フーテンの意味とは?差別用語?フーテンの生き方についても

フーテンという言葉をご存知ですか。おそらく、多くの人はフーテンの寅さんをイメージするでしょう。このフーテンという言葉にはどのような意味があるのでしょうか。またフーテンという言葉には差別用語という側面もあります。フーテンについて詳しく解説していきます。

実は、このフーテンという言葉は、明治時代には精神科病院を瘋癲病院としていた経緯があるのです。何もしないでふらふらとしている人の中には精神的に病んでいた人も含まれており、そうした人が精神科病院へ入ることで、瘋癲病院と呼ばれていた経緯があります。

こうした使い方がされていたために、少なくとも明治時代にはフーテンという言葉は差別用語となっていたのです。しかし、現代においてこうしたいきさつを知っている人はほとんどいないでしょう。

基本差別用語には当たらないが限りなく差別用語に近いと言われている

 (568530)

こうしたことから、フーテンという言葉は一時期は差別用語として扱われてきました。しかし、このフーテンという言葉が差別に該当するということは一切なく、この明治時代に使われていた言葉も間違った使い方であるとされていますので、差別用語には一切該当しません。

しかし、やはり一部の人の中には差別用語に近い感覚はあるでしょう。どうしてもふらふらとしている人の中には、精神的におかしい人というイメージもぬぐえないため、差別用語に近いともされているのです。

差別用語の特徴ととりまく環境

 (568531)

フーテンという言葉がもし、差別用語に該当してしまうのなら、どうしてこれほど身近な言葉として使われてきた言葉が差別用語として残ってしまったのでしょうか。

差別用語には特徴と、そのとりまく環境や時代などがあるのです。

特定の属性を否定するもの

 (568533)

差別用語は、基本的には特定の属性を否定する言葉なのです。フーテンという言葉も、特定の属性に該当してしまうでしょう。

あきらかにフーテンは一般的な人に該当することではなく、特別な環境の中にいる人となってしまいますので、その少数派である属性を否定してしまうのです。これは日本だけにあることではなく、世界的に見てもそうした傾向にあるのです。

差別はえてして少数派に属する人達に向けられてしまう傾向があるのです。

侮蔑の意図が込められた言葉

 (568534)

また、差別用語のほとんどは侮蔑の意図が込められています。フーテンについても、やはり少数派の人を侮蔑したような側面があるのです。

フーテンの寅さんのイメージから考えればそうは思わないかもしれませんが、フーテンという言葉を寅さんがもし使わなければ、おそらくこのフーテンという言葉も侮蔑の意図が込められた使い方をされていたはずです。こうした差別用語は紙一重な部分もありますが、多くは侮蔑の意図が込められているのです。

ヘイトスピーチ

 (568532)

ヘイトスピーチについても同じことが言えるでしょう。ヘイトスピーチは、まさに差別をすることの代表的な行動ともなっていますが、人種や民族、さらには宗教などにおいてその存在自体を否定するような行動なのです。

ヘイトスピーチという言葉自体が差別用語であり、そうした行動を多くの人が取っているのです。ヘイトスピーチは、昔は海外の話題として取り上げられることが多かったのですが、最近ではヘイトスピーチは日本においてもよく見かけるようになってきました。

一種の言葉狩りという批判もある

 (568536)

しかし、一方でフーテンという言葉やヘイトスピーチという言葉を否定するのは、一種の言葉狩りであるという見方もあります。こうした言葉の使用を禁止することだけに重点を置いているだけで、本質については一切解決をしようとはしていないのです。

そもそも、言葉がどうあれ差別をしているということ、差別がこの世の中にあるということが問題になっているのです。つまりは、フーテンという言葉もヘイトスピーチという言葉も使用することが問題ではないのです。

差別用語をあえて使用し自身の優位性を示そうとする人もいる

 (568537)

また、こうした差別用語を使用することで、自分自身を優位な立場に見せている人もいます。この言葉を使用することで、自分の弱い部分を隠すことができ、さらには相手よりも優位に立つことができるのです。

実はこうした差別用語を使う人も、自分が弱い立場になってしまうことを恐れているのです。少しでも自分を優位な立場に置きたいという現れから、差別用語を使っているという側面も少なからずあるのです。

もし、今までに差別用語を使ったことがあるという人は、心当たりがあるのではないでしょうか。

国内外問わずフーテン生活を送っている人々は存在する

 (568538)

フーテンという言葉の意味などはしっかりと理解できたはずです。しかし、どうしてもフーテンという言葉を聞くと、最初にイメージするのはフーテンの寅さんになってしまうはずです。

しかし、現代においてもフーテン生活を送っている人々は存在しています。形は昔とは違えど、フーテンと呼べるような生活をしている人はいるのです。

こうした生活を送っている人を否定することはありません。むしろ、自分から進んでフーテン生活を送っている人もいますので、こうした人を否定することはいけないことです。

おそらく、フーテンの寅さんは、自分から進んでフーテン生活を続けていたのでしょう。そうした生活は自分には合っており、さらにはそうした生活が自分の生きがいになっていたのでしょう。

フーテンの寅さんのような生活に憧れを抱く人は、当時もたくさんいたはずであり、現代においてもたくさんいるのです。

3 / 3

関連する記事 こんな記事も人気です♪