バージンヘアの魅力!バージンヘアになる方法やおすすめスタイルも!

何か髪が傷んでハリやコシがなくなったなと感じている人もいるでしょう。サラサラ艶やかな中学生のようなバージンヘアに憧れている人もいるのではないでしょうか。バージンヘアの魅力、バージンヘアになる方法やおすすめスタイルもご紹介します。

中学生のようなバージンヘアになりたい!

Summerfield Woman Girl - Free photo on Pixabay (498964)

バージンヘアという言葉を聞いたことはありますか?バージンヘアとは、カラーやパーマをしたことがない本来の髪質や髪色をしている髪のことを言います。

カラーやパーマを繰り返していると、どうしても髪が傷んだり、パサついたり、髪にハリやコシがなくなってしまいます。こまめにトリートメントをしたりして、綺麗な髪を維持している人もいるのではないでしょうか。しかしバージンヘアに比べると、やはり負けてしまいます。

バージンヘアのような綺麗な髪に憧れている人も多いと思います。バージンヘアの特徴、きれいなバージンヘアに早く戻す方法などをご紹介していきます。中学生のようなバージンヘアに戻したいと思っている人は、参考にしてみてください。

バージンヘアの特徴

Indian Woman Dancer - Free photo on Pixabay (498965)

バージンヘアとは、どのような髪のことを言うのでしょうか?女性は、綺麗な髪に憧れるものです。バージンヘアの特徴をご紹介します。

しなやかな髪

Portrait Girl Appearance - Free photo on Pixabay (498966)

バージンヘアの特徴は、しなやかな髪です。カラーやパーマを繰り返すことで、髪がパサパサし傷んでしまいます。傷んでしまった髪は、水分が失われてしまっているのです。しなやかな髪は、潤いもあり、ハリやコシもあります。しなやかな髪は保湿がきちんとされていて、水分が含まれているのです。

バージンヘアは、カラーやパーマをしたことがない健康的な髪です。バージンヘアでしなやかな髪の人は、トリートメントをしたり、意識しながらケアをしているのです。バージンヘアでも、正しいケアができていなかったら、髪に負担がかかってしまい、しなやかな髪は生まれてこないのです。

黒髪とは限らない

Girl Hair Blowing - Free photo on Pixabay (498968)

バージンヘアの特徴は、黒髪とは限りません。バージンヘアは、カラーやパーマをしたことがない髪のことだから、黒髪だと思っている人も多いでしょう。日本人には黒髪が多いですが、生まれつき髪が茶色っぽい人もいます。ですから、バージンヘアといっても生まれ持った本来の髪の色をバージンヘアというのです。

髪が茶色っぽいと、髪を染めていると勘違いされたり、染めているのか染めていないのか見分けをつけるのも難しいですが、艶々で天使の輪ができているような綺麗な髪をしている人は、バージンヘアの可能性もあるのです。

清潔感がある

People Girl Beauty - Free photo on Pixabay (498970)

バージンヘアの特徴は、清潔感があることです。男性にモテる条件といえば、清潔感でしょう。カラーをしていると、伸びてきたらプリン状態になってしまいます。定期的に髪を染めに行ったり、パサつきや傷んだりしている時に髪のケアをしている人は不潔には思われません。

しかし、髪を染めに行くのが面倒だと、髪の根元が伸び切ったままでいると、髪に気を遣わない女性だと思われ、不潔に見られてしまうのです。その点、バージンヘアなら本来の髪色なので、不潔に見えることもありません。バージンヘアは、清潔感があり清楚に見えるのです。

髪を染めたきっかけは?

Girl Think Woman - Free photo on Pixabay (498971)

髪を染めている人もいるのではないでしょうか。バージンヘアでいると、髪を染めてオシャレをしたいと思うこともあるのです。今までとは違う自分にしたくて、イメチェンしたくなります。髪を染めたきっかけは何だったのでしょうか。見ていきましょう。

有名人の髪型を真似て

Woman Mariah Carey Singer - Free photo on Pixabay (498972)

髪を染めたきっかけは、有名人の髪型を真似て染めたことです。好きな有名人がいたら、髪型やファッションなどを真似して、少しでも近づきたいという気持ちになることもあるでしょう。有名人が髪を染めていたら、美容院で「同じ髪色にしてください」と髪を染めるのです。

今までバージンヘアでいた人は、周りが染めていると自分も染めたくなるのです。今までとは違う自分を見てみたくて、イメチェンしたくなります。染めた髪色が自分には似合わないかもと思っても、有名人と同じになって、嬉しく思うのです。バージンヘアでいるよりも、髪を染めた方がオシャレだと感じるのです。

白髪染め

Fashion Woman Adult - Free photo on Pixabay (498975)

髪を染めたきっかけは、白髪染めです。最近、白髪が目立ってきて気になるという人もいるのではないでしょうか。白髪が目立つと、オシャレをしても決まらないものです。白髪だらけになると、余計に老けて見えてしまいます。

バージンヘアだと、髪色は黒か茶色でしょう。髪色が暗いと、白髪も目立ちやすいです。男性は、白髪が多くてもあまり気にしない人も多いですが、女性はみっともないと思う人が多いのです。

髪を明るくすると、顔も明るく見えて、若々しく見られやすいです。本当は染めたくなかったけれど、白髪をそのままにしておくわけにもいかないので、白髪染めで染めたという人もいるのです。

ファッション

Woman Blond Portrait - Free photo on Pixabay (498978)

髪を染めたきっかけは、ファッションです。その年代によって、黒髪が人気だったり、茶髪が人気だったりします。周りがみんな茶髪にしていて、自分だけ黒髪だったら、茶髪にしたいと思うのです。

茶髪にすることで、今までとは違った自分を見つけることができるのです。黒髪だと地味に見えてしまうことから、茶髪にするとオシャレに見えるからしているという人も多いです。

高校では、染髪禁止だったため、髪を染めたくても染められないという人もいます。高校卒業と同時に、染髪が解禁されて、茶髪のオシャレを楽しむ人も多いのです。黒髪の時とは、ガラッと雰囲気が変わります。

髪を染めて後悔した時

1 / 5

関連する記事 こんな記事も人気です♪