林田理沙の実家はお金持ち?学歴から読み取れることとは

林田理沙さんといえば、NHKのアナウンサーとして有名で清楚な雰囲気と、美人である彼女の人気は高まるばかりですがそんな林田理沙さんの実家はお金持ちであると噂されています。今回は、林田理沙さんの実家がお金持ちであると思われる理由と学歴についてお伝えします。

林田理沙のプロフィール

Anda Hiroyuki on Instagram: “#おはよう日本 #林田理沙 さん #林田アナ #林田キャスター #世界のメディアザッピング” (703826)

林田理沙さんは、1989年12月19日生まれの現在29歳でNHKのアナウンサーとして活躍しており、ナチュラルでありながら清楚な雰囲気の美人に人気が高まっています。

林田理沙の実家がお金持ちだと言われる理由

Anda Hiroyuki on Instagram: “#おはよう日本 #林田理沙 さん #林田アナ #林田キャスター” (703829)

林田理沙さんの実家がお金持ちと言われているのには、理由があります。理由の一つに彼女の学歴が左右しています。

幼稚園~高校まで湘南白百合学園

Anda Hiroyuki on Instagram: “#ブラタモリ #浅間山 #林田理沙 さん #林田アナ” (703830)

林田理沙さんが幼稚園から通われていた湘南白百合学園ですが、名前だけでお嬢様感が伝わってきます。一貫教育ですのでもちろん私学ですし、入学金も公立の学校とは比べものになりません。

私立といえば、幼稚園であれ受験がつきものですから幼い頃から林田理沙さんは優秀だったことがわかりますし、幼稚園の受験にはもちろん親御さんも横にいるわけですから親御さんに対しての面接もあるようです。

そんなお嬢様学校で高校時代までを過ごした林田理沙さんですが、大学への進学が彼女の人生を変えたようです。

大学は東京藝術大学音楽学部楽理科

Anda Hiroyuki on Instagram: “#ブラタモリ #比叡山の修行 #林田理沙 さん #林田アナ” (703831)

林田理沙さんですが、高校卒業後の進学先は東京藝術大学であり、この時は将来アナウンサーに進学しようとは決めていなかったようです。

こちらの大学に入ったきっかけは、幼い頃からピアノをしていた為ピアニストになる事が夢だったそうで、大学院では音楽の歴史を学びました。

ピアニストになりたいと思えるぐらいですから、勿論ピアノの腕前はかなりのものでアナウンサーになぜなったのかも不思議です。

こちらの学校も勿論学費が高い学校である為、お金持ちであると言われている理由の一つです。

幼少期からピアノやバレエを習っていた

🌾いなほ🌾 on Instagram: “そして麻由子様をも超越する超どアップに挑戦した林田アナ#お出かけリンデン#林田アナ#林田理沙#おはよう日本#NHK#林田アナの観察記録” (703832)

ピアノにバレエとお金持ちの娘さんに習わせる習い事のイメージですが、これは電子ピアノとは違い本物のピアノを買うには良いものだと車で一台買える値段がするからです。

同様にバレエでは衣装のための費用などが実費であり、時に海外で披露される事もあるためお金持ちの子が習っているイメージです。

実際に幼い頃から習っていたわけですから辞めるまでにとんでもない大きい金額を使用していたようです。やはり、お金持ちなのだと思います。

林田理沙には絶対音感がある

Anda Hiroyuki on Instagram: “#おはよう日本 #林田理沙 さん #林田アナ #林田キャスター” (703833)

絶対音感を持つ人は、うまれながらに持っている絶対音感と、幼少期にトレーニングで身につく絶対音感の2パターンがあります。

林田理沙さんはトレーニングでついたものといわれており、彼女の才能は幼少期に作られたもののようです。

絶対音感とは

Anda Hiroyuki on Instagram: “#おはよう日本 #林田理沙 さん #林田アナ #林田キャスター” (703835)

絶対音感とは、日常の会話や音が全てドレミファソラシのどれかがわかるというもので、例えば耳で音を聞けばどの音かわかります。

日常会話すら全て音に聞こえることもあるそうですが、絶対音感を持っている人は数少なく音がズレることはないので歌もうまいはずです。

一度聞いた音を忘れない人が多く、耳で曲を聞けば楽譜を見ずに同じ曲が弾けるのが絶対音感の方だからできることです。一般の方からすれば、何の音かわからないことでも絶対音感があれば聞き取れるようです。

羨ましく思える絶対音感ですが、本人たちは日々の音が音符の音に聞こえるそうであまりにうるさく耳障りのこともあるそうです。
Anda Hiroyuki on Instagram: “#おはよう日本 #林田理沙 さん #林田アナ #林田キャスター 和久田さんは夏休み” (703837)

歌を披露された事はありませんがピアノもできますので、歌いながらピアノをひいていただきたいですし、アナウンサーを引退されてもピアノだけで生活できると思われるぐらいの腕前です。

絶対音感があるのにアナウンサーになった理由とは

🌾いなほ🌾 on Instagram: “今週と来週の まちかど情報室は 「夏休みセレクション」 と題して これまで放送したものの なかから 反響の大きかったものを 再度ご紹介  小噺を考えてくる必要が ないので  麻由子様の負担軽減に なりますね  #紫まゆ #和久田アナ #和久田麻由子 #林田アナ #林田理沙…” (703839)

絶対音感があるのに、何故アナウンサーになったのかが気になりますが元々大学まで音楽の道を先行し、ピアノになる夢を追いかけてきた林田理沙さんです。

今頃アナウンサーにならずピアニストになっていれば、美人ピアニストとして有名になったことだと思います。

彼女がピアニストではなくアナウンサーの道を選んだのには理由があるそうですが、その理由は詳しくわかっていません。しかし、大学時代から将来の夢が変わってきたようでアナウンサーになる為大学時代から勉強したようです。
Anda Hiroyuki on Instagram: “#おはよう日本 #林田理沙 さん #林田アナ #林田キャスター” (703840)

いきなり夢がかわり、ましてや全く違う方向の職種を目指すと言う事は彼女自身いつも以上の努力や勉強をしたようで、アナウンサーになる為にはもちろん試験があります。

採用までいく為には努力と、やはりテレビですからルックスも多少作用されそうですし、林田理沙さんのような秀才であっても合格したNHKは2社目で、第1希望は不採用だったとの事ですから、狭き門だそうです。

アナウンサーといってもテレビに出演していないときは一般のサラリーマンやOLと同じようですのでデスクワークが主になります。原稿を読む練習をしたり、書類を作ったり見た目以上にハードです。

また、芸能人と異なりスタイリストやメイクさんは付いていないと言う事で、キャスターとしてテレビに出演している際もメイクやヘアー、洋服に至るまで自身でしなければなりません。

そう考えると早朝キャスターは、とても早い時間から支度し、テレビ局入りしているとてもハードな仕事なのです。

林田理沙は結婚しておらず現在も独身

1 / 2

関連する記事 こんな記事も人気です♪