時雨茶臼とはどんな体位?時雨茶臼のメリット・デメリットを紹介!

時雨茶臼という体位は、男性にとって視覚的に興奮できると言われています。しかし名前からどのような体位なのか想像がつかないという人は少なくありません。今回は、この時雨茶臼について、その方法やメリット、デメリットについて紹介します。

時雨茶臼を体験しよう

Couple Making Out Young - Free photo on Pixabay (735386)

時雨茶臼という体位を聞いたことがある人は少ないのではないでしょうか。また、したことがある人でも名前までは知らなかったという場合もあります。時雨茶臼は名前に馴染みはなくても、実は多くの人が挑戦している体位です。

今回、POUCHSでは。時雨茶臼という体位についてやり方や注意点を詳しく解説します。また、メリットやデメリットについても紹介します。新しい体位に挑戦したいと思っていた人、48手を制覇したいと思っている人はぜひ参考にしてみてください。

この他にもPOUCHSでは、性に関する情報やライフスタイルに沿った悩みを紹介しています。以下の記事は男女別の人気の体位についてまとめたものです。こちらも合わせて読んでみてください。

時雨茶臼とはどんな体位?

Phone Mobile Telephone - Free photo on Pixabay (735387)

時雨茶臼という名前はメジャーではなく、むしろ聞いたことがないという人の方が多いでしょう。しかし意外と身近な体位であり、知らないうちに挑戦していたという人も多いです。

また、48手に載っているというと、「昔行われていた体位」や「マニアな人向けの体位」というイメージを持っている人も多いですが、実は現代の私達も同じような体位でセックスをしていることは多く、まさにセックスの指南書なのです。

では、時雨茶臼という体位はどのような体位を指すのでしょうか。

騎乗位とも呼ばれている

Boots Footwear Rustic - Free photo on Pixabay (735389)

時雨茶臼は、江戸時代に作られたセックスの指南書である48手の中でも最もベーシックな体位の1つであると言われています。簡単に言うと騎乗位のことであり、女性が男性の上に跨って主導で動く体位です。女性が上で動く様子が騎乗中の姿勢に似ていることから付けられました。

現代でも行われている体位を江戸時代から指南書に入るほど盛んに行われていたというのは驚く人も多いのではないでしょうか。そのころのセックスも、女性が積極的に動ける体位として人気だったようです。しかし世界では、騎乗位をしているときにペニスが骨折してしまったケースも多く報告されています。

騎乗位といってもその体位の種類は多くあり、シンプルが故に動きをマスターするのが難しいものでもあります。また、工夫次第で男女ともに気持ちよくなれる体位として人気です。特に奥が感じるという女性でパートナーのペニスの長さに物足りなさを感じている人は、騎乗位でイケる人も多いです。

時雨茶臼のやり方・注意点

Agreement Business Contract - Free photo on Pixabay (735391)

騎乗位と言っても、ベーシックすぎてその基本のやり方や注意点を知らない人も多いのではないでしょうか。男性に言われるがままに跨ったものの、動き方を知らなければ体位を完全に再現することはできません。

しっかりと事前にやり方を知っておくことで本番でも慌てずに挑戦することができるでしょう。その体位について知っておくことでパートナーに気軽に「この体位に挑戦してみない?」と提案することもできます。

では、時雨茶臼という体位のやり方と注意点について解説します。

時雨茶臼のやり方・注意点

Jungle Pathway Steps - Free photo on Pixabay (735392)

時雨茶臼は名前からすると挑戦するのが難しそうですが、基本的には騎乗位のやり方と同じであり、仰向けに寝転がった男性の上に女性が跨って挿入する体位です。その後は女性がピストン運動するように腰を上下に動かしたり円をかくように性器を男性にこすりつけるように動きましょう。

この時、男性の身体にクリトリスが当たるようにポジショニングを行うと気持ちよくなりやすいです。注意点としては、女性がバランスを取りやすいように男性は女性の腰を支えるようにしっかりとホールドすることです。

また、下から突き上げる男性も多いですが、腰に負担がかかりやすい動きでもあるため、腰痛がある人は控えた方がいいでしょう。女性が動くことで男性も摩擦を感じられるため、恥ずかしさを捨て、大胆に動きましょう。

男性にとって視覚的刺激が強いことや自分でペニスへの摩擦を調整できないことから、早漏気味の人は時雨茶臼をした時にすぐに射精してしまうことも少なくありません。そのため、この体位に挑戦するのはある程度射精感を自分でコントロールできるようになってからの方がいいでしょう。

本茶臼という体位にならないように

Tea Teabags Drink - Free photo on Pixabay (735394)

本茶臼と時雨茶臼はとても似ており、基本は騎乗位の姿勢です。ものによっては、本茶臼も時雨茶臼も同じ体位として扱っている場合もあるくらいです。唯一の違いは、本茶臼は挿入した後に男性側に女性が体を倒すのに対し、時雨茶臼では上体を起こして動くというものです。

ほとんど同じですが、時雨茶臼の場合はより女性の体を男性が見ることができます。本茶臼になってしまうと体が密着して男性は女性の体を視覚的に堪能することは難しいでしょう。

女性は体を見られるのを恥ずかしがってつい上体を倒してしまい、時雨茶臼ではなく本茶臼となることが多いので気を付けましょう。女性がつい男性側に倒れてきてしまう場合は、男性が女性の肩を持って倒れないようにしてもいいでしょう。

時雨茶臼のメリット

Face Girl Close-Up - Free photo on Pixabay (735396)

セックスで体位が様々ある中で、ベーシックな体位の1つとなったということは多くの人が簡単に挑戦しやすく、快感を得やすいことを示しています。

恥ずかしがって騎乗位を拒否する女性も少なくないようですが、女性にとってもメリットは多く、もちろん男性にとっては天国のような光景のようです。セックスに騎乗位を一切取り入れないのはとても勿体なく、得られずはずの興奮を逃していることになります。

では、時雨茶臼という体位のメリットとは何なのでしょうか。

女性が積極的になることができる

Actress Model Young - Free photo on Pixabay (735397)

時雨茶臼、騎乗位のメリットと言えば、女性が積極的に動けるということです。正常位やバックもベーシックな体位ですが、どちらも男性が主導で動くため、女性は動きに合わせるか受け身でいるしかありません。

それに比べてこの体位は女性が動くことでお互いに快感を得ることを目的にしているため、女性が動くことが前提となります。それは女性も理解しているため、恥ずかしくても頑張って動こうとしてくれるでしょう。

自分本位に動くことのできる体位が好きという男性は多いですが、同じくらい女性にも積極的に動いてほしいと願っている男性は多いです。また、女性にとっても、自分が気持ちいいポイントにペニスを当てることができるので中イキしやすい体位でもあります。

女性の恥らう姿が見える

Girl Portrait Hair - Free photo on Pixabay (735398)

男性にとって、女性が主導で動いている姿を下から眺められるというのは嬉しいでしょう。女性の美しいボディーラインも見られ、感じている顔や一生懸命動いている顔もじっくりと観察することができます。

また、騎乗位は女性が男性に見られることから羞恥プレイにも取り入れられており、女性の恥ずかしがる姿を見られると人気です。やはり女性の恥ずかしがる姿を見ることで征服感を得たり、守ってあげたくなったりするようです。

S気質のある人は特にその傾向が強く、S気質ではない男性でも恥ずかしがる姿を可愛いと感じる人はとても多いです。女性は恥ずかしがる姿を隠してしまうのではなく、むしろ前面に押し出してアピールしてみましょう。

女性の胸を下から眺めることができる

Erotic Fetish Body - Free photo on Pixabay (735402)

1 / 2

関連する記事 こんな記事も人気です♪