ウクライナには美女が多い?ウクライナ女性の結婚観と日本人との相性も

元々、ロシアと同じ国だった『ウクライナ』には、『ウクライナ美人』が多く、彼女達と結婚したい男性はたくさんいると聞きます。「じゃあ『ウクライナ美男』も、たくさんいるの?」ってことになるのですが、確かめてみたくないですか?ウクライナの美男美女。

目次

美人大国ウクライナ!

Kiev Ukraine City - Free photo on Pixabay (213071)

元々、『ロシア』と同じだった国『ウクライナ』は、日本では「美人大国」として有名ですよね。でも、「なぜ『ウクライナ』なの?」と思いませんか?

だから、知りたいじゃないですか。「美女がたくさん生まれる国ってホント?」「例えば、『ウクライナ出身』の有名人には、どんな人がいるの?」「美女だけじゃなくて、美男もたくさん生まれるの?」って。

ここでは、「『ウクライナ』って、どんな国なの?」について、わかりやすく詳しく解説していきますね。

ウクライナの特徴

Mountains Forest Trees - Free photo on Pixabay (213076)

『ウクライナ』は、東ヨーロッパの国です。東に『ロシア連邦』、西に『ハンガリー』『ポーランドスロバキア』『ルーマニア』『モルドバ』、北に『ベラルーシ』、南に黒海を挟み『トルコ』に囲まれています。首都は『キエフ』です。

日本の『面積37.79 万 km²』『人口126.79 百万』『GDP$5.071 兆 USD』に対して、ウクライナの『面積 60.36 万 km²』『人口44.83 百万』『GDP$1,330 億 USD』です。平均月給は、日本円で30,000円位です。

16世紀以来、「ヨーロッパの穀倉」地帯として有名です。東側は、『天然資源』に恵まれ、鉄鉱石や、石炭などの『鉄鋼業』など『重化学工業』が発達しています。西側は、核で有名な『チェルノブイリ』の跡地があります。常にアメリカvsロシアという、争いの真ん中にある国です。

文化

Grave Monument Stone - Free photo on Pixabay (213080)

『ウクライナ』は、16世紀以来「ヨーロッパの穀倉」地帯として知られ、19世紀以後「産業の中心地帯」として大きく発展しています。『天然資源』に恵まれ、『鉄鉱石』や『石炭』など、資源立地指向の『鉄鋼業』を中心として『重化学工業』が発達しています。

治安は、観光都市として有名な首都『キエフ』『リヴィウ』『オデッサに』ついては『危険度レベル1』ですが、日本と比べると危険です。殺人に会う確率は低いと思いますが、電車内ではスリに注意しましょう。「バーキン持って、ロレックスを着けて、電車に乗るのは自殺行為」だそうです。

通貨は、ウクライナの通貨は、紙幣が1, 2, 5, 10, 20, 50, 100, 200, 500フリヴニャ(грн. (hrn.) )。硬貨が、1, 2, 5, 10, 25, 50コピーイカ,1フリヴニャ。1フリヴニャ(hrn.)=100コピーイカです。国際通貨コードは『UAH』です。言語は、公用語として『ウクライナ語』が話されますが、『ロシア語』も話されます。


歴史

City Sunset Park - Free photo on Pixabay (213084)

『ウクライナ』は、かつて『ウクライナ・ソビエト社会主義共和国』という名前で『ロシア』とも同じ国でした。

が、1991年、『ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国』が、主権宣言を行いました。そして、『ウクライナ・ソビエト社会主義共和国』も『国家の独立』を宣言。国の名前も『ウクライナ共和国』を経て『ウクライナ』になりました。

民族は、『ウクライナ人(77.8%)』『ロシア人(17.3%)』『ベラルーシ人(0.6%)』『その他(モルドバ人、クリミア・タタール人、ユダヤ人など)』です。宗教は、『ウクライナ正教』及び『東方カトリック教』、『ローマ・カトリック教』『イスラム教』『ユダヤ教』などです。

食べ物

Ukraine Potatoes Dill - Free photo on Pixabay (213087)

味が濃い。魚料理や肉料理より野菜料理が多い。軽く炒めて茹でるか、また軽く炒めて煮る。野菜料理はスープやジャガイモなど野菜の煮物。有名なボルシチには欠かせないビートは約30種類ある。肉料理は豚肉が、魚料理は鯉がよく使われる。料理には、バター、ラード、向日葵油、サワークリームがよく使われる。

長期の外国支配による、他国料理の影響がある。西部では、ドイツ料理(揚げ料理)・ハンガリー料理(辛い料理)・トルコ料理(揚げ料理)・クリミア・タタール料理(揚げ料理)、東部では、ロシア料理(すっぱい・脂っこい料理)

主食はパン。丸パン、ヴァレーヌィク(東欧風餃子)、ハルーシュカ、フレチャーヌィク(団子)、コールジュ、コロヴァーイ(ケーキの一種)。「母は蕎麦の実のカーシャ、父はライ麦のパン」という諺があるほど、蕎麦もよく使う。

ウクライナの観光地

Ukraine Kiev Panorama - Free photo on Pixabay (213089)

ウクライナの歴史と政治は、調べれば調べるほどおもしろくて、知れば知るほど、もっと知りたくなるんです。

いろんな国に取り合いされ、翻弄され、結局、アメリカとロシアに取り合いされつ続けている国。のどから手が出そうな宝物と、何をどうしてでも避けたいものが同居している国。ざっくり言うと、東にロシア人が、西にウクライナ人やポーランド人が住んでいる国。

なんで今までこんなに面白い国の事を、教えてくれないのか?と後悔するほど、魅力的な国です。

キエフ(Kiev)

Flowers Kirovograd Ukraine - Free photo on Pixabay (213092)

キエフは、1500年の歴史をもつ東スラヴ随一の古都。「ルーシ(東スラヴ)の母」とされるウクライナの首都は、人口300万近い大都市。 古い言い伝えでは、街はポリャーニン族のキィ、シチェク、ホレフの三兄弟と妹のリービジによって、5世紀後半に創られた。『キエフ』は『キィの街』という意味。

『キエフ・ペチェールシク大修道院 (洞窟大修道院) (Kyivo-Pechers'ka Lavra)』世界遺産に登録されている大修道院です。他の施設も含めてかなりの見所があります。ゆっくり見ると3時間はかかります。 坂も結構あります。 蚤の市や、蜂蜜市もあります。 入場料は20フリヴニャです。

リヴィウ(Lviv)

Europe Continent World - Free image on Pixabay (213094)

ウクライナの西にある古都リヴィウは、ウクライナの「埋もれた宝石」と言われ、世界遺産にも登録されています。ウクライナで最もウクライナらしい町で、公用語はウクライナ語。

リヴィウは、プーチンの顔がトイレットペーパーに印刷されて売られているほど、反ロシアの街で、独立の気概が高い街。ウクライナ人のアイデンティティの支柱ともいえるウクライナ・カトリック(ユニエイト)の総本山を有し、その長い歴史を通して常に民族運動の牽引役を果たしてきました。

東欧で一番美しいと言われる墓地「リチャキフ墓地」は、18世紀につくられた墓地。リヴィウはポーランドの一部だったので、ポーランド人のお墓も。まるで森のような緑の中にある広大な敷地には、著名人や政治家など、故人の職業や好きなものを表現した、とても個性的なお墓が30万個以上あります。

オデッサ(Odessa)

Water River Lake - Free photo on Pixabay (213097)

「黒海の真珠」と呼ばれる港町オデッサは、15世紀トルコ人によって作られた街。18世紀の露土戦争の結果、オデッサはロシア領に。以降、貿易港として大いに栄えました。オデッサがウクライナになったのは、20世紀のソビエト連邦時代から。なので、ウクライナ語よりロシア語のほうが聞こえてきます。

独立精神旺盛な市民の気質は、映画『戦艦ポチョムキン』で見られた市民の団結や、第二次世界大戦時に、地下都市にたてこもり、ナチス・ドイツ軍に対する抵抗を続けたことからわかる。この地下都市は現在博物館として公開されている。

オデッサといえば階段です。オデッサの階段は、1905年に起きたロシア兵の反乱をベースにした有名な映画「戦艦ポチョムキン」の舞台になりました。「戦艦ポチョムキン」は映画史に残る大作中の大作。特に、赤ちゃんを乗せた乳母車が階段からゆっくりと落ちるシーンは今でも絶賛されています。

リヴネ(Rivne)

Duck River Summer - Free photo on Pixabay (213099)

リヴネは、数々の国に支配されて争いの場になり、街の90%を焼失したり、ロシアの都市になったり、ウクライナの都市になったり首都になったり、ポーランドの都市になったりして、ようやくウクライナの街の1つになりました。

95%以上が、ウクライナ人で、母国語はウクライナ語です。

リヴネといえば、「この街に旅行者が来る目的はただ一つ、愛のトンネルに行くこと」と言われるほど、ウクライナ最強の観光地『愛のトンネル』があります。もう廃墟っぽくなってますが、実際にこの線路は私鉄としてまだ使われています。

1 / 6

関連する記事 こんな記事も人気です♪

フィンランド人の特徴と性格!よくある名前や結婚観と日本人との相性も

フィンランド人の特徴と性格!よくある名前や結婚観と日本人との相性も

日本から物理的な距離が以外に近い距離にある国・フィンランド。フィンランド人は日本人とよく似ていると言われていますが、フィンランドはどのような国なのでしょうか?恋愛・結婚や日本人との相性などと一緒にくわしく説明していきます。
ベトナムに美人が多い理由は?ベトナム人女性の結婚観とアオザイの魅力

ベトナムに美人が多い理由は?ベトナム人女性の結婚観とアオザイの魅力

ベトナムは美女が多い国。その理由としてはアオザイを着た女性がスレンダーでスタイルもよく、アジアンビューティーな顔立ちをしているからだと言われています。そんなベトナム美女との結婚は条件も厳しく簡単ではありません。ではどうすれば良いのかを考えていきましょう。
インド人には美人やイケメンが多い?インド人の性格や特徴と結婚観も

インド人には美人やイケメンが多い?インド人の性格や特徴と結婚観も

あなたはインド人に対してどんなイメージをもっていますか?日常ではなかなか接点のないインド人は、私たちとは全く異なった独特な文化を持っています。この記事では美人やイケメンが多いと噂のインド人の性格や特徴について解説していきます。
タイには美人が多い?タイの美人の条件や基準とタイ人の結婚観とは?

タイには美人が多い?タイの美人の条件や基準とタイ人の結婚観とは?

タイは整形も含め、美人が多い国として有名です。また、性に寛容で様々な基準のもとゲイやニューハーフなど多くの種類に分かれている国でもあります。今回は、タイ女性の特徴や恋愛観、結婚の条件に迫り、タイ人女性の攻略法を探ります。
ポーランド人女性は美人が多い?ポーランド人の結婚観と親日の理由も

ポーランド人女性は美人が多い?ポーランド人の結婚観と親日の理由も

外見も内面も最高に美しいと言われているポーランド人女性!外国人女性と付き合いたい、または結婚したいと思っているあなた!ポーランド人女性に絶対に注目してください。親日家がかなり多いポーランド人女性が、日本人にとってどんなに魅力的かを徹底的に説明します。

この記事のキーワード