江戸時代のセックスは現代より過激?庶民の性生活と性風俗産業

華やかな文化が花開き265年間続いた江戸時代、お江戸のセックス事情はどのようなものだったのでしょうか。 異性との出会い方や避妊方法、セックスの歴史を紐解きながら、江戸時代人気だった遊女の話や春画についてもご紹介します。

今じゃ考えられない江戸時代のセックス事情

Matsumoto Castle Japan - Free photo on Pixabay (736541)

いつの時代も男と女がいればヤル事は1つ!「セックス」といっても過言ではないかと思いますが、これが現代ではなく江戸時代ではどのように繰り広げられていたのか気になる方も多いことでしょう。

西欧諸国に深く根付いていたキリスト教思想では処女信仰が強く、性欲も邪な考えとして否定されていましたが、このような考え方=貞操観念が日本で根付いたのは戦後のことのようです。

ですからそれまでの日本では、”性”に対してかなり奔放であったと言えるようです。
ではどれだけ奔放であったのかをご紹介していきます。


江戸時代のセックス事情

Japan Kimono Figure - Free photo on Pixabay (736562)

さてさて、具体的に江戸時代ではどのようなセックス事情だったのかということですが、現代のようにネットや職場などなどでの出会いは考えられない時代です。

まして妙齢の女性が気軽に街中をホイホイ出歩くなんて、もっての外の時代でもあります。
そのような時代ですから、出会うことさえ今では想像もできないような出会い方になったことでしょう。

戦国の世が終わり平和となった江戸時代、どのように男と女が出会い、どのようなれないドラマがあったのか、タイムスリップした気持ちになって覗いてみてください。

異性との出会い方

Architecture Japan Kyoto - Free photo on Pixabay (736568)

現代のようにそう簡単には出会えなかった時代ではありますが、自社参りが盛んだった江戸時代では、寺社での出会いが多かったようです。

現代のように、好きな時に好きなところへ行けるような交通手段が発達していませんから、出かける場所と言えば芝居小屋やお祭りなど、男女が多く集まる場所が多く、そこで出会いが盛んだったようです。

お祭りでは、気に入った女性がいれば、男性がその女性のお尻をつねってアピールしていたそうですから、今でいうところのナンパみたいなものでしょうか。

江戸時代に栄えた「湯女」について気になる方は下記をご参照下さい。

デートはこっそり

Chinese Geisha Kimono - Free photo on Pixabay (736582)

江戸時代は現代のような自由恋愛での結婚ではなく、”身分が同格である”ということが大切な時代でもありました。
多くは親が決めた相手との結婚でしたから、好きな相手との結婚なんて夢のまた夢だったことでしょう。

そう考えると、我々は良い時代に生まれてきたと言えます。
好きなところへのデートや、二人きりでのお食事など、江戸時代では考えられないことでした。

その当時の江戸では、街を歩くときは必ず男連れ、もしくは女連れ(奉公人と一緒など)でないと出歩くことは難しく、料理茶屋、あんみつ屋や裏稼業の水茶屋、夜の暗がりなどでこっそりデートをしていたようです。

初体験は15歳や16歳

Banana Breakfast Colorful - Free photo on Pixabay (736587)

ちなみに貴方の初体験の年齢はおいくつでしたでしょうか。
現代の20代・30代・40代への調査では、平均して19~22歳が圧倒的に多かったようです。

戦後に根付いた貞操観念はどこへやらではありますが、それでもこの年代が多いというのは身体的にも精神的にも頷けるものがあるような気がしてしまいます。

これが江戸時代ですと、もう少し年齢が下がり15~16歳での初体験が普通になります。
元服して大人扱いされるのもこの頃ですし、デートするということの類義語が”セックスする”だったようですから致し方ないのかもしれません。




江戸時代の人は口吸いが大好き

Lips Glossy Red - Free image on Pixabay (736862)

貴方は普段”キス”の事を何と呼んでいますか?
一昔前に「チューしてよ」なんて台詞のコマーシャルが人気でしたが、現代ではやはり”キス”は”キスと”呼ぶのが一般的なのではないでしょうか。

これが江戸時代に遡ると、「口吸い」と呼ばれていたそうです。
なんだかとても生々しい表現と感じる方もいらっしゃることでしょう。

江戸時代の「口吸い」は現代でいうところのディープキスのようなものですが、前戯に行うものではなく、 交接 の最中に行うのが一般的だったようです。

また、この通りにしたら女性がメロメロになるといった、「口吸い」のお作法があったそうですから驚きです。

時間より回数重視

Ladybugs Mating Red - Free photo on Pixabay (736917)

江戸時代に流行した性風俗を描いた絵画である春画(現代でいうところのエロ本)には、行為の後で使ったいくつもの桜紙がくしゃくしゃに丸められ、夜具のまわりに捨て置かれているといった構図が多いようです。

このことだけ見ても、江戸時代当時「回数」をいかにこなすかを重視していたかが見受けられるのではないでしょうか。
現代のように前戯に時間をかけたりしなかった江戸時代、下着も身に着けていなく、いつでもセックスできる戦闘態勢であった為、服を脱がずに即交わるといった感じだったようです。

娯楽が少なかった当時では、他に楽しみもなかったでしょうから、セックスに夢中になっていたのではないでしょうか。

夜這い

Tree Cat Silhouette - Free photo on Pixabay (736946)

「夜這い」の語源は、男性が女性に呼びかけ、求婚すること(呼ばう)であると言われているそうです。
それが時を経て、夜中に性交を目的に女性の寝ている場所を訪れる事を指すようになったようです。

現代では犯罪行為としか思えない「夜這い」ですが、女性は拒むこともできましたし、事前に連絡をして合意の上でのものであったようです。

時にはレイプまがいの行為もあったようですが、そのようなふとどき者は村八分にあったり、厳しく罰せられていたようです。


江戸時代のセックスの避妊

Condoms Condom Rubber - Free photo on Pixabay (736948)

現代では「避妊」と言えばコンドームやピルなど様々なものがありますが、江戸時代ではもちろんそのような便利なものはありませんでした。

当時は遊女などを除けば、避妊に対して積極的ではなかったようです。
ただ、コンドームの原型のようなもの(動物の皮でできている)オランダからの舶来品の「茎袋(きょうたい)」といったものや、「甲形(かぶとがた)」(水牛の角やべっ甲でできている)などがあったようです。

他にも和紙や魚の浮袋なども使用されていてたそうですが、効果は全く無かったことでしょう。

江戸時代の夫婦のセックス事情

Balloons Sky Love - Free photo on Pixabay (738723)

1 / 3

関連する記事 こんな記事も人気です♪