ドラえもんは名言の宝庫!感動の名言10選!面白い名言や深い名言も

ドラえもんには数多くの名言があり、その言葉に勇気づけられた人もいるのではないでしょうか。ドラえもんの話には恋愛や勉強、感動する話や戦争を絡めた話まで様々なものがあり、それぞれの場面に合わせて意味の深い台詞が飛び交います。あなたの心に残る名言を探してみましょう!

目次

ドラえもんの名言を見て生活に役立てましょう

Toy Doraemon Robot - Free photo on Pixabay (553563)

ドラえもんは、1969年に小学館の学年誌の一部で連載されたのを始めとし、今ではアニメで放送されドラえもんを知らない人はいないのではないでしょうか。子ども達はもちろん、大人からも人気を得ているドラえもんですが、その理由について考えてみたことはあるでしょうか。

ドラえもんがポケットから出してくれる秘密道具に魅力を感じ、楽しむ人がいる中で、台詞に注目して楽しんでいる人も多くいます。ドラえもんやのび太などの登場人物が場面ごとに発する言葉は私たちの心に強く響き、今では数多くの名言を作り出しています。

この記事では、様々な名言をご紹介していきます。改めて名言を読み、今後の生活に活かしていきましょう!

ドラえもんの感動する名言

Water Lily Aquatic Plant Flower Hd - Free photo on Pixabay (553568)

ドラえもんには、感動する名言が数多く存在しています。友達との関わりから生まれた友情を深めるような暑い情熱的な言葉や、心が折れてしまいそうなときに掛けてくれる励ましの言葉等、物語の場面に合わせて名言が生まれています。

どの言葉も、意味を深く考えてみたくなるようなものが多く、自分自身に当てはめて漫画やアニメを観る人が多いことでしょう。また、前向きな考えにしてくれる言葉が多く存在しているのも、名言と言われる理由の一つなのかもしれません。

友達に助けを求められて、知らん顔なんてしてられるか!

Hands Friendship Friends - Free photo on Pixabay (553570)

映画『ドラえもん のび太のアニマル惑星』でのジャイアンの言葉です。のび太達がアニマル惑星から地球へ戻った時の場面で使われています。地球に戻ったはずなのに、”チッポ”の声を聞いたとジャイアンは怯え始めます。実はこの時アニマル星では何者かに攻撃を受けていました。

それを知ったのび太達は、救出へ向かうことを決意しました。皆が集合場所に集まる中で、時間が来ても現れないジャイアンを置いて行こうとした時、大風呂敷を背負ってジャイアンはやってきます。

どんなに自分が怖がっていても、友達のためならばその気持ちを優先して助けに行こうとする、友達想いの一面が感じられる台詞です。

人にできて、きみにできないことなんてあるもんか

Person Human Joy - Free image on Pixabay (553571)

のび太が竹馬に挑戦している時に、見守っていたドラえもんの言葉です。難しいと感じたらすぐに諦めようとするのび太をドラえもんは励まします。『できないことなんてない』の言葉は、努力を続けたら必ず達成できるという意味を込めた力強い言葉に聞こえます。

のび太が自信を持って挑戦できるよう、伝えたのかもしれません。そしてこの言葉の後、のび太は練習で全身傷だらけになりながら練習を続けて、竹馬に乗れるようになります。

過ぎたことを悔やんでも、しょうがないじゃないか。目はなんで前についていると思う?前向きに進んでいくためだよ

Woman Away Nature - Free photo on Pixabay (553575)

学校の先生の言葉です。普段0点ばかり採っているのび太を励ますために掛けた言葉で、この言葉を聞いたのび太は「目はなぜ前についているか。良い言葉だな、ジーンときた」と独り言を言いながら帰宅します。

この言葉には、過去を気にして悔やむよりも、未来のことを考えて精進していくことの方が大切であるという意味が込められていることでしょう。

また、勉強だけでなく、さまざまな場面で考えられる言葉です。どのような時もこの
言葉を思い出して前向きに進んでいきましょう。

ドラえもんが安心して未来に帰れないんだ!

Adventure Height Climbing - Free photo on Pixabay (553579)

『さようならドラえもん』の話での、のび太の言葉です。ある日突然、ドラえもんは未来の世界へ帰らなければならなくなります。それに対して納得できないのび太でしたが、ママにドラえもんを困らせてはいけないと言われ受け入れます。

別れの日の最後の夜、夜道でジャイアンがのび太に喧嘩を仕掛けて来ます。ドラえもんの心残りをなくすべく、のび太は無謀を承知で、勇気を振り絞って単身ジャイアンに挑むのです。

 この時の台詞が「ぼく一人の力で君に勝たないと、ドラえもんが安心して未来に帰れないんだ!」です。

おまえのものはおれのもの、おれのものもおれのもの

Holding Hands Circle Of Friends - Free photo on Pixabay (553583)

テレビアニメ版の『ドラえもん』にて放送された『ハチャメチャ入学式』の話でのジャイアンの言葉です。ある日、のび太とドラえもんはタイムマシーンに乗って、のび太たちの入学式の日に向かいます。

のび太は様々なハプニングによって入学式に遅れてしまい、会場に入ったものの誰もいないのを見て、入学式は終わってしまったと勘違いし、泣きながら学校を出てしまいます。でも自宅に帰る途中で迷子になってしまい、またハプニングが起きてランドセルをなくしてしまいます。

一方学校にいたジャイアン達は、のび太がいないことに気付いて、探しに出ます。ジャイアンは必死に走ってのび太を見つけ、体を張ってランドセルも取り戻しました。「ありがとう!でもなんでここまでしてくれたの?」というのび太に対し、ジャイアンは「だって、お前の物は俺の物、俺の物も俺の物だ!」と答えます。
Friends Outside Road - Free photo on Pixabay (554654)

友達の物も自分の物のように大事にするのが当然、人の痛みも我が痛みのように感じ、人のために全力を尽くす!という、ジャイアンの男気が表れた言葉でした。

忘れろ。なにかほかの楽しいことを考えるんだ。

Light Bulb Current Electric - Free photo on Pixabay (553584)

これはドラえもんの言葉です。のび太に、励ましと気持ちを切り替えて考えようという意味を込めた言葉であると考えることができるでしょう。誰もが一度は経験したことがあるように、人生には困難が尽きないものです。なかなか問題が解決しない時もあるでしょう。

いろいろな方法を試して試行錯誤しても解決しないような時には、一度その問題から離れてみることも必要かもしれません。もし、煮詰まったような状況になってしまった時は、ドラえもんのこの言葉を思い返して見ると気持ちが軽くなることでしょう。

いいじゃないか。遅れても。最後までがんばれ!

List Saying Quote - Free photo on Pixabay (553586)

これはドラえもんの言葉です。「ぼくだけどんどん遅れちゃって…」と泣きべそをかいているのび太に対して、励ますために言った言葉です。この言葉には、周りのペースに合わせようと焦らなくても、遅れても良いから自分のペースで行い、最後まで努力することが大切であるという意味が込められているのではないでしょうか。

地道に努力することを苦痛に感じる時もあるでしょう。ですが、最後まで諦めずに挑戦する姿勢が、自分を成長させることに繋がることもあります。ドラえもんの言葉のように、最後まで頑張って物事に挑戦していきましょう。

1 / 4

関連する記事 こんな記事も人気です♪