2019年10月28日 更新

オナニーで罪悪感を感じるのはなぜ?オナニーは悪いこと?

気持ち良くなるためにオナニーをしているのに、なぜかオナニーをすると罪悪感を感じてしまう…とそんなことで悩んでいませんか?実はオナニーで罪悪感を感じる人は多いです。まず自分だけではないと安心してください。そして対処法も見つけましょう。

オナニーで罪悪感がわいてくる

 (727272)

オナニーは気持ちよくなるためにする行為です。しかし中にはオナニーをすることで、罪悪感を感じてしまい、オナニーをするたびに苦しんでしまう人もいます。オナニーへの考えを改めてみれば改善されるでしょう。

POUCHSではそんな悩みを解消するため、悩みの原因、対処法を調べました。せっかく気持ち良くなる行為なのに、毎回気分が落ち込んでしまうのはもったいないです。

POUCHSは女性の恋愛・ライフスタイルを応援する記事を多数取り扱っております。以下の記事もぜひ一緒にお読みください。

オナニーによって罪悪感がわいてくる理由

 (727298)

本来ならばオナニーした後は幸福感で包まれるはずです。最高の快感を味わい、しばらくはそのまま寝転がっていたいと思うほど、気持ちのいいもの。

そんなオナニーがなぜ罪悪感になってしまうのか?まずは罪悪感を感じる原因を追究していきましょう。原因は人それぞれで、オナニーに対する見方、過去の経験などさまざまなことが考えられます。

あなたがオナニーすることで罪悪感を感じる理由はどんな理由なのか?まずは自分の根本にある原因と向き合わなければ改善されていきません。

そもそも性的なことが苦手

 (727299)

そもそも性的なことが苦手、嫌悪感を抱いてしまう人はオナニーをすることで罪悪感を感じやすいです。性的なことが苦手なので、本当はオナニーもしたくないと思っているのではないでしょうか。

しかし体が求め、オナニーをしてしまうことによって「自分はなんでこんな嫌いなことをしているんだろう‥」と罪悪感と同時に、自分に対しての嫌悪感を感じています。

体が求めることに忠実に従うことはとても大事なことです。オナニーをしたからといって、あなた自身の何が変わるわけでもありません。

はしたないという先入観

 (727300)

オナニーはどちらかといえば男性がするものというイメージが強いでしょう。男性同士の会話ではオナニーに関する会話も多いです。女性はよくオナニーしていても隠すと言います。

その女性の心理の一つには「女性がオナニーするなんてはしたない」という考えがあるでしょう。「はしたない」と考えてしまうと、オナニーしてしまう自分も嫌いになってしまいます。

そこからオナニーすることに対して罪悪感を感じ始めてしまうのです。実は女性もオナニーをしている人は多いので、女性だからしてはいけないなんてことはありません。

親に叱られたことがある

 (727301)

厳しい家庭で育った場合、性教育を教えてくれない家庭もあります。テレビでエッチなシーンが流れれば消されてしまい、エッチな描写のある雑誌は捨てられるなど、かなり厳しい家庭で育ったのではないでしょうか。

この場合、過去の家庭環境が大きく影響しています。根本に「エッチなことは親に怒られる」「エッチなことはわるいこと」という考えが染みついているので、オナニーに対しても罪悪感が生まれてしまうのです。

根本にできてしまったものなので、なかなかすぐに変われません。ただ周りの意見を多く聞くことで考えが変わっていきます。

性的なことをタブー視する国民性

 (727302)

厳しい家庭で育つと「エッチなことは悪いこと」と思ってしまうように、国民性も関係しています。90年代あたりの日本は性的なことに寛容でしたが、近年性的なものへの規制はかなり厳しいです。

幼い頃から規制の厳しさを感じていると、エッチなことやオナニーが悪いことだと感じてしまうでしょう。しかし規制は厳しくなっても、実際はエロにオープンな人も多いです。

色んな周りの意見を聞くことで、自分自身の考え方も変わってきます。沢山の人と話して、「エッチは悪いこと」から開放されましょう。

恋人への申し訳なさ

 (727303)

恋人がいる場合、オナニーすることで恋人に申し訳ないと感じてしまう場合もあります。オナニーするということは、恋人とのセックスだけで満足していないという証拠、またオナニーする時には他の相手を浮かべることもあるでしょう。

もちろんオナニーは浮気ではありませんが、それほど重大に考えてしまう人もいます。毎回オナニーするたびに恋人に対して申し訳ないと思うのは精神的な負担もかなりあるはずです。

オナニーと恋人とのセックスは全く別物なので、恋人に申し訳なさを感じる必要はありません。

ホルモンの影響

 (727304)

オナニーをすると女性ホルモンが活発になると言われていますが、それは凄く良いことです。またイクことでドーパミンなどのホルモンも分泌されます。ただイった後はドーパミンは急激に減少。同時にプロラクチンというホルモンが出ます。

このプロラクチンは性欲を抑える効果のあるホルモンです。プロラクチンが一気に増加することで、オナニーに対しての罪悪感を感じることもあります。

ただホルモンの分泌に関しては自分ではどうすることもできません。少しずつ意識を変えて、自分の意識の中でも悪いことではないとわかっておきましょう。

精神的なストレス

 (727305)

オナニーはストレス発散の一つでもあります。ストレスがたまってしまうとオナニーをしてしまう…という人も少なくないでしょう。しかしストレス発散としてオナニーしてしまうと、イった後の倦怠感を感じやすくなります。

オナニーをしている最中は夢中になっているので、ストレスを忘れているでしょう。ただイった後のテンションの差に気持ちがついていけません。ストレスがたまればたまるほどオナニーしてしまうので「またしてしまった」という気持ちも生まれやすいです。

オナニーは悪いことではない

 (727306)

1 / 3

関連する記事 こんな記事も人気です♪