亀頭が敏感な男性には特徴が?敏感さの理由や対処法を紹介!

亀頭が敏感過ぎるために、痛いと感じ、セックスを満足にできないと悩む男性は多いです。また、包茎をコンプレックスに感じて自信が持てない人もいるでしょう。今回は、亀頭の敏感さを改善する方法を紹介します。果たして、刺激に慣れることで改善するのでしょうか。

目次

亀頭が敏感かどうかは個人差がある?

Lonely Man Sitting - Free photo on Pixabay (732474)

人によって体質が異なるように、体を触られても気持ちいいと感じる人、痛いと感じる人、何も感じない人など刺激の受け取り方は様々です。その中でも亀頭は敏感にできているので人によって異なるでしょう。

POUCHSでは、今回、この亀頭が敏感なあまり痛いと感じることについて、その理由や対処法についてまとめました。

また、POUCHSではこの他にも性に関する悩みやライフスタイルに合わせた記事を随時更新しています。以下の記事は、亀頭攻めについての記事です。こちらも合わせて読んでみてください。

そもそも亀頭とは

Animal Turtle Bubble - Free photo on Pixabay (732476)

そもそも、亀頭とはペニスのどの部分を指すのでしょうか。特に女性にとってはセックスの経験がなく、男性のペニスを実際に見たことがないという人には馴染みがないかもしれません。

予め男性の体の仕組みや敏感な部分を知っておいて損はないでしょう。

亀頭とはどの部分?

Banana Breakfast Colorful - Free photo on Pixabay (732477)

亀頭とは、ペニスの先端部分を指します。包皮に包まれている場合は、その包皮の下に亀頭が隠れています。きのこの笠のような部分であり、男性の身体の中で1番敏感な部分であると言われています。

文化によって亀頭の扱い方は異なり、ヨーロッパでは亀頭を堂々と露出させて水浴びをするのに対し、アフリカのある地域では亀頭を他人に見せることは最も無礼であるとされ、殴られることもあるようです。

また、今でも割礼が見られるところもあります。

亀頭の見え方は人によって違う?

Tube Pipe View - Free photo on Pixabay (732478)

ペニスの大きさに個人差があるように、亀頭自体も大きさが異なります。ペニスが小さくても亀頭が大きければ女性に圧迫感を与えることができるので喜ばれる傾向にあります。反対にペニスは大きくても、亀頭が小さければ入っている感じがせず、物足りないと感じられることもあります。

包茎の場合は普段包皮に亀頭が覆われているので粘膜質に近い色であるピンクに見えます。しかし常に亀頭が外気に触れている場合は、ペニスと同じような色に近づいていきます。

亀頭への刺激で性的快感を覚える男性も多い

Young Man Male Handsome Model - Free photo on Pixabay (732479)

年頃になるとオナニーを始める男子がほとんどです。セックスを体験する前にほとんどの男子はオナニーを経験して射精の感覚を掴みます。この時、敏感な部分である亀頭を刺激して気持ちいいという快感を覚える男性は少なくありません。

乳首や前立腺も性感帯ではありますが、開発する必要があり、オナニーに慣れている状態で始める方がいいでしょう。それに比べて亀頭は開発しなくても気持ちいと感じやすいため、初心者向きです。

亀頭が敏感だと何が問題?

Man Woman Composing - Free photo on Pixabay (732480)

亀頭が敏感だということはそれだけ感じやすいということでもあります。

では、亀頭が敏感なことで起こるデメリットとは何なのでしょうか。

強い刺激を与えると痛い

Guy Man People - Free photo on Pixabay (732481)

人間はある一定の刺激の強さを感じると、気持ちいい刺激ではなく痛い刺激であると脳が受け取ります。そのため、亀頭が敏感な人は、普通の人にとっては気持ちいい刺激の強さでも、痛みを感じて快感を得られないことはよくあります。

男性の身体で1番敏感と言われる亀頭を刺激されているため、痛いと感じる場合はその痛さも耐え難いものがあります。痛みを感じた経験を重ねると、異性にペニスを触られるのが怖いと感じるようになる場合もあります。

衣類に擦れるだけで辛いという男性も

Jeans Pants Trouser Buttons - Free photo on Pixabay (732482)

中には衣服が擦れるだけで痛く、日常生活で困っている男性もいます。特に、包茎手術を受けて数週間は下着との摩擦でも痛みを感じるため、家で安静に過ごすしかなかったという体験談は少なくありません。

これは普段亀頭を保護していた包皮が無くなり、亀頭が外気に触れるようになったためです。慣れてくると皮膚が硬くなるので痛みを感じることはありません。ただし、包茎で衣服が擦れて痛い場合は内部で炎症を起こしている可能性があります。

亀頭が敏感な男性の特徴

Barbed Wire Fencing Caution - Free photo on Pixabay (732483)

感じ方は人によって異なりますが、亀頭が敏感な男性はいくつかの共通点が見られます。

では、亀頭が敏感な男性の特徴を見てみましょう。

包茎である

Elephant Mammal Animal - Free photo on Pixabay (732484)

1 / 4

関連する記事 こんな記事も人気です♪