精子を出すことが無く、イク事を示す言葉になります。

よく登り棒をする男の子は、登り棒での無意識オナニーで前立腺を長期に刺激するため、このドライオーガズムに達することがあると言われています。

先ほど3点責めと書きましたが、この3点を同時に攻めることが容易く出来るのが登り棒であるという事が分かります。

登り棒オナニーを体験してみてはいかがでしょうか

Animal Zoo Monkey Baby Japanese - Free photo on Pixabay (695266)

1 / 2

関連する記事 こんな記事も人気です♪